• ついに「2023年」が到来しました!

風邪薬に「麻薬」が入っている

【隠れたものが露わに】ワクチン接種を薦める「忽那賢志」も、庶民を馬鹿にする「悪魔崇拝者」だった。

忽那賢志が正体を露わにしました。   年末年始、精鋭48人で20施設約700名の方にワクチン接種を完了しました。12/22に大阪府内でオミクロン市中感染が出た日に報ステで「高齢者に早くブースター接種を!」とコメントしたのですが「偉そうに言う前におまえがやらんかい!」と自問自答し、自分にできることをせねばとここまでこぎつけました。 pic.twitter.com/C7NFOjXm0f — 忽那賢志 (@kutsunasatoshi) January 3, 2022 この「裏ピース」。   イギリスなど、英語圏では「F〇CK YOU」などと、人を侮辱する時に使われるだけでなく、大変卑猥な意味もあるそうです。 屈辱の意味との事みたいですね🤔中指立てるのと同じ意味あいみたいです🤔知ってか知らずかはわかりませんですが…失礼極まりないですね🤔 pic.twitter.com/65Yn6GdTZK — えびmk3 (@f0sf8sFzsDEcYIf) January 3, 2022   さらに、これは「チョッパリ」でもありますね。   年末は少し落ち着いてると思ったけどやることやってんだ おまけにチョンの好物チョッパリまで決めちゃって。日本人削減したら、背乗り無しで日本に居座るプランだったりして。しらんけど。 pic.twitter.com/m7VglOUHuW — しょういち (@shouchann1) January 3, 2022 #在日 の#木下優樹菜 のフォロワー数は、福岡県全人口よりも多い530万人らしい。写真のポーズは、日本人を侮辱する時に使う #チョッパリ ネットで話題の木下優樹菜「インスタのフォロワー買収疑惑」を直撃(FRIDAY) https://t.co/GXbQtk5K4O pic.twitter.com/BiFnJ8iMEB — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) January 15, 2020 【在日の安倍晋三が日本人を苦しめる政策しかしない理由】#チョッパリピース とは日本人に対する侮蔑表現韓国では頻繁に使う日本人の卑称。 安倍政権による悪政の数々。https://t.co/x46u7ucFMH 安倍政権による悪政の極み。https://t.co/ewrrHtH432 pic.twitter.com/o41OOojq4j — ponsen's (@norinotweet) December 4, 2018   忽那賢志といえば、ワクチン接種工作員として、以前から有名でしたが、 お金持ちになりましたね🤡 pic.twitter.com/0ffU4AAg8M — シリウス (@vTdggEuOY1xYRP9) April 13, 2021 ここに見て、「チョッパリ」ポーズを見せるとは、やはり真実には矛盾がないですね。   そして、この写真から、「創価学会」とのつながりも見えてくるそうです。   この写真はよく見ると、意味深な部分がある。 🦁のシンボル➡️創価学会の牙城会 ピースサイン➡️バフォメット これだけワクチンの副反応が世間で囁かれても全く意に介さないというのは、普通の人間にはできない。https://t.co/NHNtwR7j15この写真からは悪魔への忠誠心が伺える。 https://t.co/Z1NVUAVCmk pic.twitter.com/GbIT9OyfTw — god_bless_you_ (@god_bless_you_) January 4, 2022 「バフォメット」とは、「両性具有の悪魔」の事で、イルミナティが好んで拝む悪魔です。 70年代~80年代には、「男女差別をなくすには、性差をなくさないといけない」と、人間の無性化、両性具有化を目指すようになる。 どうしたらそういう結論になるのか謎だが両性具有といえば悪魔のバフォメット。 人間を悪魔に近づけるためにひねり出した口実、と考えたら辻褄があうのではないか? pic.twitter.com/s6A8TEUtsQ — ましろ (@Maciro4512) December 8, 2018 #平和祈念像 の正体は、悪魔 #バフォメット です。https://t.co/T6qVjd9bZV https://t.co/oCbQQDlzX5 — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) ...

Read More

ドラックストアがこれほどまでに多い理由は、庶民を堕落させて悪魔崇拝者にするためだった。

皆さんは、風邪をひいたり、咳が出たら、ほとんどの方は、風邪薬に頼るという方が多いと思いますが、今日、Twitterを見ていたら、このようなツイートを見ました。 #市販薬依存 例えば市販薬ブロン系の風邪薬・咳止め これは多量摂取すれば、薬物依存、危険ドラッグになる。https://t.co/2pbSrDpUX4 咳の原因を除去するのでなく、咳嗽を司る神経をブロックするのが咳止め。神経支配を麻痺させるといっていい。そこで使われるのは麻酔成分、麻薬成分 https://t.co/GncyT5p5GS pic.twitter.com/a8VtJz8HXn — ”ねこっち”(社会派大喜利) (@B1U3rgXOvpqqhB3) December 24, 2020 え?! 風邪薬が「薬物依存」「危険ドラッグ」になる?! それこそ、街には、これでもか、と言わんばかりに、「ドラッグストア」が次々にできて、さらに、CMでは、やたら、風邪薬のCMが流れます。 RAPT理論で以前、「LSD」(麻薬)と「向精神薬」が同じ開発者で、それらが大変危険極まりなく、さらには「睡眠薬」もものすごく危険なものだと暴かれていたので、これらには警戒していました。 その記事はこちらです。 RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。   それが、風邪薬にも「麻薬成分」が含まれている、というのです。 このツイートで引用されている記事をここでご紹介します。一部、色付けしています。 市販薬の「大量服用」に依存する人の切実な実態 販売規制や啓蒙教育だけでは防止できない   医師から言われるがままに飲んでいた薬、病気を治すためだと思っていた治療や検査……。それらが実は健康をむしばんでいるかもしれない。   2月10日発売の『週刊東洋経済』は「信じてはいけない クスリ・医療」を特集。がん患者につけこむ科学的根拠のない免疫療法、量産される無駄な入院など、身近な医療の裏側に迫っている。   「大量に飲むとトリップできる」「悩みが吹き飛んで多幸感が得られる」――。   これは大麻や覚醒剤など違法薬物の話ではない。ドラッグストアで買える市販のせき止め薬や風邪薬のことだ。商品名をインターネットで検索すれば、こんな情報があふれている。   今、10代の間で、身近な市販薬の乱用が増えている。厚生労働省の調査によると、市販薬の乱用は全薬物乱用者のうちの5.2%(2016年)から5.9%(2018年)と微増にとどまる。   しかし、10代の薬物乱用の推移を見ると、2014年にゼロだった市販薬乱用は、2018年には約4割と最も多くなっている。   市販薬の乱用者は7割が女性 2014年に最も多かった危険ドラッグの乱用者は男性中心だ。対して、市販薬は女性が7割を超える。   使用している層が異なるため、危険ドラッグが規制された結果、市販薬に流れたという単純な構図ではない。若年層、しかも女性に多いのが市販薬乱用の特徴だ。         薬物による依存症の回復を支援するNPO法人で働く大木由美子さん(41歳、仮名)も、10代の頃から市販薬乱用に苦しんだ1人だ。 「どこにでも売っているし、危ない薬だとは思っていなかった」と、当時をそう振り返る。   きっかけは、18歳のとき好意を寄せていた男性から勧められたことだった。嫌われたくないという思いから断れず、せき止め薬の「ブロン錠」を一度に20錠飲んだ。   「しばらくすると、悩んでいたことが頭から消え、『生きていてよかった』と幸せな気持ちになりました。魔法の薬のように感じたんです。それからドラックストアを何軒も回り、薬を買い集めました。 せき止め薬と同じ成分が入った薬も試したり……。毎日のように店に通い、いろいろな薬を飲んでいましたね」 気づけば、薬はおびただしい量になっていった。1瓶84錠のせき止め薬を1日数回、その間にも鎮痛薬を常に飲んでいる状態だったという。   大木さんは22歳のとき、精神科病院に入院。リハビリ施設で12年間の生活し、乱用を克服した。   「今考えると、寂しさを埋めるためでした。学校での人間関係に悩んでいましたが、親との関係も悪かったため、誰にも相談できませんでした。市販薬は簡単に手に入り、親にも言い訳をして隠しやすい」 厚労省の調査を実施した国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部部長の松本俊彦医師は、「市販薬乱用者には、うつ病などの精神疾患を抱えた患者が多い」と指摘する。 「生きづらさを抱えた若者が『死にたい』『いなくなりたい』という気持ちを和らげるために使う。一時的な元気の前借りだ。