• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。ありとあらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【追加更新あり】「イルミナティ」の需要人物で「上級国民」の「松田聖子」の娘「神田沙也加」死亡は「生贄殺人」の可能性が。生贄殺人を繰り返す「イルミナティ」の滅びを心からお祈りします。

(12/19 更新)

この事件に関して、やはり「三浦春馬」の事件が関わっている事が判明しました。

こちらの記事の最後に、以下のように書かれてありました。

実際、私たちがYouTubeにアップしていた「【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇」という動画が、今日になって突如、YouTubeの運営によって削除されてしまいました。

恐らく神田沙也加の死と、三浦春馬の死には深い関係があるのでしょう。

創価学会や李家の悪事が全て白日の元に晒されて、一人残らず滅び去りますことを心から祈ります。

○【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

 

「消す=真実」だと自白しているようなもの。

イルミナティはどこまで頭が悪いのでしょうか。

 

以前、このブログでも、三浦春馬殺人について、ブログ記事を書いたので、よろしければ併せてご覧ください。

創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。

 

(更新ここまで)

 

 

日本中に衝撃が走りました。

イルミナティに対する裁きが、確実に進んでいる模様です。

 

この事件を通して、さらに、「イルミナティ」の残忍さが拡がり、彼らが完全に滅び去ります事をお祈り申し上げます。

 

 

神田沙也加さん急死 35歳 ミュージカル舞台を急きょ欠席中に

歌手・松田聖子(59)の娘で歌手・神田沙也加が18日午後9時40分、亡くなった。35歳だった。所属事務所が19日早朝にホームページで発表した。沙也加さんは聖子と最初の夫、俳優・神田正輝(70)との間に1986年に生まれ、近年はミュージカルを中心に活躍していた。

 沙也加さんは当たり役のミュージカル「マイ・フェア・レディ」の公演のため、札幌に滞在していた。

イライザ役を朝夏まなととのWキャストで演じており、18日正午開演の公演に出演予定だったが、急きょ「体調不良」を理由に、代役がたてられていた。

沙也加さんは、滞在していた札幌市内の22階建てホテルの14階屋上部分で倒れているのが見つかった。

 

 事務所ホームページでは「応援してくださったファンの皆様、お世話になった関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは大変残念でなりません。私共もまだ信じ難く、受け止めることができない状況でございます」と、急逝に混乱している模様を伝えた。

 

 沙也加さんは今月8日には、フジテレビの「FNS歌謡祭」に「マイ・フェア・レディ」カンパニーの一員として出演し、歌声を披露していた。

「マイ・フェア・レディ」は11月14日に開幕し、来年1月28日の博多座公演まで全国公演が予定されていた。

 

 沙也加さんは、生まれた時から注目を集め続けた。

2001年に母・聖子とのCM共演でSAYAKAとして芸能界デビュー。

02年にシングル「ever since」で歌手デビューを果たした。05年5月には突然、芸能活動を停止し、06年12月には神田沙也加として芸能活動再開を発表。

その後は“芸能界の母”と公言する大地真央を目指すようにミュージカル界を中心に活躍していた。

14年公開の映画「アナと雪の女王」でアナの声や歌を担当し、大きな話題に。

プライベートでは17年5月に俳優・村田充(44)と結婚したが、19年夏に離婚した。

 

驚きと悲しみの声が、Twitter上に溢れていて、同時に、陰謀論的な事を語る人達を、心のない人のようにバッシングする人達もいます。

 

たしかに「人間」としての感情はそうかもしれません。

 

しかし、人間としての感情と、この出来事が起こった背景となった「真実」は全く別の事です。

 

ただただ感情的になるだけでなく、

本当に二度とこのような事を起こしたくない、と思うのであれば、報道をそのまま鵜呑みにする前に、冷静になって真実を知らなければなりません。

 

日本では本当に幸いな事に、2014年に世の中に誕生した「RAPT理論」のおかげで、どの陰謀論者も言ってこなかった真実の数々が暴かれたお蔭で、庶民である私達が、真実を知り、真実の読み解き方を知る事ができるのです。

 

 

まず、母親である「松田聖子」という人物が「イルミナティ」の重要人物である真実を知らなければなりません。

 

「松田聖子」は、「嵯峨天皇」の末裔で、「光源氏」本名「源融」の子孫です。

現在の日本は、「嵯峨天皇」の子孫、つまり、「清和源氏」の子孫によって支配されてきた事が、「RAPT理論」で明らかになっています。

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

 

この記事には、「嵯峨天皇が建てた「大覚寺」」から名付けた、直系の子孫で日本のヤクザ「朝堂院大覚」が、在日のヤクザと深い関わりを持っていた事が書かれてあります。

 

