• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

「憲法改正」は「イルミナティ李家」が国民を奴隷にして、好き放題行うための最終手段。

予想通りの展開です。

ロシアのウクライナ侵攻に便乗し、憲法改正に向けた世論誘導が激化 日本を再び戦禍に巻き込もうと目論む岸田内閣(李家)

(一部転載)

過去の記事でも述べましたが、戦後制定された「日本国憲法」は、この日本を支配するイルミナティ(李家)の暴走を食い止めると同時に、李氏朝鮮や戦時下の日本で行われた国民への弾圧や人権侵害を食い止めるための“縛り”の役割を果たしてきました。

この日本国憲法のおかげで、私たちは今でもこうして真実を発信し、コロナワクチンの脅威からも守られ、徴兵制もなく、他国に比べて遥かに平和な生活を送ることができました。

しかしイルミナティ(李家)は、日本国憲法の本当の役割を国民に悟られないように工作しながら、事あるごとに憲法改正へと持ち込もうと悪あがきしてきました。

今後、本当に憲法が改正されることになれば、「憲法9条」以外にも、国民の権利を守る重要な憲法が削除、改悪され、国家権力を縛る機能が完全に失われてしまいます。

そして、国民の人権が失われた地獄のような時代へと逆戻りしてしまう恐れがあります。

そして、「過去の記事」とは、これらの記事になります。

【李家の悲願】 「国民投票法改正案」が衆議院本会議で可決

(一部転載)

この日本を長く牛耳ってきた李家は、一度失った自分たちの地位を復活させる“唯一の手段”として、憲法改正を掲げてきました。

李家含む旧皇族(皇公族)の面々は、戦後GHQによって皇籍離脱を余儀なくされ、上級国民でありながらその地位を剥奪されてしまいました。

そのため、今でも彼らは憲法改正をして旧皇族の地位を復活させ、戦前と同じように国民から搾り取った税金をすすって美味しい思いをしようと目論んでいます。

 

【憲法改正を急ぐ李家】国民から「基本的人権」を奪い取ろうと目論む岸田内閣

(一部転載)

これまで安倍晋三や麻生太郎といった政治家たちが憲法改正を強く主張してきたのは、日本国憲法のせいで李家の権限をことごとく制限されてきたからに他なりません。

日本国憲法によって、天皇は偽りの神の座から引き摺り下ろされ、李家などの旧皇族たちも皇籍離脱を強制されて地位を失い、彼らの儲けの種であった戦争をすることも許されず、軍の保有もできなくなったため、必死で改憲しようと悪あがきしてきたわけです。

ある意味、日本国憲法は、世界中を侵略し、世界中の人々を食い物にしようとした日本のイルミナティ(李家)を封じ込めるために制定されたものだとも言えます。

学校ではただ、アメリカに負けて、「押し付けられた憲法」のように習います。

しかし、真実は違う事が、RAPT理論で明らかになりました。

 

日本国憲法。

それは私達が思う以上に、悪人(李家)の支配から守るために作られたものだったのです。

 

この話は非常に重要です。

本当ならば、全ての日本人が知るべき真実です。

 

日本と韓国、韓国と北朝鮮が敵対しているのは、李家同士の争いが原因だった!!

そして、どんなことがあっても、この憲法は守らなければなりません。

この動画の中で、「中国でワクチン強制できるのは、国家権力が人権を上回るから」と言っています。

 

中国とはつまり「中国共産党」です。

そして、創価学会は、中国共産党の工作部隊である事が、暴かれました。

そして「憲法改正」によって、乗っ取りが完了してしまう、という訳です。

 

どんな事があっても阻止しなければなりません。

 

そして、どんなに耳障りの良い事を言っていても、「改憲」を薦める勢力には本当に気をつけなければなりません。

参政党には、反ワクチンを訴えて知名度を上げた「吉野敏明」がいます。

そのため、ワクチン反対の人の中には、騙されてこの党を応援してしまう人がいるかもしれないので、本当にお気をつけください。

 

そして、言うまでもなく「マスゴミ」のいう事にもご注意ください。

李家や中国共産党の計画がことごとく失敗し、頓挫し、一日でも早く滅びます事を切にお祈り申し上げます。

 

本日の「RAPT理論+α」の記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA