「中国マフィア」の子孫の可能性が高い「李家」の「高市早苗」の「ワクチン接種」は、「やらせ」で確定のようです。

「高市早苗」が13日、自身のTwitterで、「2回目のワクチン接種した」と報告しました。

しかし、これが「嘘」である事が速攻バレたようです。

イルミナティは、今は、「100年前のスペイン風邪」とは時代が違う事を分かっているのでしょうか。

100年前はうまく騙せたとしても、ネットがこれだけ発達すれば、嘘は通用しないですよ。

そして、この「高市早苗」は、中国マフィア「青幇」のドンの「杜月笙」である可能性が高い事が暴かれています。

「高市早苗」は、「竹中平蔵」ともズブズブに繋がっている事が「RAPT理論+α」で明らかになっています。

【売国】総裁選出馬予定の高市早苗は、竹中平蔵=李家の犬 パソナの派遣社員を雇用し、パソナを大絶賛

 

「池田大作」が、同じく中国マフィア「青幇」の「黄金栄」にそっくりで、

中国共産党は、創価が作りました。

この国は現在、「中国マフィア」に支配されていると言っても過言ではありません。

「李家は中国マフィア」でもある、という事ですね。

 

こちらのブログでも、とても詳しく「李家」について書かれてあります。

「RAPT理論」で暴かれた真実は、本当に多岐にわたりますが、個人的には、この「イルミナティ李家」がどうやって日本にやってきて、どのようにして今、日本を支配しているのか、という話が大好きで、「李家」の話が理解できると、知識を学ぶ事を苦手と感じているような人であっても、「RAPT理論」の奥深さ、凄さ、そして学ぶ事の面白さや素晴らしさを、感じる事ができるのでは、と思います。

「RAPT理論」は、ずっとこれからも語り継がれていくべき真実であり、お話だと思っています。

 

「李家」の事が分かると、今、どうして芸能人が在日ばかりだと言われているのか、という理由もはっきり分かります。

そして、どうして「上級国民」と言われる人達が存在するのか、という事もはっきり分かります。

芋ずる式に、謎が次々と明らかになります。

 

「RAPT理論」は、真実を知る事で、洗脳から解くことを助けてくれるだけでなく、「真実」を学ぶ面白さ、素晴らしさを教えてくれるのです。

私自身、霊肉共にもっと成長して、この喜びをもっと人々に伝えられる者となれるように、努力を続けていきたいと思っています。

 

1人でも多くの方が、真実に目覚め、そして、RAPT理論から真実を学ぶ喜び、面白さ、素晴らしさと分かち合える事を心からお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる分野の真実を伝え、真実の「読み解き方」を伝えるニュースサイト。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.