• ついに「2023年」が到来しました!

食糧危機

「コロナパンデミック」に引き続き、「食糧危機」も「ねつ造」です。「ビル・ゲイツ」を中心に、「イルミナティ」による「人類殺戮計画」の想像を超える「残虐さ」が明らかに。

今までは、イルミナティ(ユダヤ人)達は、庶民に対して、悪事を行っている事を巧妙に隠してきたし、それでもまだ何とか生活もできたので、のほほんと生きてこれた訳です。 しかし、2000年に「コロナ茶番」が始まり、世界の情勢も国内の状況が一変しました。 それと同時に、この世の支配者の正体が「悪魔崇拝者」である事、そして、支配者が本気で「庶民」を殺しに来ている真実を知る人達が増えました。 そして、マスコミがとんでもない嘘つきだったって事を、はっきり悟った人達も増えました。 そして、「RAPT理論」によって、コロナ茶番の中心は『創価学会』である事が明らかになりました。 そして、その『創価学会』は、イルミナティの中で、RAPT理論でいう「出雲族」という勢力に属しているのですが、その中でも、「群馬人脈」と呼ばれる、群馬県を拠点としているイルミナティが、現在の悪の中枢にいる事が明らかになりました。 そして、「群馬人脈」を形成する中心は「イルミナティ李家」ですが、その中でも、「青山家」「九鬼家」である事が暴かれました。 その中心人物のひとりが『ビル・ゲイツ』で、ワクチン投資に最もお金をつぎ込み、彼は残虐な「死の商人」として、ワクチンを最も熱心に売り歩きました。 その結果、ファイザーの売上は3.6兆円にまで膨れ上がりました。 米ファイザー、ワクチン売上高3.6兆円に ワクチンに関する真実は、ネット上で、特にTwitterで、弾圧されながらも、確実に広く拡散されています。   しかし、ビル・ゲイツは、「死の商人」です。 彼が動く一番の目的は、「サタンへの忠誠」です。 その事によって、力や権力、知恵を得てきたのです。   〇最も分かりやすい例が「JAL123便墜落」です。 ○JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。 中曽根はJAL123便を墜落させ、520人の生贄を捧げることで、国常立尊を復活させた。https://t.co/EtYmzljZDw また、中曽根の妻・蔦子の隠し子であるビル・ゲイツが、ワクチンを全世界に普及させ、全世界の人々を生贄にすることに成功した。 よって、中曽根は天皇レベルの功績者ということか? https://t.co/BqImN9Pgbi pic.twitter.com/ydXKabgSI5 — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) October 14, 2020   そして現在、神様に反逆した「ルシファー(→国常立尊)→サタン」が計画し、その計画を100年以上前に「大本教」の出口王仁三郎が、(サタンによる)啓示によって受けて、それを実行に移しているのが、「コロナパンデミック」をはじめとする、人口削減計画です。   ビル・ゲイツ(イルミナティ)の次なる人口削減計画は、『食料危機』を起こす事です。 アメリカで最大の農地を所有するビル・ゲイツ ワクチンのみならず、遺伝子組み換え作物による人口削減を計画 https://t.co/gblYDtDU4K — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) June 27, 2021 https://t.co/lD9hTAPMPx — ❥ … 🅡🅘🅒🅞 tink (@Fairy0083) June 24, 2021 まずは、このツイートに紹介されている、ビルゲイツによる「頭の狂った計画」について書かれ、かつ、嘘にまみれた情報で、最もらしく見せている記事をお読みください。 「豊かな国は人工ビーフに100%移行するべき」ビル・ゲイツがそう語る理由   ビル・ゲイツによると、ビヨンドミートなどの人工ビーフは気候変動問題を解決する糸口の1つという。   研究所で作られた食肉はまだ値段が高い。   でも、味は合格レベルに達している。   ゲイツが代替ミートへの転向を訴えているのは、通常の食肉の生産が世界の温室効果ガス排出量を増加させているから。   ゲイツには対気候変動の壮大な計画がある。   マイクロソフト社の共同設立者で投資ファンド『Breakthrough Energy Ventures』チェアマンのゲイツは、テクノロジー情報誌『MIT Technology Review』に対して、「豊かな国はみな人工ビーフに100%移行するべき」との考えを述べた。   ビヨンドミートやインポッシブルフードといったフェイクミートメーカーに、直接的および間接的に投資するゲイツ。   気候変動を止めるためのアクションとして、彼が人工肉を強く勧める理由とは?   国連食糧農業機関は、COVID-19のパンデミックを受けて高タンパク質の食品が世界的に不足することを予測している。   科学情報誌『The Cornell Alliance for Science』によると、全世界で約10億人がすでにタンパク質不足。   よって、豊かな国が人工ビーフに転向すれば、このタンパク質の不足問題を解決し、気候変動を少しでも遅らせられるという理論。   ゲイツは『MIT Technology Review』に対して、こう語る。   「人は味の違いに慣れる。製造業者も味の向上を約束している。そのうちグリーンな商品の価格は下がり、人々の行動を変えるのも需要を完全にシフトするのも可能になるはず。問題は政治。人工ビーフの販売許可を求める法案はあるが、国は私たちに人工ビーフをビーフとして売らせない」   世界各国の農業・食品団体は、ヴィーガンレストランが動物性食品を提供“しない”ことに対して、消費者が合法的に異議を申し立てたられるような法令を強く求めてきた。   このような法令には、消費者が“チョコレート風味のキャンディ”を本物のチョコレート、“加工チーズ食品”を本物のチーズと勘違いして購入するのを防ぐ役割もある。   でも、最近ではBeyond Meatsのようなフェイクミートが台頭して、本物の食肉の隣に並んでいる。   これは良いこと。なぜなら、ゲイツが指摘する問題は本当に深刻だから。   ...

Read More