しかし、長期的には気分の浮き沈みが激しくなり、もともとあった精神疾患の治療も難しくなる」。   安価なものを求め種類も量も増えていく 同調査で最も多くの乱用があったせき止め薬「ブロン錠」には、麻薬と同様の鎮痛成分が含まれる。同じ成分を含む風邪薬「パブロンゴールド」も乱用が多い。これらの薬は、中枢神経を覚醒させる成分と鎮静させる成分の両方が含まれ、大量に飲むと高揚感や多幸感を得られるとされる。 鎮痛薬にも、覚醒成分と鎮静成分の両方を含むものが多く、乱用される傾向がある。乱用者はこのような成分を含む、より安価なものを求めて種類も量も増やしていく。   (乱用防止のため、商品に注意喚起のシールを貼る取り組みも(記者撮影))   「体を慣らしながら飲む量を増やし、1日700錠飲んでいた患者もいる。薬をやめれば激しい離脱症状が現れるが、その症状は覚醒剤よりも苦しいといわれる。全身のだるさとともに身の置きどころがない焦燥感が起こるため、寝ることもできない」(松本医師)   しかも、市販薬は他の薬物に比べて依存性が強い。同調査で、市販薬は、「やめられない」「とまらない」という依存症候群が他の薬物に比べて最も多いことがわかった。   街を歩けばドラッグストアはいくらでもある。入手するためのアクセスがよいだけに、一度辞めても再発もたやすい。安全なイメージの強い市販薬だが、その先には非合法薬物と同様の深刻な依存が待ち受けている。   せき止め薬などの乱用のおそれがある市販薬は、購入量が一度に1瓶までに制限されるなど、国が販売ルールを定めている。 しかし、2018年実施の厚労省調査によると、国が規定する販売ルールをドラッグストアの約半数が守っていなかった。   複数買う場合でも、48%が使用目的の確認をしていない。2019年9月、厚労省は販売規定を徹底するよう、販売業者や製薬メーカー団体に指導した。   製薬メーカーはこうした事態をどう捉えているのか。ブロン錠を販売するエスエス製薬は、乱用について「大きな懸念事項だ。業界を挙げて防止策に取り組む必要がある」と答える。 2019年10月以降、店頭に置くブロンの空箱に注意喚起のシールを貼付するなど、新たな取り組みを始めた。 パブロンゴールドを販売する大正製薬も、「販売店には必要な情報提供をし、適正販売を依頼する。メーカー団体と連携して必要な対策を実施していく」と答えた。   販売店「売らないわけにはいかない」 販売店も苦心する。日本チェーンドラッグストア協会は、若年者へは身分証の確認、他店での購入状況を尋ねるなどの自主ルールを定めた。が、こうした規制には限界がある。担当者は言う。「購入者から売ってほしいと言われれば、売らないわけにはいかない。販売ルールの徹底にはばらつきがある」。   セルフメディケーションを推進する国は、処方薬から市販薬への転用や減税制度の導入などで市販薬販売を拡大している。2014年からは、乱用のおそれがある市販薬もインターネット販売が解禁された。   ネット販売でも複数購入者には使用目的の確認が必要だが、これも半数の業者が守っていない。規制を強化できても、複数の店やサイトで購入しようとすれば簡単に手に入る状況だ。   根本的な解決は、乱用者本人が乱用に陥らないことだが、「ダメ。ゼッタイ。」といった薬物乱用禁止を訴える教育だけでは、防止できない。前出の松本医師は、「人に頼れない環境が薬物依存を生み出す」と指摘する。周囲の期待に応える「よい子」が、逃げ道として市販薬に依存することもあるという。 「市販薬に頼らざるを得なかった環境にこそ、目を向けるべきだ。乱用に至るには虐待や育児放棄などの家庭環境や、学校でのいじめなどの背景がある」(松本医師) 規制だけでは市販薬の乱用防止、さらにその克服は難しい。家族も含めたメンタルヘルスへの支援体制が不可欠だ。 この記事の中に登場する「パブロンゴールド」は、CMでもおなじみですよね。しかし、やはり、この「パブロンゴールド」は本当に危険な薬のようです。 パブロンゴールドには、麻薬のひとつである「アヘン」由来の成分も入っているというのです。 市販の風邪薬「パブロンゴールド」を依存・乱用して快感を得る人が続出!?麻薬成分含有の市販薬に注意!   ・人気の市販の風邪薬「パブロンゴールド」に依存し・乱用する人が続出しているという。 ・含有成分であるアヘン由来の「ジヒドロコデインリン酸塩」が、快感をもたらす効果があるとのこと。 ・このアヘン由来の成分は、パブロン以外の他の薬にも入っているという。 風邪薬「パブロン」でトリップする<金パブ中毒>な人たち~市販薬をドラッグ代わりに乱用 巷では「金パブ中毒」なる現象が起きている。「効いたよね、早めのパブロン」のCMでおなじみのパブロンシリーズの「パブロンゴールド=金パブ」(大正製薬)だ。 金パブを頻繁に使ううちに手放せなくなり、毎日、大量に摂取するようになる依存者は少なからずいる。 ...

Read More