24日から大規模接種で使われる「モデルナ社ワクチン」は、まともに成分を公表できず、真っ黒に塗りつぶされた「劇薬」。

24日から、東京、大阪、ならびに、各都道府県でも、大規模会場で使用される、「モデルナ社ワクチン」。

政府は国民がこのワクチンを打つことでどうなろうとも、知ったこっちゃない、という態度を見せ続けています。

まず、モデルナ社ワクチンの中の取り扱い説明書が、なんと「白紙」らしいのです。

 

そして、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 

という所が発行している、モデルナ社ワクチンの『審議結果報告書』を見て、自分の目を疑いました。

モデルナ社ワクチンの副作用もたくさん報告されている中で、こんな、黒塗りだらけの報告書をあげて、誰が「このワクチンは安全ですね♪」って思うでしょうか。

コロナワクチンは皆、「現在治験中」です。

政府は、自衛隊でも人体実験を始めるみたいですね。

 

コロナウイルスは、世界中のどの機関でも未だに、誰も発見していません。

お~い!コロナウイルスよ、どこにいる?コロナウイルスは未だ、どの国のどの研究機関からも見つかっていない。

 

コロナウイルスは、庶民を騙して、庶民を殺して、庶民を管理し、庶民を完全に奴隷化するための政策なので、コロナウイルスというのは、これらを仕掛けた「イルミナティ」の頭の中にのみ存在するのです。

しかし、これだけ真実が暴かれて、さらに、ワクチン開発に最も多くのお金をつぎ込んだ「ビルゲイツ」は今や、少女を虐待し、生贄にしていたことが明らかとなり「犯罪者」となりました。

イルミナティ、創価学会、群馬人脈など、すべての悪魔崇拝者の滅びを心からお祈り申し上げます。

 

真実のニュースサイト 『RAPT理論+α』

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.