• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

コロナの影響で学校閉鎖。これを機に、お子さんの「個性才能」を伸ばす生き方へと変えませんか?

コロナ「第六波」茶番により、数多くの学校が「学校閉鎖」になっているそうですね。

「RAPT理論+α」でも紹介されたように、現在、ターゲットは「子供達」に移っています。

 

学校閉鎖から、「ワクチンの積極的接種」へ誘導したいのでしょう。

 

言うまでもなく、全ての人にとって、コロナワクチンは「毒」でしかありません。

ましてや、5歳以上の子供に打たせる理由がありません。

ワクチンを打たせるのは、「人口削減」と「副作用を治す治療薬」で儲ける為です。

お子さんにも親御さんにも、不安や心配、ストレスを与え続けている「コロナ茶番」。

一日も早く茶番が終わる事を祈るばかりです。

そして一日も早く、コロナを仕掛ける「イルミナティ李家」「中国共産党」「創価学会」が滅びる事を切にお祈り申し上げます。

 

・・・と、いつもはここで終わるのですが。

 

ここからは少し視点を変えて、記事を続けたいと思います。

 

ふと、こんな事を考えました。

 

もし私が、今の時代に「小学生」だったら、すごく恵まれていると感じるだろうな。。。と。

 

その理由は、「RAPTさん」がいてくださっているからです。

 

どうしてそう思うのか。

 

それは、私が小学生だった30年以上前に、「RAPTさん」のような大人がいてくれたらな・・・。と思っていたからです。

 

私が、小学生だった時に、こんな大人がいてくれて、こんな話をしてくれたら、どれほど救われて、どれほど幸せに希望を持って生きれただろうか。と。

 

今回、「ミナのラジオ」で詳しくお話してくださっています。

 

こちらが昨日アップされたものです。

昨日の話は、こちらの続きとなります。

現在、子供さんも親御さんも、学校に行けない事へのストレスを感じておられるかと思います。

 

しかし、ここで発想を変えて、「本当に学校って必要なのか?」という視点で考えてみてはいかがでしょうか。

 

確かに、コロナ茶番は大変憎いものです。

しかし、考えようによっては、学校というものを見直すいいキッカケになるかもしれません。

 

まず、「RAPT理論」によって、学校はほぼ「嘘」しか教えてない事が暴かれました。

○RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

○RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。

○【宇宙はやはり存在しなかった】前澤友作の宇宙飛行により、宇宙詐欺の実態が芋づる式に暴かれる | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

○【前澤友作、完全終了】前澤友作撮影の地球一周のタイムラプスは絶えず太陽が写っていたが、実際のISSの周回軌道では、半分は太陽が見えないことが発覚 | RAPT理論のさらなる進化形 (rapt-plusalpha.com)

そして歴史は、イルミナティにとって都合のいい事(「嘘」「でっち上げ」「ねつ造された話」)だけを教えている事が暴かれています。

 

しかも、今の時代、「いい学校に行くのはいい会社に入るため」というのは「戯言」です。

それどころか、もしそれが叶ったとしても、会社の奴隷として働き続けるだけの人生になります。

そんな人生ってすごく無駄だと思いませんか?

 

しかし、(RAPT理論で真実として暴かれた話以外の)こういう話は、「偽スピリチュアル界」でも言っている人は言っています。

 

しかしRAPTさんが話されるお話は、これらよりもずっと「真実に迫る」のです。

 

RAPTさんは、「RAPTブログ」でこの世に「イルミナティ」という「悪魔崇拝者」がいる事を暴かれました。

Home

さらに、他の陰謀論者の言い分とは違い、日本には日本で悪さをする「イルミナティ」が存在している事を暴かれました。

そのトップが天皇です。

さらに、この世にある宗教のほとんどは「トップ同志」が繋がっている事も暴かれました。

そして「創価学会」が「イルミナティ」の隠れ蓑となっている事を暴かれました。

そして、日本で悪さをする「イルミナティ」は「李家」と呼ばれる部族である事も暴かれました。

 

そしてこの世は、「イルミナティ」だけが栄える仕組みになっている事を暴かれました。

庶民は成功しようと努力しても、そのような土壌は一切作られていません。

もし成功できるとすれば、「イルミナティ」に取り込まれるのがオチです。

「イルミナティ」に取り込まれるというのはつまり、「悪魔の手下」として働く事を意味します。

 

RAPTさんのお話がどこまでも素晴らしいのは、私達が知らなかった「真の真実」を洗いざらい暴いてくださるからです。

 

庶民が成功できない理由を、とても分かりやすく教えてくださいました。

その代わりに、庶民が「イルミナティ」の奴隷となって働くように教育を受けてきた事も暴いてくださいました。

 

自分の好きな事や得意な事が仕事になればいいよね・・・。

と、言ってくれる大人は存在します。

 

しかし、「RAPTさん」のように、洗いざらい正直に教えてくださる大人は存在しません。

 

だから、もしこの話を「小学生の私」が聞けば、どれだけ喜びと希望と自信を持って、自分の個性才能を伸ばすことができただろう、と思うのです。

 

さらに「RAPTさん」は有料記事や朝の祈り会の中で、より具体的に、個性才能を伸ばす方法を教えてくださっています。

○RAPTブログ 有料記事

 

親御さんの立場からすれば、不安や心配から、到底受け入れられる話ではないと思われるかもしれません。

 

しかし、これだけは言わせてください。

 

私自身、本当に、小学生の時に、「本当の事を話してくれる大人がいたらいいな」と本気で思っていたのです。

その事は、親には一切話していません。

担任の先生にはそれとなく相談した事もありましたが、的を得た答えをもらう事はできませんでした。

 

「小学生の時の私」のように、「本当の事を話してくれる大人」を求めている「お子さん」は必ずいます。

 

そのお子さんがそんな素振りを見せていなくとも。

 

できる事なら、「ミナのラジオ」をまず、お子さんに聞かせてあげて欲しいくらいです。

親御さんが思うよりも、たくさんの「お子さん」が救われた、希望を持てた、と感じるはずです。

泣いて喜ぶお子さんだっていると思います。

 

また、「親御さん」が「ミナのラジオ」の話を受け入れて、その事をお子さんが知ったら、どう思うと思いますか?

 

「親御さんに愛されている」と感じると思いますよ。

 

確かに今は、本当に大変な時代です。

だけど、同時に、どこまでも「本当の事」「真実」を教えてくださる方が現れました。

 

これがどれほどの希望でしょうか。

しかも、誰でもネットで検索すれば見つけられる時代になった訳です。

 

1人でも多くの方が、真実にたどり着きます事を切にお祈り申し上げます。

そして、一人でも多くの方が、ご自身の個性才能を開花させるような生き方ができるようになる事をお祈り申し上げます。

 

こちらは、「ミナのラジオ」の「ミナ」さんによる「証」です。

 

RAPTさんの話を受け入れられた「親御さん」の「ミナさん」。

その元で生まれた「お子さん」は本当に幸せ者だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA