【航空会社の悪夢再び】4回目の職域接種を始める

Uncategorized

どこもかしこも、大変な事になっていますが、航空業界がまたまた大変な事になっています。

 

航空会社が「4回目」の職域接種を始めました。

 新型コロナワクチンの4回目の職域接種が航空会社で始まりました。

ANA・CA:「社会のインフラを担う航空事業者として、感染予防対策をしっかりと行っていきたいという思いが私自身もありますので、本当に早いタイミングで受けることができてありがたく思っております」

羽田空港では、17日から全日空と日本航空の職員を対象に新型コロナのオミクロン株に対応するワクチンの4回目の職域接種が始まりました。

全日空は一日最大300人、日本航空は一日最大200人の接種を予定しています。

政府によりますと、16日現在3回目の接種を完了した人は人口の65.7%にとどまっているということです。

ANA・CA:「社会のインフラを担う航空事業者として、感染予防対策をしっかりと行っていきたいという思いが私自身もありますので、本当に早いタイミングで受けることができてありがたく思っております」

 

などと書かれてありますが、これが真っ赤な嘘である事は言うまでもありません。

 

以下「4分58秒」の動画をご覧いただく事で、報道されないところで、どれだけのパイロットがコロナワクチンという生物兵器の犠牲になったのかが分かります。

情報元は「AirLinePilot協会」という所が発行している「AirLinePilotMagagine」の2021年10月、11月号内の「追悼欄」からのようです。

 

 

2021年7月以降、爆発的に増えている死者について伝えています。

 

これまでの死者数の推移も紹介されています。

 

コロナ茶番前の「2019年」はたった1人。

そして、コロナ茶番が始まった「2020年」で6人、さらには、2021年1月に1人、2月に3人、3月に1人、4月に3人、5月に2人。

コロナワクチン接種の義務化が始まった6月は7人だったそうです。

 

それが、7月にはなんと「39人」だったそうです。

 

ところがこの情報について、「デマ」だといっているブログがあります。

このブログで指摘している根拠は以下の通りです。
このリストに載っている人たちが、ほとんど現役を退職している事や、合併したために今は存在しない航空会社の名前があるというのが理由です。
しかし、このブログが頼りにしている情報元は、厚生労働省をはじめ「RAPT理論」で「コロナ茶番」を捏造した悪人たちです。

 

 

 

 

そして、厚生労働省が「捏造」を事実上認めています。

 

航空業界が大変な事になっているのは、周知の事実です。
https://twitter.com/Rapt_plusalpha/status/1527601101977305089?s=20&t=AWR00MChLEC4A_nhisvDag
https://twitter.com/Rapt_plusalpha/status/1550793715467558912?s=20&t=AWR00MChLEC4A_nhisvDag
これほどまでにワクチンの害がネット上で拡散されてもなお、打たせようとするのは、コロナ茶番が「中国共産党」によるテロだからです。
https://twitter.com/Rapt_plusalpha/status/1526761915279585281?s=20&t=q08AXQpSPtCjjDJhTImqBQ
このパイロットの情報を流した人自身、グルとなって、反ワクチンを言う人が頭おかしいと思われるための工作を行った可能性もあります。
しかし、これまでの情報から、ワクチンが猛毒で決して打つべきではない事は明らかです。
ワクチンを打った人と打っていない人との間で、今や見えない壁ができてしまいました。
これも、彼らイルミナティが国力を弱め、庶民の力を弱める為に用いる「工作」のひとつです。
それでも、一人での多くの人が真実に目覚めて霊的な命も肉的な命も守られますよう心よりお祈り申し上げます。

コメント

Copied title and URL