• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

厚労省も認めた「詐欺行為」である「PCR検査」。これを「コロナ保険」という「飴」に使い、さらなる陽性者を増やしていた。

PCR検査陽性者が増えているのは、「コロナ保険」に入り、陽性が出たら、保険金が入る事も一因のようです。

こんな形で「飴」を与えて、コロナ茶番を続けようとする、どこまでも腐り切った「イルミナティ李家」。

 

ここまで来ると、タダの「クズ」ですね。

 

そして、「厚労省」は、「PCR検査」で「陽性」を「感染」だというのは「詐欺行為」であると、内部告発的な発言をしたようです。

PCRを受ける人が増えれば、必然的に陽性だと言われる人が増えるのは当然の事です。

さらに、ただの風邪を、「PCR検査」なしでも「コロナ陽性」にするという「みなし陽性」などと狂った論理で、新たなコロナ患者が生み出される訳です。

どこからどう考えても、茶番すぎて呆れますが、しかし、大半の人達は、「そもそもコロナウイルスが存在しない」という事を受け入れられません。

そのために、コロナ茶番に疑問を持ちながらも、どこかでまだ自分がコロナに感染するのでは、と思っているから、マスクが手放せなかったり、PCRを受けたりするのですよね。

そして、ここまで想像を超えた悪事をする人間がいる事が信じられず、奴隷となるための教育を受けているので、未だにコロナ茶番を正しく知る人はごくわずかです。

「現実世界」で起こっている事と「真実」は、とてもかけ離れています。

この世は悪魔を拝む「悪魔崇拝者」が本当に存在し、霊界にいる「悪魔(サタン)」の力を得て、これまで力と権力を誇示してきました。

このような「人類の敵」であるイルミナティ、李家、創価学会、中国共産党による、あまりに身勝手な計画のために、これ以上自分達の人生を壊すことなどあってはならない事です。

正しく真実を知り、そして正しく情報を読み取り、コロナ茶番やワクチン接種から離れて、真に幸せな人生を送れるように導かれる人達が増えます事を切ににお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト「RAPT理論+α」。

 

今日の最新ニュースはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA