そもそも「PCR検査はインチキ」だという事を、改めて理解して、コロナ茶番から完全に離れましょう。

今や、国民の関心は「コロナワクチン」を打つかどうかに移りました。

そのために「コロナ感染ニュース」について、もはやあまり気にしていないのかも知れません。

また、この連日の暑さで、考える力もさらに低下しているのかもしれませんが、

冷静になって、冷房の効いた部屋に入り、今一度、「コロナ茶番」について考えてもらえると幸いです。

 

この記事では、改めて、「コロナウイルス」に感染したかどうかを決める、「PCR検査」について、これまでネット上やその他で拡散されてきた情報をご紹介したいと思います。

 

今や本当に、コロナに関する情報が、ものすごく豊富に拡散されています。

その情報を追いかけている人は、何が真実で何が嘘かという事は、理解できるかと思いますが、真実をいざ、知らない人やこれからワクチンを打とうとする人たちに伝えようとしても、あまりに情報が膨大過ぎて、どの情報を伝えたらいいのか、と悩むこともあるかと思うのですね。

そして、「自分が知っている情報量の多さ」と、「知らない人の無知さ」に、あまりにも開きがあって、伝えるのが苦しくなることもあるかと思うのですね。

嘘、偽りを流す「マスゴミ」は、いわば、天才的詐欺師的な要素がある訳で、彼らはどうすればいかにして人々を騙すかという事に尽力し続けてきたのですから、なかなか洗脳が解けないのも無理はありません。

かといって、何もしないでいたら、多くの無知な人達が、さらにワクチンで殺されてしまいます。

 

情報拡散をさせていただいていて驚くのが、コロナ茶番がはじまってから、1年半以上の月日が経っているのにも関わらず、未だに「PCR検査」がインチキだ、という事を知らない人が多い事です。

そして、毒でしかない「コロナワクチン」を打つことが、「世のため」「人のため」「家族のため」になると信じ込んで打っている人たちがいる、という事です。

そのため、ワクチンを打ってはだめだ、と言っても、「コロナ」があると思っている人たちは、たとえ、ワクチンを打つことで死ぬことになったとしても、副反応がでても、それは致し方ない、と、まるで片道の燃料だけを持って戦場に向かう「特攻隊」のような、危険極まりない考えを持っている人達が、結構多いという事です。

 

PCR検査で陽性になったら、数字をテレビやネットで大々的に報道されます。

しかしそれこそが「インチキのはじまり」だと多くの人達が知れば、報道に騙されなくて済みます。

 

未だに「コロナがある」と思っている人は今、おそらく、「不安と心配と絶望」の中にいるでしょうね。

いつになったらこれが終わるのか、と、ヤキモキしているでしょうね。

だからこそ、早く「ワクチン」を打って楽になりたい、と思っているでしょうね。

 

しかし、実際起こっている事は、「ワクチンを接種した人」でも、また「PCR検査」で陽性になったというニュースが後を絶ちません。

【コロナワクチンは無意味】東京都港区でワクチン接種後に131人が感染

【アメリカ】コロナ感染者の74%がワクチン接種者との調査結果

 

実際、「ワクチンを接種すれば、PCR検査で陽性になる可能性は極めて高くなる」と指摘する医師もいます。

 

そもそも「PCR検査」を作った人が、PCRを検査に使ってはいけない、と言っている事を知らない人が大半だと思うのです。

マス「ゴ」ミはこういう事は一切言いませんが、実際にPCR検査キットを作っている会社の人の話をツイートをしている人がいました。

これが本音でしょう。

そして、PCRは、何でも陽性にしてしまうのです。

 

PCRがインチキだと声を挙げている人達は、たくさんいます。

 

「PCR検査」自体がインチキだ!

と、はっきり分かれば、「インチキ」から始まったものは、どこまでいっても「インチキ」なのですから、「コロナは完全な茶番」だと言わざるを得ません。

 

しかし、1年半以上たっても未だに、こんなニュースをひょうひょうと垂れ流す「マスゴミ」。

まだ庶民を騙せる…と思っている訳ですよ。

私達庶民は頭のわるい馬鹿な生き物だ、と蔑まれていることに気づかなければなりません。

クラスターが発生した大阪梅田の阪神百貨店で、新たに18人の感染が判明し、感染者は計115人となりました。

 

大阪市北区にある阪神梅田本店では、従業員のクラスターが発生したことから、先月31日から2日間全館臨時休業し、2日から地下1階と1階の食品売り場を除いて営業を再開しました。

 

運営するエイチ・ツー・オーリテイリングによると、約2000人にPCR検査を実施していて、2日に新たに従業員18人の感染が判明し、先月26日以降の感染者数は計115人となりました。

 

感染者の8割は、食品売り場の従業員だということです。

 

クラスターの原因は分かっていません。

 

エイチ・ツー・オーリテイリングは「対策を強化していたにもかかわらず、多くの感染者が出たことに驚愕している。換気の強化やPCR検査の実施、科学的な調査などを進め、全館の営業再開に向けて全力で取り組む」としています。

マス「ゴ」ミは、「クラスター」という言葉を使って、さもそれが本当にあるかのようにねつ造してきますが、こういう言葉を使う事も、さも、それが本当であるかのように「イメージ」させる戦略なのですよね。

 

そして、こんな「インチキPCR」の情報を元に、コロナによる死亡を、必死に水増ししてきました。

 

一方で、ワクチンを打ってからだと、本当に「手遅れ」なのです。

ワクチン接種後の死亡者が、厚労省発表では「751人」ですが、未だに「ひとり」も因果関係を認めていないのですよ。

そしてこの情報は一切、テレビ放送されることはありません。

彼らがどれだけコロナ死を必死に演出し、ワクチン死を必死に隠そうとしているか、という事です。

 

「PCR」が詐欺である

→そもそもコロナなど存在しない事を理解しないと、どんなに「ワクチンが危険」だと聞いても、コロナをやっつける事の方が優先だと思うようです。

 

一人でも多くの方が、冷静になって原点に返って、「コロナなど存在していない」真実を受け入れて、ワクチン接種から完全に離れられる事を切に願います。

 

そしてこれから、「ワクチン」を、子供達に打たせようとしていますよね。

全くもって論外ですよね。

 

しかし、コロナが茶番だと「大人」が理解していないと、子供の行動を止める事ができません。

 

むしろ、マスゴミに騙されて、コロナを打つ事を受け入れてしまうでしょう。

 

しかし、ワクチンはただの「殺人兵器」「生物兵器」ですから、もし、大人が理解せずに、子供に打たせることを後押しするような事になれば、それは間接的に殺人に加担したのと同じになります。

 

「ワクチンが猛毒」である情報は、少し調べたら今では、本当に膨大な数の情報が出てきます。

それだけネット上では目覚めている人たちが増えているので、その人達が一生懸命情報を拡散しているからです。

 

間違っても、こんな「偽善者」の言葉を、鵜呑みにはしないでくださいね。

私達がワクチンを打つ理由など、ひとつもありません。

あるとすれば、「殺したいと考える輩か、支配したいと考える輩」の願望を叶えるためだ、という事です。

 

それは、誰ひとりとして幸せにしない、命を粗末にする愚かな人の考え方なのです。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.