「在日」の豊臣秀吉の流れを汲む「朴」家・「木下優樹菜」の復活に思うこと。

最近名前を聞かなかった、「木下優樹菜」が、何やら再び活動を始めるというのをネットで見かけました。

木下優樹菜さん、元ヤンキャラ全開の狙い “タピオカ恫喝騒動”で引退も…ヤンキー&ギャルブランドのモデル起用で表舞台返り咲き?

 

“タピオカ恫喝(どうかつ)騒動”をきっかけに2020年7月に芸能界を引退した元タレントの木下優樹菜さん(33)。とはいえ、今でもSNSで情報発信を続けるなどタレントとも元タレントともつかない活動をしているが、ついに新たな展開を迎えたようだ。ファッションブランドのモデルに起用されたのだ。

 

 

 

 

 

 
「木下」優樹菜は、「在日韓国人」(上級国民)として有名です。

RAPT理論で、元夫のフジモン(藤本敏文)が、安倍寛(朝鮮人である李晋三(安倍晋三)が、養子に行った所で、戸籍上の祖父)に似ている、と暴かれましたが・・・。

この「木下」という姓は、「豊臣秀吉」とつながりがあります。豊臣秀吉は、元を「木下藤吉郎」と言いましたが、この「木下」というのは、「朴」から来ています。

豊臣秀吉は、在日です。

木下優樹菜は、どんなに問題を起こしても、豊臣秀吉の血筋と関係があるから、こうしてまた、活躍の場が与えられるわけですね。

また、この「朴(ぼく)」姓は、なんと、新羅語で、イルミナティを現す「光明」という意味があるそうです。

光明というのは、仏教の世界で「太陽と月」を現します。また、「明けの明星」を現す言葉ともいわれています。

明けの明星は、「金星」を現し、金星というのは、「悪魔ルシファー」を現す言葉です。

2020年東京五輪のエンブレムは悪魔のシンボルだった!!(そこに隠された生長の家とフリーメーソン、エジプト神話と日本神話) より一部転載。

「太陽と月」は、仏教界においても、重要視されています。

———————-(以下こちらから転載)

光明(くゎうみゃう)とは、仏が発する光で、大乗仏典では智慧や慈悲の象徴として、瞑想中の全身から光明を放つ場面が描かれる。

転じて「光明を得た」といえば比喩的に覚ったことを表すこともある。

『倶舎論』によると自ら光を発するもの(太陽など)を光といい、その光を反射するもの(月など)を明という。

———————-(転載ここまで)

「光明」は、仏教の世界では、太陽と月を表しますが、同時に「明けの明星」を意味します。

明けの明星は、金星を表す言葉でもあり、悪魔「ルシファー」を表す言葉でもあります。

 

○Wikipedia-金星

自分たちが、悪魔崇拝者でルシファーを拝み、「イルミナティ」であることを、名前で表現していたわけですね。

 

そして、木下優樹菜と言えば、娘が、なぜか、スタイリストに似ている、と話題になったことがあります。

イルミナティは、近親婚を繰り返しますし、乱交をするのが当たり前ですから、もしそうであったとしても、なんら不思議ではありませんね。

【閲覧注意】李氏朝鮮時代の恐ろしい風習とイルミナティの闇のマザーが酷似

 

そして、この「朴」家が、今の日本を支配していて、だから日本は在日だらけだと言われていることも、RAPT理論で明らかになっています。

この「朴」家は、さかのぼれば、豊臣秀吉から繋がっているわけで、さらに、豊臣秀吉は、藤原鎌足までさかのぼります。

さらに、フジモンは、「安倍寛」にそっくりとありましたが、「朴」家は、安倍明恵とも、深い繋がりがあります。

安倍明恵は、「朴」家の人間で、朝鮮人であることは間違いないでしょう。木下優樹菜とフジモンは、朴家と安倍家による、政略結婚だったのでしょうね。

 

日本と韓国の真の支配構造については、RAPTさんのInstagramで、かなり分かりやすくお話されています。

どうして韓国と北朝鮮が38度線で分かれて争うようになったのか

日本と韓国の争いは「イルミナティ李家同士」の争いにすぎない

また、在日韓国人について、彼らの本質については、こちらの動画でも詳しく解説されています。

現在、内閣は、豊臣秀吉が使用していた「桐紋」を使っています。

つまり、現在も未だ、豊臣秀吉(朴家、藤原氏)の時代と、支配構造が同じだということです。

RAPT×読者対談〈第122弾〉現代日本の支配構造は、安土桃山時代と全く同じ。

で、木下優樹菜は、オラオラ系ブランドのモデルとして、再登場したようです。

彼女の正体は在日で、上級国民。イルミナティです。

そして、イルミナティは、悪魔崇拝者ですから、自分の本性をさらけて活動を始めた、ということですね。

上級国民だからこそ、このような活動や復帰ができるのであって、庶民には絶対に無理です。

ま、今や、彼女に憧れて彼女のように活躍したいと思う人がいるかは疑問ですが・・・。

 

信仰を持つ前、私は、「算命学」という、細木数子の「六星占術」の元となった占星術にはまっていました。

占いや占星術は、悪魔思想、悪魔崇拝です。未だに信じておられる方は、ツイート内の記事をお読みになって、すぐさま離れることをお勧めします。

よくテレビで、最強の運を持つ芸能人はだれか、みたいなことを占うバラエティーがありますが、あれは「詐欺」ですね。

あれは、芸能人がいかに憧れられるべき存在か、ということを印象づけたくてやっているだけです。そして、芸能人のように、富や名誉を得るとが人間の幸せなのだ、とイルミナティが人々を騙して、人々を堕落させるために作ったものにすぎません。

私たちは本当に、何から何まで、悪魔崇拝者であるイルミナティに嘘の洗脳を植え付けられ続けてきたのです。

 

 

占星術というのはあくまでも、生きている間だけの事を占うのであって、私たちは「霊体」と「肉体」があるわけですから、この世にいる間だけ栄えても無意味です。

なぜなら、死んで「霊体」だけになったら、私達は永遠に「霊体」として生きるからです。

それだったら、死んで霊体になっても、真に幸せに生きるためにどう生きればいいのか、という視点が必要です。

イルミナティ、悪魔崇拝者は、「霊体」「霊界」というものがある事を、庶民に教えることなく、ひた隠しにしてきました。

そして、世にある宗教は皆、本当の神様ではなく、「偽の神→悪魔」を拝ませるものばかりであることも、隠されてきました。

しかし今、RAPTさんが、この世の真実を、「RAPT理論」として解明くださり、さらに、「あの世(霊界)」の真実を、神様からの啓示を通して「有料記事」で教えてくださっています。

そのために、本当のことを知り目覚めた人たちが、どんどん増えています。

 

今、コロナで、世の中がめちゃくちゃになってしまってしまいましたが、人によっては、この事から、真実に目覚め、本当に幸せに生きるにはどうすればいいのか、と真剣に考えておられると思うんですね。

そのような方が一人でも多く、RAPT理論や、RAPTブログ有料記事にたどり着いて、真実を知り、本当の神様に出会われて、救われることを切にお祈り申し上げます。

RAPTブログ

RAPT | RAPT有料記事

 

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.