• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【ワクチン二枚舌発言】化けの皮があっさり剥がれた参政党の神谷宗幣。

先日の「RAPT理論+アルファ」の記事で、「参政党の神谷宗幣」が、子供のワクチン接種には反対しながらも、高齢者の接種には賛成していた事が明らかになりました。

あっさり化けの皮が剥がれてしまいましたね。

 

記事によると、選挙の街頭演説の時は、ワクチンの危険性を訴えていたにもかかわらず、一方で、「中国共産党」のスパイ「ひろゆき」とAmaba Primeに出演の際には、「高齢者や基礎疾患のある人はワクチンを打った方が良い」と発言、ひろゆきと意見が完全に一致したそうです。

 

これで早くも、嘘つきぶりが露わになった訳ですが、興味深いのは、選挙期間中、参政党に関するニュース記事が上がった時と比べて、たった2カ月たらずで、賛成党批判をするコメントの割合が大きく変化したことです。

 

選挙前は、圧倒的に参政党支援の工作員が潰しにきているような感じでしたが、今回の記事のコメントを見ると、未だに変な屁理屈を書いている人もいますが、明らかに目が覚めたと思われる人達のコメントが多いです。

 

これは、RAPTさんに神様が強力に臨まれて「善の法則」が強く働いている1つの「しるし」だと思いました。

 

というのも、数週間前に、北海道の病院が相次いで、「4回目ワクチン」接種を中止していたことがRAPT理論+アルファで記事になりました。

そして実は、この発表がなされる少し前に、RAPTさんが北海道に十二弟子の人達と訪れておられた事が明らかになっています。

この事を、「十二弟子」のミナさんも証されていました。

今回のことに限らず、RAPTさんが真実を暴かれた後は決まって、悪人が逮捕されたり、病気になったり、影響力がなくなったりと、目に見える形で悪人が裁かれてる事が多々起こります。

私個人がすごく印象に残っているのは、「前澤友作」によって、宇宙が存在しない事が暴かれたことです。

冷静に考えて、今、前澤友作って、生きてるか死んでるかわからない位、全く話題に挙がらなくなりましたね。

 

今や、イルミナティは、高校生を相手に、地球は丸いと授業で洗脳するのに2時間も費やすそうです。

選挙から2ヶ月足らずで、ここまで真実が浸透しているのですから「参政党」も「神谷宗幣」も、滅びは時間の問題でしょうね。

 

これからも悪が暴かれて滅び去り、多くの人が真実に目覚めます事を心からお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA