「イルミナティ李家」創価と中国共産党のための「東京オリ「淫」ピック」は、モラルも秩序も無い。日本を憎む「李家」の目的は庶民の堕落と人口殺戮。

もはや、この東京五輪に、モラルも秩序もルールも存在しません。

「重量挙げ」で金メダルを獲った、中国の「自称」女子選手が、Twitterで話題になっています。

この選手だそうです。

そして、27日付の記事で、ロイターに対して、中国がこの選手の写真について、抗議を行っています。

中国「醜い写真選んだ」と抗議 五輪優勝選手のロイター配信に

 

 

 

 

ちなみに、掲載された写真は、こちらです。

 

競技の最中の写真を「醜い」と表現する事自体、理解に苦しみますが、これは中国が、この選手が、本当は「男性」である事を隠したくて抗議したのでは、と噂されています。

 

ちなみに、こちらは、中国の「本当の」男性選手の写真です。

 

今度は、「女性」で比べてみましょうか。

こちらは、日本の「安藤美希子」選手です。

安藤美希子が銅メダル 重量挙げ女子59キロ級

 

一体、この国のモラルはどこにあるのでしょうか。

さすが、創価学会と「中国共産党」のための式典だけの事はあります。

 

さらに今回、ニュージーランドのLGBTの選手が、同じく「重量挙げ」に出場する事になっています。

「“彼女が有利”と言うのは極めて難しい」五輪史上初となるトランスジェンダー選手についてIOCが言及【東京五輪】

 

性別適合手術を受ける2013年までは男子選手として活躍していたハバード。東京五輪には女子87キロ超級に出場予定だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LGBTは言うまでもなく『悪魔思想』であり、『カルト思想』である事が、RAPT理論で明らかになっています。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

 

LGBTを進めようとするのは、悪魔崇拝者自らが、「LGBT」であり、彼らが、サタンから力を受けるために、「この世界の秩序とモラルを壊したい」からです。

この事については、『RAPT理論+α』の記事でも詳しく紹介されています。

【社民党・福島瑞穂】男性が女子トイレに入れず、男性が女子陸上競技に参加できないことは差別だと主張

 

「聖書」では、男性が女性になり、女性が男性になる、という行為は「罪」とされています。

しかし、イルミナティ(ユダヤ人、悪魔崇拝者)は、「神様」に反逆し、サタンを拝むようになり、どこまでも腐敗し堕落しました。

 

東京オリンピックは、何度もご紹介しているように、創価学会の創業者『牧口常三郎』の生誕日であり、この日に創価が「中国共産党」を作ってから今年は100年目にあたり、その記念祭典です。

【呪われた東京五輪】五輪開会式は創価学会のシンボルに満ちた悪魔崇拝儀式だった

そして、開会式の中にも、「LGBT」の要因をあますところなく、散りばめられていました。

ツッコミどころ満載! 呪われた「創価学会」の「東京五輪」の開会式は、「悪魔崇拝」「カルト」のオンパレード。

 

何と言っても、選手に「15万個のコンドーム」を配布するような祭典ですからね。

 

創価学会という組織が、どこまでも秩序もモラルもない「悪魔崇拝組織」である事が、東京五輪によって、さらに明らかになりました。

 

さらに、開会式のラストの、こちらの動画をご覧ください。

一番最後に、「日の丸」が映し出されましたが、この動画を、なんと「NHK」が放送していなかったという事が明らかになり、批判が殺到しています。

実は、「日の丸」は、エジプトの太陽神のひとつ、スカラベ(フンコロガシ)が由来となっており、悪魔崇拝者である「ユダヤ人」によってもたらされたものなのです。

いずれにせよ、悪魔崇拝者に牛耳られている事実には変わりがありませんが、今日の記事では、この事については触れないでおきます。

今日、この記事でお伝えしたいのは、どうして悪魔崇拝者達が、ここまで「反日」的な事を行うのか、という事です。

彼らは、「NWO」(世界統一政府)を完成させ、「悪魔崇拝者」のための世界を作りたいから、人口削減計画を実行に移している事は、去年の4月に『RAPT理論』で明らかになりました。

それに加えて、「韓国」は、「日本」への並みならぬ「恨」(ハン)の精神を持っています。

しかし、これも単に「イルミナティ李家同志」の争いに過ぎない事が、すでに『RAPT理論』で暴かれています。

 

私は個人的に、RAPTさんのこの理論を聞いた時に、ものすごく府に落ちました。

確かに起こっている事は、醜くくて卑劣極まりない事なのですが、すごく面白いと思いました。

分からなくてもやもやしていた事が繋がり、深く理解できました。

イルミナティによって「ねつ造」された歴史を私たちは、小学生の時から習って、洗脳される訳ですが、嘘、ねつ造だらけなので、勉強が面白くない、と感じるようになる、という話を聞いて、本当にその通りだと思います。

真実を勉強するのは、とても面白いし楽しいです。

RAPT理論を通して、学ぶ面白さを与えていただけた事にも、感謝でいっぱいです。

とはいえ、自分自身が学んで自己満足で終わり、という事ではなく、これは、神様が人間に与えてくださった幸せに生きるための『贈り物』だと思っているので、一人でも多くの方に、RAPT理論を知っていただけるように、努力を続けていきたいです。

 

という事で、具体的なお話は、Instagramでしてくださっています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

創価学会の「池田大作」は、韓国人である事が明らかになっています。

そして、池田大作は、大の「日本嫌い」であった事も明らかになっています。

池田大作が韓国に建立した凄まじい反日の碑

日本を
・「東海の小島」
・「小国」と表現

韓国を
・「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」
・「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不屈の国」と表現

日本の朝鮮出兵と日韓併合を
・「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現

 

この「碑文」は、平成9年に、韓国に建てられたものと言われています。

池田大作語録南朝鮮編

韓国に建てた、とありますが、「日本語」なんですね。

 

池田大作も「李家」である事が明らかになっています。

 

Instagramでのお話と、

池田大作が碑文に残した言葉(「日本の朝鮮出兵と日韓併合を「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現した)と、

池田大作が「李家」だという事を総合して考えると、こちらに書かれてあるツイートにつながりますね。

今の日本は、まだ創価学会が牛耳っているという事は、池田の思想を持っている人たちの集まりだから、「日本が嫌いで仕方がない」人達で支配されている事が、別の視点から見ても、明らかです。

そんなに日本が嫌いなら、とっとと出て行けばいいのに、、と思います。

 

そんな池田の創価学会の母体となる政党が「公明党」で、その公明党が、「ワクチン」という「生物兵器」を積極的に進めています。

この事からも、絶対にワクチンなど打ってはいけないですよね。

たとえ明日、寿命を迎える人であっても、ワクチンで殺されるなんて事はあってはならないのです。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.