芸能界は昔から、ヤクザと深い関わりがある事が、何度も言われてきましたが、未だに、その関係が完全に切れている事はないようです。

非常に平たく言うと、松田聖子は、「ヤクザ」の支援を受けて、ここまでやってきた、という事です。

 

もちろんものすごく努力をした人であったでしょうが、じゃあ、庶民の私達が、彼女たちと同じように努力して、同じ地位につけるか、というと、それは「NO」です。

 

芸能人は、イルミナティで、その中でも、松田聖子のように、より重要人物の血が入っている人物が、上にのし上がっていく仕組みになっています。

 

これも、「RAPT理論」で詳しく細かく暴かれた事です。

 

さらに、松田聖子は、日本に「原発」を持ち込んだ、「カレルギー」の子孫である、稀代の詐欺師「東出融」遠い親戚にあたります。

そして、松田聖子自身も、「地球が危機に瀕している」と、庶民を騙す活動に加担をして、「瑠璃色の地球」という曲をリリースしました。

イルミナティの詐欺師「東出融」の遠戚「松田聖子」が「瑠璃色の地球」を再リリースし、未だに「地球は丸い」と洗脳。

 

この曲が、この「コロナ渦」に再注目されています。

 

そして、「神田正輝」は、日本に原発を持ち込んだ「カレルギー」本人に似ています。

そして、言わずとしれた「石原軍団」の一員です。

 

「石原軍団」は、「石原慎太郎」の弟「裕次郎」が作った軍団ですが、まず「慎太郎」と、「東出融(嵯峨天皇の子孫)」が、ここで繋がります。

そして、「石原裕次郎」は、「CCC」(東京都港区六本木に存在した高級会員制クラブやレストラン、オフィスなどの複合ビル。)の常連だったそうです。

「CCC」は、「在日ヤクザ」の町井久之(本名は鄭建永)が建てたビル「東亜ビル」の中にありました。

 

そしてこの「CCC」が入ったビルを管理していたのが、さきほどの「朝堂院大覚」です。

 

そして、「町井久之」は、暴力団「山口組」の三代目組長「田岡一雄」と盃を酌み交わし、彼の弟分になっています。

 

(詳しくは、以下の「RAPTブログ記事」へ)

RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)
 

 

ということで、松田聖子も、神田正輝も、暴力団とズブズブの環境の中で生きてきた事が、これでお分かりいただけたかと思います。

 

「芸能界」が、ヤクザとズブズブという意味は、「悪魔崇拝者」である「イルミナティ」による支配が続いている、という事です。

 

 

そんな二人の子供として生まれたのが「神田沙也加」。

神田沙也加は、今や、激しさを増しに増している「イルミナティ」の争いに巻き込まれ、「三浦春馬」同様に、生贄にされた可能性が高いでしょうね。

 

まず、殺された「18日」というのは単純に(666)ですから、数字に異様なこだわりを見せる、イルミナティが大好物の数字です。

そして、死亡した「12月18日」は、イルミナティにとって、「誘拐、準備、犠牲」を行う期間なのだそうです。

 

しかも、それらが書かれた部分は、「twitter社」が工作して見えないようにしているようです。

ホテルの22階から転落したとありますが、「22」というのは、出口王仁三郎を表す数字です。

そして、イルミナティ工作員の「有吉弘行」が奇妙なインスタを更新しています。

 

彼らは、先祖がやってきた権力争いを、今も変わらずやり続けているという事です。

 

こんな世界はどこまでも地獄です。

 

自分達もこれまで、直接的か間接的かでも、自分達の地位を名声を得るために、少なからず、このような「自殺や事故に見せかけた殺人」を行ってきた、という事です。

 

今回は、それが、自分達の「娘」に降りかかったという事と言えますね。

 

「沙也加」は、親の七光りから離れて、自分で一生懸命実力や能力をつけて、のし上がってきた、と人々は評価をしているようですが、イルミナティが作ったいびつな「芸能界」という舞台の中にいる間は、その影響を逃れる事が出来ないという事ですね。

 

そしてそれは、イルミナティの支配から完全に抜け出す事でしか、地獄のループから抜け出せない、と言えますね。

 

つくづく、イルミナティは、完全に滅びるべき存在で、芸能界も一度は、完全に滅びるべき所なのだと、改めて感じました。

 

芸能界にいる人の中に、もし、本当にこの人の能力や才能をもっと見たい、と思う人がいるのであれば、まずは、芸能界という「イルミナティ」によって作られたものが完全に滅び、「善の法則」が強力に働く公正公平な世界の中で、能力や才能が認められた人達が活躍する世界ができるように、強く祈り求めたいと思いました。

 

これからも、イルミナティどもの滅びを心から祈り続けたいと思います。

 

ありとあらゆる分野の真実を伝え、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA