• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【どこまでも人々を苦しめたい李家】電子機器の部品の調達が困窮を極める。この原因もやはり「李家」だった。

コロナ茶番は、RAPT理論でも明らかになった通り、イルミナティ李家主導、創価学会が実行犯となった、人工削減と土地強奪、スマートシティからの完全管理社会への準備の為に起こった「意図的」犯行です。

コロナ茶番による影響は甚大で、最も顕著なのは、ワクチン接種を強引に推し進めていることですが、コロナ茶番による影響はそれだけではありません。

 

今、給湯器をはじめとする電子機器の部品がない為に、故障した場合、その後の入荷が未定だとか、数ヶ月待ちだとか、そういう事態が起こっているそうです。

 

これは実際、私の周りの人が体験した事ですが、この真冬に給湯器が故障し、当初いつ届くかわからない、と言われたそうです。

真冬にお湯が使えない事ほど、辛い話はありませんよね。

しばらくは銭湯通いをしていたそうですが、1ヶ月ほど経って、何とか国内メーカーから入荷できたそうです。

 

真冬の中、茶番のせいで、本来する必要のない苦労をしなければいけない状況が、あちこちに起こっているのだな、と。

 

実際、給湯器に限らず、ダウンライトやトイレの部品などが入ってこないために、家は建ったのに、その部品待ちのために入居が遅れる、という事態も頻発しているそうです。

 

さて、この備品の問題について書かれた記事をいくつかご紹介します。

部品はベトナムからの供給遅れが原因だそうです。

ベトナムといえば、「李家」の拠点地のひとつで、現在日本政府(李家)が、日本乗っ取りのために移住を進めています。

中国はRAPT理論で、創価学会が作った国である事が暴かれています。

 

それでどうしてベトナム?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、これは「李家」の中でも「派閥」があるからです。

 

李家には「福田赳夫」にそっくりな「李承晩」(両班出身の大韓民国初代大統領)と、

 

あの北朝鮮拉致をでっち上げた女詐欺師「横田早紀江」の父親で、「李氏朝鮮王朝最後の皇太子」の「李垠」の2大勢力があり、これらが激しく争い合っている事が暴かれています。

 

横田早紀江の兄弟は「安倍晋太郎」、つまり「安倍晋三」の父親です。

 

そして、この「李承晩」側の先祖が、ベトナム人で「花山李氏」だと言ったそうです。

ベトナム人の移民が盛んなのも、この「李承晩」側勢力が、自分達の血筋を日本に住ませて、日本を乗っとうろうとしているからですね。

 

RAPT理論のお陰で、「李家」の存在が明らかになりましたが、日本人は皆、この「李家」について正しく知るべきです。

 

現実世界で私たちを苦しめている直接的な犯人が「李家」だからです。

 

 

こういうところにも「李家」が絡んでいたのですね。

 

1日でも早くコロナ茶番が終わり、ワクチン接種が完全頓挫し、イルミナティが完全に滅び去る事を心からお祈り申し上げます。

 

本日のRAPT理論+αの記事はこちらからそうぞ。

今日の神様の証は、KAWATAさんによる証です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA