嘘を隠し通せない位にまで、「コロナワクチン死亡者数」が膨れ上がっていることを、厚生労働省が認める。

やはり、コロナワクチン接種による死者の数は、膨大に増えているようです。

れいわ新選組の、山本太郎の演説後に、質問をした女性によると、この女性は、6月4日に、父親をコロナワクチンで亡くしたそうです。

その後、厚労省に、父の情報が届いているか問い合わせをしたところ、対応したオペレーターから、亡くなった方が膨大に数になっているために、探しきれない、と言われたと発言されています。

そしてそれは、地域を区切ってではなく、全国からの報告が膨大な数になっているそうです。

4分ごろから、そのやり取りが見れます。

数日前にアップした記事でもご紹介した通り、草の根的に、個人のtwitterから、1万ちょっとの人から情報を集められた方でさえも、482人亡くなられた、という結果を挙げておられました。

厚生労働省が公表しているコロナワクチンによる死亡者は、氷山の一角です。

 

さらにこの女性は、山本太郎に、もっとメディアでこれらの(本当の)情報を流して欲しいと訴えていましたが、

山本は、製薬会社は、メディアにとって「お得意様」だから、(製薬会社が)不利益になる事は言わない。そのため、メディアからこれらの情報が伝えられるのは遅くなる、と発言。(5分20秒ころから)

メディアは命よりもお金が大事だという事です。

 

厚労省は2週間毎に、会議を開いて、現状を報告しています。

前回が6/9に開かれましたので、おそらく、明日、もしくは明後日には、新たな現状が分かってくると思います。

厚労省がどこまで、本当の数字を出してくるか、という事ですが、実際は4桁の方が亡くなられている事は簡単に想像できます。

下手すると、5桁まで進んでしまっているかもしれません。

 

数千、数万という数が発表されたら、さすがにコロナワクチンがただの殺人兵器であることに気づく人も増えるかも知れませんが、メディアの洗脳は根深いので、それでも仕方がない、などと言って、簡単に受け入れてしまう人も多々おられるでしょう。

さらに恐ろしいのは、厚労省が、報告されてきた数字を1件残らず正直に公表したとしても、厚労省への報告義務は、接種後4時間以内のものに限るために、報告されていなくても、コロナによって亡くなった方は、まだ他にもおられるだろう、という事です。

それは、このブログでも何度もご紹介した通りです。

報告してもらえなかったが、親戚や知り合いが亡くなったというツイート上でのつぶやきが後を絶えないからです。

 

さらに、政府がどれだけ詐欺師で人殺しかという「証拠」となる資料があります。

コロナ禍の令和2年の人口動態統計が正式発表されました。

この下の方のツイートに基づいて探し、開きました。

(資料を探すのに一苦労ですが、こうして書いてもらえているの、ありがたかったです^^)

令和2年(2020) 人口動態統計月報年計(概数)の概況

このデータを見て、本当に緊急事態宣言や、マスクの強要、営業の自粛をしなければいけなかったと言えるでしょうか。

「コロナウイルスによる死者数」が「3466人」とありますが、コロナワクチンを打った方が、もう、現時点でもこの死者数は超えている可能性は大いにあり得ます。

その理由は、冒頭に伝えた通りです。

そして、マスコミは、国民の命よりも、命を失わせている「ワクチン」を製造している「製薬会社」に忖度して、本当の事を一切報道しません。

そして、政府はというと、そもそもこのワクチンが「治験中」である事もちゃんと、国民に分かるように説明していないし、未だに国会議員は打ってない。

昨日、河野太郎が接種したとニュースになりましたが、痛くなかった、と発言したことで、「生理食塩水」である事がばれ、墓穴を掘りました。

政府は確信犯です。

RAPTさんが2014年から『RAPTブログ』で、真実を発信してくださったおかげで、次々と、世の中の「巨悪」が暴かれ続けてきました。

その影響によって、政府(イルミナティ李家)が行おうと進める事が全て、「悪」だとばれ続けているために、彼らの中での混乱が起きています。

 

私達庶民は、政治家が「無能」だから、とか、「日本がアメリカに支配されているから」問題が起こるのだ、と深く洗脳されてきました。

 

しかし真実はそうではありません。

 

たしかに、現在、イルミナティは崩壊寸前です。

ボロボロ、ガタガタです。

知能の低下が著しいです。

 

それは、神様が中心者「RAPTさん」を遣わせてくださった事で、真実に目覚める人たちが少しづつ現れ、本当の神様を信仰する人達が増えたからです。

 

詳しくは、ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト『RAPT理論+α』の中の、「ライフ」という所にカテゴリーの記事をお読みになるか、

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形 (ライフ)

RAPTブログ有料記事をお読みください。

RAPT | RAPT有料記事

 

しかし、RAPT理論で明らかになった通り、イルミナティは初めから、悪を行う事を目的として動いてきた、という事を知らなければなりません。

私たちは、イルミナティという悪魔を拝む「詐欺師」に支配され続けてきた事を知らなければなりません。

 

冒頭で、山本太郎の発言をご紹介しました。

(製薬会社は、メディアにとって「お得意様」だから、(製薬会社が)不利益になる事は言わない。そのため、メディアからこれらの情報が伝えられるのは遅くなる。)

 

これは、真実の半分だけを伝えているにすぎません。

もっと重要な真実が隠されていますが、そのことを山本は伝えていません。

 

製薬会社とマスコミ、政府、政治家は皆、「グル」です。

そしてその中核にあるのが、今回のコロナ茶番を引き起こした「創価学会」です。

ちなみに山本太郎の正体はこちらです。

山本太郎と、創価学会はズブズブに繋がっています。

 

「イルミナティ李家」という名の「政府」は、はじめから国民を殺すために、この「コロナ茶番」を行っています。

政府が狂っている事に気づいていただくために、政府がこれだけ「悪」を行っている、という伝え方をしていますが、

政府(イルミナティ)の立場からすれば、殺傷能力の高い「コロナワクチン」を打たせる、という目的のために動いているという訳です。

だから死者が多数出るのは、初めから彼らは分かっています。

 

その中で、国民にばれないように、様々な「役者」を配置するわけです。

山本太郎は、国民の味方のように振舞っていますが、これは、この「茶番」が、茶番だとばれないために配置された「役者」のひとりです。

未だに、政府が悪いからと、政党批判をするだけの人や、政党を変えるべきだ、などとつぶやいている人たちが多数います。

工作員だと思われますが。

 

しかし、もう一歩踏み込んで、真実に気づいてください。

 

彼らの正体が「悪人」であり、「詐欺師」で、与党も野党も「グル」である事が分かれば、どの政党が政治を握っても無駄である事が分かります。

 

だから「イルミナティ」が二度と政治に関わる事がなくなるように、完全に滅んでもらう事が重要です。

そのためにも、イルミナティが行おうとしている事を知り、彼らの思惑通りに、ワクチンを打ったり、店を自粛する事がないようにしなければなりません。

 

そして、これらの「真実の情報」を発信している唯一のサイトが、『RAPT理論+α』なのです。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

政府が悪い、と言う、その心の奥には、同じ人間だから「政治家にも多少は良心があるはずだ」と考えるからだと思うのですね。

しかし、彼らはそんな良心はもう、とっくの昔にどこかに捨ててきてしまっています。

 

それがよく分かる証拠があります。

蓮舫が「影武者」に変わったことについて、公明党と立憲民主党にコメントを求めた方のツイートです。

全く反応がなかったようです。

そして、当の「影武者蓮舫」は、何くわぬ顔で、活動を続けています。

これが、政治家の正体なんですよ。

彼らにとって、こんなのは、日常茶飯事です。

なぜなら、政治家は影武者だらけだからです。

彼らは稀代の詐欺師集団なのです。

 

騙されてはいけません。

 

真実を知り、イルミナティの手口を知り、自らの首を絞めることのないように、そして、これら「イルミナティの真実」を「RAPTさん」を通して教えてくださっている「本当の神様」に、出会われる方が増えて、一人でも多くの方が救われます事を切にお祈り申し上げます。

 

RAPT理論は、神様からの贈り物。ありとあらゆる真実を伝える唯一のニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

“嘘を隠し通せない位にまで、「コロナワクチン死亡者数」が膨れ上がっていることを、厚生労働省が認める。” への2件の返信

  1. RAPT理論を基にしていると冒頭にありますが、RAPT理論が信頼できるのは何故ですか?情報のソースはありますか?
    単純に分からないので教えてください。

    1. RAPTブログ https://rapt-neo.com/
      RAPT理論+α https://rapt-plusalpha.com/

      ご自身で直接サイトに行き、ブログを読まれて、ご判断されればいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.