「コロナワクチンを接種する」という選択は、周りに「害」を与えることを知ってください。

「コロナワクチン」は、伝染します。

伝染したところで、それが有害でなければ、さほど問題にはなりませんが、問題なのは、伝染したものが、有害であることが明らかになっていることです。

まず、このワクチンは、「治験中」なのです。

そのために、どのような結果が出るのかは、調べてみないと分からない、というのが現実です。

 

しかし、現時点で、ありとあらゆる副作用、重篤患者、そして死亡者が噴出しています

そして、「実体験」として、明らかに、ワクチンの成分が対外に漏れて、それを周りの人達が感じ取っているという、「現実」があるわけです。

 

こちらの記事に、コロナの恐ろしさを示す3つの要因として、以下を挙げられています。

コロナワクチンの恐ろしさについて【参政党さん広島支部webミーティングで話した内容】

①治験中なので何が起こるか分からない

 

②ワクチンによって遺伝子操作されると元に戻せない

 

③打った人が感染し、他人に感染させる

 

この事は一切、メディアで報じられることはありません。

とても分かりやすく書かれてありますので、ぜひともご一読されることをお勧めします。

 

ちなみに、このツイートに書かれてある「火葬場ビジネス」についてですが

去年、イルミナティ「秦氏」のトップの「麻生太郎」が、東京23区の死者の7割を火葬する「廣済堂」という火葬場を買収しています。

本物の麻生太郎はおそらく死んでいるでしょう。今は影武者でしょうが。

なぜ、ここまでして、政府は、庶民を殺したがっているのでしょうか。

 

それは、彼らイルミナティ李家が、庶民を「ゴイム」と言って蔑み、人口を減らして、残った庶民を完全に管理し奴隷にして、悪魔崇拝者達による世界を作ろうとしているからです。

そして、コロナによって不動産価格が下がり、企業や店が倒産して所を、安くで買い叩いて、乗っ取ろうとしているからです。

こんな事があってはいけないし、こんな事が許されるわけがありません。

今の世の中のこの出来事だけを見たら、不幸で希望がない状況だと思うかもしれません。

 

しかし、「真実」はそうではありません。

 

今まではイルミナティの悪事は隠され続けて、うまくやってきたのです。

悪事がバレそうになっても、うまく隠してこれたのです。

しかしこれから、そのような時代は終わりを遂げます。

 

それは一体、どういう事なのか?

 

それは、こちらのサイトでぜひとも、学んでください。

 

ありとあらゆる分野の「真実」を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

政府という名の悪魔崇拝者、「イルミナティ」の悪事を見抜き、真実を知って、洗脳から解かれますことを切にお祈り申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.