「JAL123便墜落事故」は520人を生贄にした悪魔崇拝儀式と、「秦氏」「出雲族」という2大悪魔崇拝勢力の争いだった。

1985年8月12日に起こった、「日航機ジャンボ機墜落事故」。

RAPT理論を学ぶ中で、この事故が「悪魔崇拝儀式」だったことを知りました。

私には、日本航空の子会社で、グランドスタッフとして働いていた過去があります。

あまりにもショックすぎて、「悪魔崇拝儀式」という事に焦点を当てた記事を、去年の夏に書かせていただきました。

日航機ジャンボ機墜落事故は、意図的な殺人事件です。そしてこれも創価学会による犯行だと明らかになりました。

しかしこの墜落事故は、すでにRAPTブログや他でも明かされている通り、様々な事件や出来事が深くかかわっていることが明らかになっています。

「RAPT理論」で明かされたこの墜落事故について、2020年秋ごろから、Instagramで、対談動画でお話してくださっています。

RAPTさんのインスタグラム

 

動画で見て聞き続けることによって、B層の私でも、だんだんとこの事件のさらに深い真相や、支配者の構造が分かってきました。

 

まず、こちらが、RAPTブログで暴かれた、JAL123便関連の記事です。

JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

トヨタと大麻と国常立尊との怪しげな関係。世界中で広がる大麻解禁の動きは、JAL123便を撃墜した「国常立尊」に端を発しています。

JAL123便を撃墜して520人もの乗客を殺した「国常立尊」とは何者なのか。3.11と御嶽山噴火にもなぜか垣間見えるこの神の正体。

JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝と核兵器開発の拠点でしょう。

JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

日本の「失われた20年」という大嘘。JAL123便撃墜はやはり「出雲族」主導で行われた可能性大。

JAL123便墜落事故の真相。すべては「天皇派」と「教皇派」との戦いに原因がありました。

グリコ森永事件とJAL123便墜落事故との奇妙な関連性。グリコ森永事件の真の黒幕は誰か。

ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

 

そして、こちらが、今年の秋から始まった、Instagram対談動画になります。

JAL123便事故は、出雲族が秦氏(麻生太郎やロスチャイルド)を叩き潰すために引き起こした陰謀

JAL123便事故は群馬出身の人間たちによって引き起こされた

 

私たち庶民は、古代から続く、悪魔崇拝者たちの「2大勢力」の争いにずっと巻き込まれて生きてきた、ということです。

そして、その「争い」は、ずっとひた隠しにされてきましたが、RAPTさんが「RAPT理論」を発信してくださったことによって、その真実が次々と明らかになり、今では、ありとあらゆる出来事を、この「2大勢力(秦氏、出雲族)」の争いだと理解しながら、ニュースなども見ることができるまでになりました。

この「JAL123便墜落事故」も例に漏れず、「秦氏」と「出雲族」の争いだったことが明らかになり、さらに詳細まで暴かれました。

そしてこの「墜落事故」は、争いだけでなく、「出雲族」の人間にとって、「出雲族」の神「国常立尊」という「悪魔」を復活させるための「悪魔崇拝儀式」という宗教的な意味合いをも兼ねています。

「出雲族」が「秦氏」を攻撃するために「JAL123便」を使い、「秦氏側」の人間(トロンOS開発者、坂本九、など)を殺し、かつ、「国常立尊」復活のために、墜落させて520人を殺しました。

さらに、上皇后美智子の「正田家」「日清製粉」を儲けさせるために、「グリコ森永事件」を起こしました。

そして、トロンOS開発者が死んだことによって、ビルゲイツのWindowsが栄えました。

ビルゲイツは李家で創価信者です。

そして、「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」はすべて、この「国常立尊」を介して一つにつながることが、RAPT理論で明らかになっています。

  「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

 

さらに、この「国常立尊を拝む「出雲族」の拠点が「群馬」で、JAL123便墜落が、群馬県出身者によって行われたことも明らかになりました。

①正田家、美智子

美智子は、「堤康二郎」の隠し子。

②中曽根康弘

櫻井翔の祖父「櫻井三男」は、上毛新聞編集長で、JAL123便のカラー写真を一番はじめに掲載。

そして、「群馬」は、「福田家」の拠点です。福田家は、「イルミナティ李家」です。

 

そして、墜落した場所も「群馬県」でした。

このように、「事件」だと思われていたものが、実は「悪魔崇拝者」たちによる「争い」として利用されて、また、自分たちが拝む「悪魔」を復活させるための「宗教儀式」として使われていた、ということです。

 

想像を絶する悪です。

真実が広がることによって、悪魔崇拝者はこれ以上、悪を行うことができなくなります。

一人での多くの方が真実にたどり着けますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.