• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【狂気の沙汰】あなたがもしこれからコロナワクチンを打つならば、そのワクチンは期限切れの在庫処分品かも知れません。

「コロナワクチン」はやはり「余っている」ようです。

日本政府は期限が切れたワクチンを平気で国民に打たせているようです。

通常、期限切れのものを打たせるなんていうのは、論外のようですが、今回、コロナ茶番の目的は「殺人」と「医療費確保」、そして「土地強奪」に「完全管理社会」ですから、何とも思っていないのでしょう。

しかも、期限が延長されたのを、国民には知られないように、シールを貼るようにと、通達されていたようですね。

イルミナティにとって、コロナワクチンは「大切なワクチン」。

思惑通りに事を進めるには、ワクチンを打って打って打ちまくらなければいけませんからね。

厚労省も、開き直りとも取れる対応をしています。

それでいて、接種費用は「無料」にして、テレビで散々煽り、恐怖を植えつけている訳です。

どこまでも「悪」です。

 

1日も早くイルミナティが滅び、コロナ茶番が終わる事を切にお祈り申し上げます。

 

今日の「RAPT理論+α」では、コロナ茶番の目的が人口削減であることをより裏付ける情報が紹介されてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA