政府は初めから「猛毒」だと分かってワクチンを打たせ、職域接種を積極的に行う企業は、「ワクチン利権」にあやかるために、従業員をワクチン接種という「生贄」に出す。

ファイザー社のワクチンが、動物実験で全て失敗している事が明らかになっています。

つまりこれは、彼らは、初めから危険、猛毒である事を分かって、庶民に打たせているわけです。

つまり、初めから「人殺し」のために打たせているのです。

 

そのために、私たちは、「イルミナティ李家」という名の「政府」の本性を正しく知って、彼らは、「NWO」(世界統一政府)を作るために、庶民を殺戮しようとしているからこそ、この治験中のワクチンを使っている事を悟らなければなりません。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

 

そして、職域接種を積極的に行う企業、学校、団体は、「ワクチン利権」に飛びついています。

だから、こぞっていろんな企業や団体が、こうやってワクチン接種に手を挙げるわけです。

企業や団体からすれば、従業員、学生、関係者にワクチンを打たせることは、「金のなる木」を手に入れたようなものです。

ワクチンが猛毒で、殺人兵器である事であるにも関わらず。

そんなワクチンを従業員や学生、関係者などに打たせれば、ワクチンの影響で、バタバタ倒れて、数年の間に、次々と死んでいく可能性が高いにも関わらず。

そんなことになれば、自分達の企業や団体が傾いてしまうにも関わらず。

そして、倒産してしまったところを、イルミナティ李家が、安くで買い叩こうと、虎視眈々と狙っているにも関わらず。

 

さらには、こんな情報も飛び込んできました。

ワクチンで殺すだけでなく、死ななかった人は、「リストラ」される可能性が大だという事です。

イルミナティの考える事は、想像を超える「悪」です。

 

イルミナティという名の「政治家」が皆、接種していない、という事はどういう事なのかを、今一度考えなければなりません。

そして企業や学校も、従業員や学生の健康など、まともに考えているわけがありません。

絶対にワクチンは打つべきではありません。

ワクチンは、打ったら最後です。

 

健康面でも経済面においても、打ったら最後です。

健康を失い、働く力を失い、寿命を失わせます。

厚労省に報告されている「副作用」「重篤者」「死亡」は、間違いなく氷山の一角です。

コロナワクチンを接種することで、自分達の中にある「遺伝子構造」を変えてしまうのです。

つまり、神様が備えてくださっている、私たちの肉体が健康に動くために与えられた「情報」を書き変えてしまうのです。

ワクチンを打つことは、私達を作ってくださった神様への冒涜行為です。

 

ワクチンを打つことで様々な症状が出たとしても、遺伝子構造が変わってしまったら、もう、どうしようもないのです。

 

私達の身体には、ありとあらゆる「毒」や「異物」から身体を守ろうとする働きがあります。

そのため、それらを身体から追い出そうとして、風邪をひいたり、熱が出たりします。

ところが、このコロナワクチンは、ある特定の「毒」「異物」だけをやっつけようとするので、他の「毒」「異物」には、何の反応も示さなくなると言われています。

つまり、今まで与えられてきた「免疫機能」が、機能しなくなる、という事です。

これがどれだけ恐ろしい事か、お分かりいただけるかと思います。

 

ぜひともご自身でも調べて、真実を知ってください。

言論弾圧が激しいですが、それでも、ネット上では、真実の情報が拡散されています。

 

ぜひとも、『RAPT理論+α』で、真実を知ってください。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

絶対にワクチンは打ってはいけません。

 

大半の人は、マスコミに騙されているから、耳を傾けず、同調圧力に負けて、打ってしまうのでしょうが、ほんの少しでもワクチンに疑問を感じている人に届き、一人でも多くの方が救われますことを願っています。

 

“政府は初めから「猛毒」だと分かってワクチンを打たせ、職域接種を積極的に行う企業は、「ワクチン利権」にあやかるために、従業員をワクチン接種という「生贄」に出す。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.