またこいつか・・・!ネット上でも批判殺到。コロナワクチン大規模接種センターの予約システムを作った会社は、竹中平蔵が役員だった。

東京ならびに大阪で、大規模接種の予約が始まり、大阪ではわずか25分で、予約分は全て埋まり、東京でもわずか45分で2万1000件に達したと、報道がありましたが、

その予約システムに、重大な“欠陥”があることが明らかになり、不具合が起こっています。

そして、この大規模センターの予約システムが、日本経済を滅ぼしつづける超悪人の「竹中平蔵」が役員(経営顧問)を務める会社(マーソ株式会社)が運営していたことも明らかになりました。

ある意味、この事が明るみになった、という事は、コロナは嘘であり、コロナパンデミックは、利権と人類削減のために行っているのですよ、と「正解」がより分かりやすく明かされた出来事だと思います。

 

今や、コロナは嘘だという情報や、ワクチンを打つことによって、甚大な被害が及ぶ事は、ネット上では常識で、誰も疑う余地はありません。

その真実の拡がりに焦ったイルミナティは火消しのため、大手メディアを使い、コロナは嘘だというのは陰謀論で、陰謀論がコロナ収束を妨げている、などと言いだしています。

そんなことをしても無駄ですね。

そして、芸能人たちが、ちらほらと、コロナについて懐疑的な発言も、取り上げられるように。

 

JAL123便に搭乗を回避したという、超上級国民の明石家さんまは以前から、「ワクチンは打たない」と発言していますが、ここに来て、「コロナワクチン」を打たない、という発言がネット記事に。

さらには、以前は、コロナの危険性についてあれこれ語っていたGACKTも、「コロナは風邪だ」と意見を変えてきました。

コロナパンデミックは、庶民だけでなく、上級国民の懐も苦しめているのでしょう。

これからも、時がたてばたつほど、コロナパンデミックが嘘で、政府(イルミナティ李家)が、人類を奴隷化し、殺すために行われた真実が次々と暴かれ拡がっていくでしょう。

 

真実のニュースサイト 『RAPT理論+α』はこちらから。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.