ドイツ最大の新聞社「Blid」が、「コロナは茶番」だったことを認めて謝罪しました。

ドイツ最大の新聞社「Blid」が過去18か月にわたり、コロナについて嘘をついていたことを認め、謝罪していたことが明らかになりました。

Blid(ビルド)社とは、ウィキペディアによると、1952年にアクセル・シュプリンガー社が創刊したドイツのタブロイドの日刊新聞で、発行部数は約311万部(2010年2月)、ヨーロッパで1番売れている新聞で、世界でも6番」だそうです。

 

また、このツイートに紹介されている英文記事はこちらです。

Germany’s largest newspaper BILD apologizes for harming society over its coverage of the covid-19 pandemic during the past 18 months

(ドイツ最大の新聞「BILD」が過去18ヶ月間のコビド19パンデミックに関する報道で社会を害したことを謝罪。)

「8月1日付」の記事となっています。

以下、「Deepl翻訳」で翻訳したものをご紹介します。原文(英語)は、サイトでご確認ください。

2020年4月、ドイツ最大の新聞「BILD」が、中国を「世界を危険にさらしている」と非難し、さらに「コロナウイルスの最大の輸出国」でもあると報じたことを紹介しました。

 

現在、毎日約137万部の発行部数を誇るBILD紙は、アクセル・スプリンガー出版社から発行されています。

 

1年半以上もコビド19に耐えてきたヨーロッパ、特にドイツの状況は悪化の一途をたどっているようだ。

 

ロイターの報道によれば、ヨーロッパがデルタ型の変異体に端を発した第4次感染の波と戦う中、土曜日にパリやその他のフランスの都市で約204,090人が、多くの公共の場に入るためのコロナウイルス健康パスの義務化に反対して抗議活動を行った。

 

フランスだけではなく、ベルリン、ドイツ、イタリアでもコビド-19パスポートに対する抗議活動が行われています。

 

政府のウイルスへの対応のまずさと、ヨーロッパの都市で激化する不安が続く中、ドイツの新聞「BILD」は、過去18ヶ月間のコヴィド-19パンデミックに関する報道で社会に害を与えたとして謝罪を発表しました。

 

 

YouTubeで公開された5分間のビデオの中で、BILD編集長のジュリアン・ライヒェルト氏は次のように述べています。

 

「この国の何百万人もの子供たちは、私たち全員が社会としての責任を負っています。私は、連邦政府と首相がこれまであえて言わなかったことを言いたいと思います。許してください。あなた方を犠牲にした1年半の政治に対して、お許しをいただきたいのです」。

 

 

暴力、ネグレクト、孤立、精神的孤独の被害者に。

 

今日に至るまで、毒のように、自分が社会にとって致命的な危険であるという感覚を与える政治とメディアの報道に対して。

 

 

” あなたはそうではありません、そんなことで説得されてはいけません。私たちはあなたを守らなければならないのであって、あなたが私たちを守るのではありません」とBILD編集長のジュリアン・ライヒェルトは認めています。

 

以下は、彼の謝罪のビデオです。

 

 

 

一方、ドイツ政府のコロナウイルス対策に抗議するため、数千人のドイツ人が日曜日にベルリンに集まりました。

 

ブルームバーグの報道によると、数百人のドイツ人が警察と衝突し、約600人のデモ参加者が拘束されたとのことです。

一方、この謝罪動画は、youtubeで、「5月28日付」で配信されたものです。

youTubeについていた題名は、「Corona: BILD entschuldigt sich bei Kindern(コロナ:BILD社が子供たちに謝罪)」。

 

コロナパンデミックを仕掛けた犯人は、イルミナティ2大勢力のひとつ、「出雲族」の「大本教」出口王仁三郎の計画を「創価学会」を実行して起こった事が、『RAPT理論』で明らかになっていますが、

この新聞社は、「赤」を前面にだしている事から、イルミナティのもう一つの勢力「秦氏」側なのでしょうか。

(秦氏って何だ?出雲族って何だ?という方は、こちらの動画からご覧くださると、理解が深まると思います。)

 

「RAPT理論+α」の記事の中でも、このコロナパンデミックをめぐり、秦氏と出雲族が、激しく争っている様子が紹介されています。

「Blid」社は去年の4月に、この編集長の名前で、「中国がコロナウイルスについて「全世界をあざむいた」として、その結果、ドイツが受けた経済的被害の総額1650億ドル(約18兆1500億円相当)を中国政府が賠償として支払うべきだと要求」する記事を掲載しました。

ドイツ紙が衝いた中国の真実

中国と言えば、「中国共産党」で、今回のコロナパンデミックを起こした「創価学会」とズブズブの関係です。

 

とはいえ、イルミナティは、「秦氏」勢力も「出雲族」勢力も、どっちもどっちで、同じ「悪魔崇拝者」である事には変わりがありません。

たとえ、コロナ茶番が、「出雲族主導」で行われていたとしても、「秦氏」が正義という事になる訳がありません。

 

そのあたりを詳しく、また分かりやすく説明してくださっている、「RAPT理論+α」の記事をご紹介します。

(引用ここから)

 

日米欧の主要7カ国(G7)は、ロンドンで5日に閉幕した財務相会合において、法人税の最低税率を15%以上に設定するとともに、巨大IT企業などに対する「デジタル課税」を導入することで合意しました。

 

「デジタル課税」は、企業が物理的な拠点を置いていない国でも、利用者がいれば課税できる仕組みとなっており、大規模で高利益の多国籍企業、つまり創価企業GAFAなど、米国企業を中心とした100社程度が対象になります。

 

会合に出席した麻生財務相は、記者会見で「ウェブでなく対面で本音の交渉を行い、力強いメッセージを発信できた」と述べました。

 

こうして麻生太郎が満足げに語るのも、敵対する創価企業GAFAに対し、“課税”という形で反撃することができたからに他なりません。

 

GAFAの税金逃れについては、以前から各国で問題となっており、一部の国では「デジタルサービス税」を導入し、GAFAに課税してきましたが、怒ったGAFAが報復し、かえってその国が大きな経済的ダメージを負うという理不尽な状況が続いてきました。

 

 

○創価企業GAFAの卑劣な報復 アメリカがスペインに25%の関税を課す

 

 

秦氏側の麻生太郎は、出雲族側のGAFAが世界中を股にかけてボロ儲けしていくのを見て、さぞかし苦々しく思っていたに違いありません。

 

そのため、麻生太郎をはじめとする秦氏・ロスチャイルド側は、こうして「デジタル課税」を導入し、GAFAの横暴を食い止めようとしたわけです。

 

 

課税強化の対象となったGAFAは、相次いでコメントを発表しており、その中でもFacebookのニック・クレッグ副社長は、自社にとって増税になりうるとの見解を示しつつも、「合意は国際的な税制への信頼を高めるための重要な一歩だ」と評価しています。

 

 

グーグルやインターネット通販大手の米アマゾン・コムも、今回のG7での合意を歓迎しているとのことですが、内心では、はらわたが煮え繰り返っているに違いありません。

 

 

○巨大IT念頭「デジタル課税」対象は100社程度の公算

 

 

このようなイルミナティどうしの争いは、まさにRAPT理論で解明されたとおりの構図となっており、未だに秦氏と出雲族が互いにしのぎを削り合っていることがより鮮明になったと言えます。

 

 

今後もこういった争いが至るところで表面化し、どちらも衰退していくことが目に見えていますが、彼らは未だに強大な経済力をもって、私たち庶民を弾圧し、苦しめようとしていますから、これからも続けて全てのイルミナティが滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

「RAPT理論+α」の記事の中でも教えてくださっている通り、イルミナティは、秦氏も出雲族も「どっちもどっち」で、自分達の富と権力を保持する事しか考えていません。

麻生太郎は、コロナワクチンで死亡者が激増することを見込んで、去年5月に、葬儀社大手「廣済堂」を買収しています。

「イルミナティ」は、出雲族だけでなく、秦氏も、庶民を「ワクチン接種」で殺すことについては、意見が一致しています。

 

今回、今更ながら、5月28日付の動画と一緒に謝罪の情報を流した「秦氏」と疑われる勢力に、何らかの意図があるのかもしれませんが、いずれにせよ、コロナは嘘だった、とドイツの大手新聞社が認めた、となれば、この事をきっかけに、日本人の中にも、気付く人が増えるでしょう。

もちろん、日本のメディアが報道することは考えられませんが、それでも、人々に確実に「真実」がバレて、イルミナティの悪事が、これ以上隠せなくなっているからこそ、このような情報が拡散されているのでしょうね。

 

いずれにせよ、一刻も早く、コロナ茶番が終わり、イルミナティが完全に滅びる事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.