「情」を使って庶民を洗脳し「生物兵器ワクチン」を打たせたい「政府」「マスゴミ」の次のターゲットは、「若年層」と「妊婦」。

何から何までめちゃくちゃで、「真実」を隠蔽し、代わりに、人の「情」を取り上げて、人々に、「コロナワクチンを打たなきゃ」と洗脳させる。

 

マスゴミは、「超悪質な詐欺師」ですね。本当に。

 

まずは、沖縄の病院で起こった「196人コロナ感染、64人死亡」というねつ造記事の続きです。

(昨日アップした、こちらの記事をお読みいただけると、概要がお分かりいただけるかと思います)

(8/18追加情報あり)「沖縄の病院でクラスター発生、64名が死亡」と報道するも、秒速で「ねつ造」がバレる「マスゴミ」。

 

2度目のクラスターで死去 「なぜ防げなかったのか」と遺族 病院に同意書を出したが未接種

 

 

沖縄県うるま市内の精神科病院で発生した新型コロナウイルスの集団感染で7月に亡くなった入院患者の50代の長女が17日、沖縄タイムスの取材に心境を語った。

 

感染拡大を防ぐ方法はなかったのか、どうしてワクチンが接種できていなかったのか-。

 

献身的に看病してくれた医療関係者に感謝しつつも、胸にはいくつもの「なぜ」が思い浮かぶ。

 

(編集委員・鈴木実

 

■陽性の連絡から数日後に亡くなる  亡くなった女性は80代。

 

ここ数年は寝たきりで、会話もおぼつかなくなっていた。  

 

「病院から陽性が出たとの連絡があった。覚悟しておいて」。

 

家族からメールが入ったのは数週間前。翌日には病院側から延命治療についての意思確認があり、「できる限りのことはしてほしい」と願いを託した。  

 

母が息を引き取ったのは、それから数日後だ。

 

「まさか、こんなに早く…」。

 

信じられない思いで、家族からの一報を受け取った。  

 

 

ワクチン接種の同意書は、数カ月前に出していると家族から聞いていた。ところが病院側の説明では、未接種のまま。「なぜできなかったんですか」。

 

同席したきょうだいの語気が強くなるのを、隣で聞いた。  

 

同病院では1月にも大規模なクラスター(感染者集団)が発生していた。それを知ったのは、母の感染が判明してから。「これで2度目ですよね。なぜ…」。

 

そんな割り切れなさを抱える。

 

 

■最後の面会は1年以上前 死去後も顔を拝めず  一人一人の看護師や医師を責めるつもりはない。むしろ身を削って看病してくれたことに、頭が下がる思いだ。

 

それでも-。  

 

国内で最大規模の死者数が出たのに、病院側の会見はなく、病院名も最近まで伏せられたまま。

感染経路も、院内に広がった理由も、遺族には分からない。  

 

「母がどんな治療を受け、どんな様子で亡くなったのか。今は感染収束に手いっぱいだとしても、せめて落ち着いたら十分な説明をしてほしい」  

 

コロナ禍のため、母に最後に面会できたのは1年以上前。亡くなった後も、感染防止のため、顔を直接拝むことはかなわなかった。  

 

 

「若い頃はきれい好きで、しっかり者の母でした。コロナさえなければ、医療さえ守られていれば、ゆっくりお別れできたのに」

そもそも、「コロナウイルス」は存在していません。

そして、「コロナウイルス」を見つけるために使っている「PCR検査」も、完全なインチキです。

PCRを開発し、コロナ茶番の直前で、謎の死(おそらく殺された)を遂げた「キャリーマリス」が、これを検査用に使ってはいけない、と明言しています。

つまり、庶民には、いつまでも「ゴイム(家畜、奴隷)」でいてもらいたいのです。

「情」でもって、ワクチン接種を洗脳を続けるマスゴミですが、「高齢者」に関して、かなり接種が進んだと思われます。

【政府CIOポータル】新型コロナワクチンの接種状況(一般接種(高齢者含む))

そして、次のターゲットは、「若年層」と「妊婦」です。

 

今までは消極的だった「妊婦」への接種も、方向性を変えてきました。

根拠としたのは、「CDC」の文書とのことです。

日産婦「妊婦のワクチン接種を勧める」…夫やパートナーにも接種呼びかけ

 

 

 

 

 

 

おそらくこの情報でしょうね。

 

しかし、こんなめちゃくちゃな論理に騙されてはいけません。

たとえ、「通常の流産率」であったとしても、このワクチンそのものが「生物兵器」です。

コロナワクチンは「治験中」ワクチンです。

つまり、打った人すべてが「人体実験」の対象となっているわけです。

 

「モデルナ」社に至っては、今年の7月22日から、ワクチン接種が安全なのか、危険なのかの研究をはじめ、結果は最短で2024年1月6日に判明する、としています。

自分のお腹に大切な赤ちゃんがいる身で、「人体実験」中のワクチンを打つなど、どれほど危険極まりないのか、という事をぜひとも知っていただきたいです。

 

そして、ワクチンの投与によって、卵巣にワクチンの成分がたまるだけでなく、本来、人間がもつ免疫機能を低下させ、さらには、ワクチン接種者がまたさらに感染している事も明らかになっています。

 

彼らは庶民を殺すためにやっていますから、もちろん、「生物兵器」だという事は隠して、流産率に変わりがないなどと、本質的に大事な所を隠して、洗脳しています。

 

そして、大切な命を「ポイント」「単位」という「飴」でつる、卑怯なやり方で、ワクチン接種を押し付け(→殺人行為)ています。

しかし、言うまでもなく、彼らにワクチンを打たせる理由など、一つもありません

そして、明日寿命がくる方に対しても、ワクチンを打たせる理由など、一つもありません。

誰一人、ワクチンを打たせる理由など、一つもありません。

 

 

そして、若年層ワクチン接種といえば、ワクチン接種と「心筋炎」の因果関係がかなりはっきり分かってきています。

 

 

そして、繰り返しになりますが、ワクチン接種の目的は、「人口削減」です。

 

彼らが目論む計画は大変恐ろしいものですが、「ビル・ゲイツ」は先月、米軍に逮捕されたという情報があります。

イルミナティの勢力は、確実に衰退に向かっています。

そのために、彼らが当初計画していた通りにはならないし、頓挫し失敗する可能性が高いです。

しかし、たとえ、イルミナティが衰退に向かっていたとしても、この情報を知らずして、ワクチンを打ってしまったら、何もならないわけです。

 

自分の人生、子供さんの人生、赤ちゃんの人生を、壊してしまう事になるわけです。

 

だからこそ、真実の情報を知る事が本当に重要なのです。

 

『RAPT理論』は、人間が、悪魔崇拝者(イルミナティ)の手口を知り、そこから離れて、真に幸せに生きるために与えて下さった、「本当の神様」からの贈り物、だと、私は本気で思っています。

 

一人でも多くの方が、RAPT理論を通して真実を知り、真の幸せへの「一歩」を踏み出されます事を切にお祈り申し上げます。

 

毎日更新される、ありとあらゆる「真実」を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.