• ついに「2023年」が到来しました!

どんな境地にいても神様はちゃんと見て守ってくださっている事を確信した今日の出来事をご紹介します。

私は今から3年前にRAPTブログに出会い、「RAPT理論」を通して、この世の真実を知り、救われた人間です。

その後、RAPTブログの中で書かれていた「神様」や「祈り」についての記事を読み、もっと詳しい事が、有料記事や朝の祈り会という音声による配信でお話してくださっている事を知り、購読を始め、

それ以来、そこで教わった「信仰生活」を実践している者です。

今日起こった出来事を、Instagramに更新しました。

おそらくこの記事を読まれている人の中には、今の私のような窮地にある人はそうたくさんはいないかも知れませんが、コロナ茶番により世の中が傾き、さらには中国共産党スパイの岸田文雄により、次々と日本人を殺すための政策が行われ、さらにはほとんどの人がコロナワクチンを接種してしまったために、亡くなってしまったり、副反応に苦しむ人達が後を絶ちません。


よって、私のように経済的な問題だけでなく、病気になり身体的に問題が起きている人や、まだそこまで起きていなくても、これからの時代に不安や心配を抱えるという精神的に苦しい思いをしている人は多いのではないでしょうか。

結局、どんな状況に陥っても自分の事を見てくださって守ってくださる方がいると、確信して生きる事ができたら、どれだけ救いでありがたい事でしょうか。

今回の出来事を通して、神様は必ずいてくださるとさらに確信を深める事ができました。

なんとなく平和に生きている時は特に日本は、無神論の考えが非常に蔓延る国ですから、神様がいるとかどうでもいいと思うかもしれません。

そんな事を考える事もないかもしれません。

今本当に世の中が非常に大きな時代の転換期にある(これを聖書では「終わりの時」といいます)ので、明け方外にいると、石の像や鳥居の中で熱心に手を合わせている人をちょくちょく見ます。

しかし、石の像や鳥居は神様ではなく、神様を装った「偽物(サタン、悪魔)」が作ったものです。
この世の宗教はどれも悪魔教。しかし、本物の神様に出会える方法がたった一つだけ存在していた。(十二弟子・エリカさんの証)

だから目に見えないものに縋る人はいても、縋る対象がサタンなので、余計状況が悪くなるというのが真実です。

だからなおさら日本人は、神様などいない、と全く持って真剣に求める事をしません。

私自身、信仰を持つようになったのは、自分が調べても調べても考えても考えても、答えを見いだせなかった答えを、理路整然とRAPTさんがブログで書いておられたのを読み、この方には、私には想像もつかないようないと高き方がついておられると深く悟ったからです。

それは自分がその答えをどうしても知りたい、と、長年求めていたものでした。
その答えが分からない事が苦しかったからです。

十二弟子のミナさんも、私と同じ疑問から解放されて、本当の喜びと幸せを手に入れた、と証されています。

「輪廻転生はない」と知って不安や心配から解放され、本当の喜びと幸せを手に入れた(十二弟子・ミナさんの証)

今、世の中が非常に困窮していく中で、私が信仰をもつキッカケとなった時と同じように、どうしてこんな状況に陥ってしまうのか、知りたいと強く求め、その事で真実に出会い、真の神様に出会われる方が増える事を願ってやみません。

実は神様は、RAPTさんを通して今年の秋に宣布された御言葉の中で、「コロナワクチン」の副反応で苦しむ人達においても、神様に治してほしいと真に祈る人は願いを叶えると宣布されました。

https://rapt-neo.com/?page_id=57424

2022年11月1日(火)
平素からあなたの心にある願いを神様に祈り求めなさい。その祈りが御心に適っているかどうか分からなくても祈りなさい。祈ったことはおおよそ全て叶えられるし、祈ることで信仰も深まり、神様との愛も深まっていくから祈りなさい。

これはコロナワクチンに限らず、神様は以前から祈り続ける事で病が癒されるから祈りなさいと宣布されています。

https://rapt-neo.com/?p=43267

(導入部より)
これまでこの有料記事では、特に人間の「霊魂」の救いについてお話をしてきましたが、今回は「肉体」の救いについて神様が話をしてくださいました。
 
これまで何度も話をしてきましたように、私たちの「霊魂」がきちんと成長して救われるためには、「肉体」という母体がどうしても必要です。
 
「肉体」なしに「霊魂」が成長し、救われることはとても難しいからです。
 
そのために、神様は私たちに「肉体」を与えてくださったわけですが、私たちの多くはこの「肉体」の健康をないがしろにし、きちんと管理をしていません。
 
また、例えきちんと健康管理をしようとしても、この世には嘘にまみれた健康情報があまりにも多く氾濫しているため、どのように健康を管理すればいいのか、頭が混乱している人も多いはずです。
 
もっとも、私の有料記事を読んで信仰生活を始めた人は、それだけでも既に心身ともに軽くなり、以前に比べて格段に健康が良くなったと思いますが、例えそうであっても、健康の管理はこれからもしっかりと続けなければなりません。
 
そのように健康になれたのは「聖霊」の力によるものですが、「聖霊」だけでは肉体の健康を守りきることはできないからです。
 
また、今回は既に病にかかった人に対しても、必ず治るから祈りつづけなさいと話してくださいました。
 
基本的に神様は、私たちをわざと病気にして撃つようなことはしません。
 
悪人を裁くために「肉体」を撃つことはあっても、義人の「肉体」を撃つことは絶対にありません。
 
信仰を試したり、信仰を入れたりするために撃つことはあっても、最後の最後まで義人の「肉体」を病気のままにしておくことは絶対にありません。
 
神様は基本的には義人の「肉体」を健康にしようと導いておられます。
 
ですから、例えどんな病気にかかっている人でも、祈り求めていれば必ず治ると神様は仰ってくださいました。

一人でも多くの方が、真実に出会い、真の神様に出会われ、救われて、真の喜びと幸せをRAPTさんの御言葉を学びながら生きていかれる事を心からお祈り申し上げます。

最新の有料記事はこちらです。

RAPT有料記事701(2022年11月28日)老後の心配をするな。老後10年の苦しみを回避するために、お金を得ようともがいて生きるのではなく、永遠の地獄を回避するために、救いを得ようともがいて生きなさい。そうしてこそ、あなたはこの世でもあの世でも祝福されて生きられる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA