「ワクチンビジネス」は、人類にとって甚大な被害を与える「死」のビジネス。リスクしかない若者への接種は「ワクチンの在庫処分」のため。

何度もyouTubeから動画を削除されても、知恵を使って次々と新しいコロナに関する動画を配信されている、北海道在住の「鹿先生」。

その「鹿先生」によると、若者にまでワクチンを打たせているのは、「在庫処分」のためだとのことです。

この動画によると、ワクチンの注射液が入っている瓶(バイアルという)から、6人分のワクチンが打てるそうです。

そして、田村厚労大臣によると、ファイザーへの支払いは、「打った回数分」に応じて支払うそうです。

つまり、「瓶(バイアル)」の値段ではなく、打った人数分(ショット数)の支払いになるため、もし、打ち手が少なくなり、打てなくなると、「使用期限」が近づくために、ワクチンが無駄になります。

そうすると、(「ワクチンでコロナから身を守る」という(インチキですが)大義名分になっていますから。)

在庫を、まだ十分に打てていない国に、ワクチンを回さなければいけない。

だから、政府としては「常に打ち続けなければならない」訳です。

 

そのために、打つ理由が全く見つからず、リスクしかない「若者」にまで打たせようと必死だという事のようです。

 

以前、全国展開の子供服ブランドの販売をしていた事があったのですが、店で抱えている「洋服」が売れなくて、他店で売れていると、在庫を他店に送っていました。(その方が商品が売れるため)

しかし、そんな事を頻繁にやっていると、本部から、この店は「売れない店」だとみなされて、十分に商品が入ってこなくなる、という現象が起きます。

そのために店としては、できるだけ他店に頻繁に送りたくない、というのが本音です。

 

まさに、これと同じですよね。

 

つまり、「ワクチンがビジネス」になっているからこそ、仕組み上(儲けるために)、より多くの人に迅速に接種させようとしている、という事です。

より多くの人が接種すれば、それだけ「人口削減」という目的にもつながる訳です。

「一石二鳥」ですね。

 

「ワクチンビジネス」は、人類にとって甚大な被害を与える、「死」のビジネスです。

 

この事からも分かるように、私達庶民の事など、1ミクロンも考えていない、というのが真実なのです。

ただ、在庫を確保し続けるために「ワクチン」を打ち続ける。

なんて言ったって、これは「死を招くためのビジネス」ですから。

そして、3回目のワクチン接種の予定も決まっているようですね。

 

ここまで急かして打たせようとする政府の本音が分かっても、まだ、ワクチン接種しますか?

庶民の健康のためではなく、「創価企業」の儲けと人口削減のためにやっているのですから。

だから、どんなに死者がでても、副反応がでても、異物が混入していたとしても、強引に接種を進める訳ですね。

人口削減のため、イルミナティの儲けのためのワクチン接種など、打つ理由はひとつもありません。

真実を知り、自分やまわりの人の命を守ってくださいね。

 

一人でも多くの人々にとって、『RAPT理論』が当たり前の日常会話になるくらい、浸透する事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

(お断り)今回ご紹介した、鹿先生の動画の中で、鹿先生は医師の立場から、高齢者の接種を容認された発言をされていますが、 RAPT理論から、新型コロナウイルスは存在せず、人口削減のためのワクチンである事が明らかになっています。

今回ご紹介したのは、あくまで、ワクチンの在庫についての発言についてご紹介したまでで、接種については、全く異なる見解を持っている事を改めてお断りしておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.