• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

「内海聡」は「コロナ茶番」の犯人である「創価学会」の「池田大作」の隠し子の可能性が高い。「反ワクチン」を訴えながら、実際は「グル」だった。

「内海聡」の正体が、明らかになりました。

「内海聡」は、以前から、RAPT理論にて、「間違った健康法(そこからカルト宗教の思想)を洗脳する工作員」として紹介されていました。

「内海聡の嘘」をきっかけに、「RAPT理論」にたどり着いたという方は多いです。

「コロナ茶番」によって知名度を上げた「内海聡」。

「内海信者」は、「冗談でこういう事をしている」と思っているようですが、彼は正真正銘の「悪魔崇拝者」です。

https://twitter.com/rock_alcohol/status/1446748515959328768?s=20

 

冒頭でご紹介した「RAPT理論+α」の記事には、このように書かれてあります。

一部転載させていただきます。

「内海聡」は池田大作の隠し子である可能性大!! 創価学会のマッチポンプ要員としてワクチンに懐疑的な国民を取り込む

コロナ禍以降、内海聡を熱烈に支持するツイッターユーザーが次々と登場し、「コロナワクチンは危険」だと主張して注目を集めていますが、彼らは「コロナ茶番の首謀者は創価学会」だとRAPT理論によって暴かれたにもかかわらず、その事実を無視し、創価学会については全く批判しようとしませんでした。

 

また、ビル・ゲイツが郡馬人脈=李家の筆頭であり、コロナ茶番を主導してきたということにも言及しようとしません。

 

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

 

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

 

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

 

 

本当にコロナワクチンの危険性を理解し、コロナ茶番を阻止したいのであれば、茶番の首謀者である創価学会や李家・群馬人脈のことにも言及し、その事実を拡散したいと思うに違いありません。

 

しかし、一向に創価学会や李家・郡馬人脈のことに言及しないのは、彼らもまた創価人脈の一味であり、コロナ茶番を煽る創価学会と“マッチポンプ”の関係にあるからに他なりません。

 

つまり創価学会は、コロナ茶番を起こすにあたり、ワクチン接種を勧めても必ず一部の人々が反発することを踏まえ、あらかじめワクチン反対派の工作員を擁立し、両側から人々を取り込もうと画策してきたわけです。

 

もっとも、「ワクチンは危険」だということは、紛れもない事実です。

 

しかし、そのワクチンで人口削減を図っている犯人が創価学会であり、李家であるということに全く言及しないということは、彼らもまた創価学会・李家に与しているという証拠でしょう。

 

「反ワクチン派」が、一切、「創価」や「李家」「群馬人脈」に言及しないのは、この団体も同じです。

以前、ブログ記事にもさせていただきました。

反ワクチンを唱える『HEAVENESE(ヘヴニーズ)』の正体。

 

今現在、海外で、反ワクチンに関して、報道している人達がたくさんいるのは、ご存じだと思います。

その人達の情報を元に、ワクチンの真実が暴かれてきたのも事実で、このブログでも、そういう人達が発信する情報をご紹介してきました。

 

しかし、彼らもこぞって、コロナ茶番の犯人「創価学会」については一切何も言いません。

創価学会は、世界規模で信者がいるのにも関わらず。

 

つまりは、彼らもみな、「マッチポンプ」要員という事でしょうね。

(この事について、以前、記事にした事があるので、興味がある方はお読みいただければ幸いです。)

(9/2更新)「ファイザー社ワクチン」の中に寄生虫が入っているという情報を提供した「ロバート・O・ヤング」について。

 

コロナという「悪」の茶番に対して、「正義」をかざし、「真実」を伝える、となると、それらは一見すると「善」になりますものね。

 

しかし、「悪」を行う輩も、そこに対して「善」(実際は偽善ですが)を行う人達も、みな「グル」だと暴いたのが、「RAPT理論」なのです。

 

そして、そこに共通しているのが「悪魔崇拝者」だった、という事を見抜いたのが「RAPT理論」なのです。

 

また、イルミナティ内で、コロナ茶番を進めたい「出雲族」と、敵対する勢力「秦氏勢力」による争いが限りなく続いているという事も、「RAPT理論」は明らかにしました。

 

よって、「RAPT理論」は2014年から世の中に登場したにも関わらず、未だに、〇〇はおかしい、と、「片方」だけの言い分を言って、「RAPT理論」に近づこうとしないのは、結局は、どちらかの勢力の工作員であると言わざるをえない、という事です。

 

とはいえ、彼らの話を聞いて、ワクチンを打ってはいけない、という事を知って、接種を思いとどまった人達はいると思うので、ワクチン接種が積極的に促進される中では、彼らの活動も一部は人々の益になりました。

しかし、ビル・ゲイツが死亡し、コロナ茶番が新たな局面を迎えるならば、今までのように、ただただ「ワクチンは危険」という話だけでは命を守るのが難しくなります。

つまり、今までは「ワクチン危険」と「善」を装って活動してきたが、それだけでは太刀打ちいかなくなると、化けの皮がはがれて、彼らが普段行っている、本来の「悪魔思想による活動」が明るみになっている、という事です。

 

よって、内海聡をはじめとする「反ワクチン派」の人達は、ただ、ワクチンを進める「悪」の人達と同様、「巨悪」を働いている、という訳です。

まったく、巧妙な「詐欺師」です。

 

1人でも多くの方が、「RAPT理論」に出会い、「真実」に出会われることを切にお祈り申し上げます。

 

まずは、ありとあらゆる真実を伝え、「真実の読み解き方」を伝えるニュースサイトへ。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA