「コロナパンデミック」は「死のビジネス」。庶民を「死」に追いやる事を目的とした「ビックビジネス」です。

「コロナパンデミック」は、人々を「死」に追いやる事を目的とした、「ビックビジネス」です。

コロナパンデミックは、「世界的なビックビジネス」です。

その目的は「集団殺戮」だという事です。

 

通常、ビジネスを行うにはある達成したい「目的」があって、そのために「構想」を練って、「実行」に移します。

コロナパンデミックの「目的」は、「ゴイム(イルミナティの庶民の呼び方)を集団殺戮」して、「ゴイム」の土地を奪い、「スマートシティ」を作って、NWO(悪魔崇拝者による世界統一政府)を確立することです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

そして、そのための「具体的な構想」は、「コロナウイルス」が、猛威を振るったと「でっち上げて」、そのウイルスが、世界的に大流行し、たくさんの感染者が出た(パンデミック)ことにして、恐怖を煽り、「ワクチン」を打たせる事です。

 

その結果、「ワクチン」を作った会社や、コロナに感染している、と証明するための「PCR検査」を作る会社などが儲かります。

また、「コロナ陽性」患者を入院させればお金が入る、「ワクチン」を打てばお金が入る、となると、病院や医者も、こぞって「コロナビジネス」に参入します。

 

そして、このビジネスの一番の目的は、「人口殺戮」ですので、「ワクチン」を打った人の中から、死亡者や重篤患者がたくさん出ています。

 

数日前の『RAPT理論+α』の記事で、コロナに関する「3つ」の特許に関する記事が紹介されました。

 

コロナパンデミックが起こる5年も前に、「コロナウイルス」の特許が申請されていた(2018年に承認)なんて、それだけを聞いたら意味がわかりませんよね。

しかし、これは「イルミナティによる、人を殺すためのビックビジネス」だと分かれば、納得です。

 

そして、ビジネスを実際に「実行」する人達が必要です。

その実行部隊が、「創価学会」である事が昨年、暴かれました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

 

だから、創価企業が、こぞって「コロナパンデミック」があるとでっち上げて、その結果、利益を得ている訳です。

 

最近明らかになりましたが、「ファイザー社」が、創価の子会社というのも、納得ですよね。

そして、これは「ビジネス」だからこそ、厚労省も、責任逃れができるように、「任意です」と言っている訳ですよ。

そして、コロナを煽る、マス「ゴ」ミも、「ビジネス」だから煽る訳です。

 

しかし、今現在も、日本中のどこも誰も、「コロナウイルス」が存在することを証明できていません。

それは、世界でも同じです。

お~い!コロナウイルスよ、どこにいる?コロナウイルスは未だ、どの国のどの研究機関からも見つかっていない。

それは、人々に「ワクチン」を打たせて、集団殺戮させるために、作られたものだからです。

 

という事は、「ワクチン」は、短期的にも長期的にも、人を殺すものではないと、意味がないわけです。

だけど、その事があからさまになるとまずいわけです。

ワクチンを打つ人がいなくなれば、この「死のビジネス」は失敗します。

 

だから、必死に真実の情報を弾圧して、本当の事が知られないようにかく乱している訳ですね。

「厚労省」が現時点で発表している751人の死亡も、一切報道されていないようですし。

そして、これは「死のビジネス」ですから、さらに、「死」をもたらす「ワクチン」を作って、儲けようとします。

 

皆さんは、この事を分かった上で、「ワクチン接種」をするかどうか、決めておられるでしょうか?

 

このビジネスの成功は、「ワクチンやその他、コロナの影響で人が死ぬ事」です。

このビジネスの失敗は、「真実に目覚めて、ワクチンを始めとするコロナ茶番を拒否」する事です。

 

どうか真実を知って、創価学会を中心としたイルミナティが仕掛ける「死のビジネス」に一切加担することなく、通常の生活を続けられる事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.