• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

【「タモリ司会報道番組・タモリステーション」から分かるウクライナ茶番】ユダヤ人移民のための「河豚(ふぐ)計画」の現代版だった。

ここまで来たら「コント」です(笑)。

 

いい加減、本当に目を覚ましましょう!

これは、「タモリ」である事が重要なんです。

 

タモリは、「ユダヤ人」で「満州人脈」だからです。

ユダヤ人は、第二次世界大戦を使って、「満州」をユダヤ人のための国にしようと実行した事があります。

それを「河豚計画」といいます。

そして、その言い出しっぺが「大本教」の「出口王仁三郎」である事が、「RAPT理論」で暴かれています。

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。 (rapt-neo.com)

 

そして、コロナ茶番の言い出しっぺも「大本教」の「出口王仁三郎」である事が、RAPT理論であばかれています。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

そして、コロナ茶番が失敗しているため、次の手として、ウクライナ侵攻茶番が行われている事も、RAPT理論で暴かれています。

ロシアのウクライナ侵攻は「中国共産党」が世界を支配するために勃発させた茶番 既に中国に乗っ取られたロシアの悲痛な現状

結局、昔も今もやろうとしている事は一緒で、「ユダヤ人による国土乗っ取り」という事です。

 

彼らがここまで国土乗っ取りにこだわるのは、彼らは国を持たない「流浪の民」だからです。

どうして国をもたない流浪の民なのかと言うと、彼らの先祖は、悪魔崇拝をし続けた事によって、神様から裁かれて、国を追われてしまったからです。

 

そして、コロナ茶番の火付け役の「志村けん」も、もれなくフリーメーソン、つまりイルミナティです。

RAPT | RAPT×読者対談〈第118弾〉この世はどこもかしこもフリーメーソンだらけ。または盛和塾と自己啓発と神智学協会。 (rapt-neo.com)

 

上記RAPTブログを一部転載します。

また、「アイン」が「フリーメーソン(目)」であるとなると、「アイーン」というギャグを連発していた「志村けん」も、「フリーメーソン」だった可能性大です。
https://youtu.be/zXB8auED68Y(註:現在は削除されている)

きちんと意味を分かった上でこのギャグを改めて見てみると、かなり気持ちが悪いですね。

また、「志村けん」が所属していた「ザ・ドリフターズ」も、日本語に直訳すると「漂流者」という意味です。

ザ・ドリフターズ – Wikipedia

「漂流者」といえば「ユダヤ民族(偽ユダヤ人)」です。

「ユダヤ民族」は世界で唯一、国家を持たない「漂流民族」だからです。(イスラエル建国時まで。)

で、この「ザ・ドリフターズ」を一躍有名にしたのが「8時だよ。全員集合」というテレビ番組ですが、なぜ「8」なのか、なぜ「全員集合」なのか。

改めてよく考えてみると、やはり悪魔崇拝と深く関わりがあることが分かります。

「8」については以下のリンクをご覧ください。

RAPT×読者対談〈第82弾〉カタカムナこそルシファー信仰の源流である。

また、「ユダヤ人」を日本に集合させて、ユダヤ人国家を建国する「河豚計画(蝦夷共和国)」については、以下のリンクをご覧ください。

ジョン・タイターの予言は既に着々と実現しています。「蝦夷共和国」はユダヤ人を北海道に移住させる「河豚計画」の一環として誕生する予定です。

このように、一見、何の意味もないように見える芸人たちのギャグにも、実は「悪魔崇拝」の要素が散りばめられていたわけです。

こう考えると、さらに「ウクライナ侵攻茶番」と「河豚計画」の共通点が見えてきます。

 

まずウクライナ首相の「ゼレンスキー」は「ユダヤ人」でしたよね。

そして、「ウクライナ内務省管轄の国内軍組織」「アゾフ大隊」。

創設者の1人「コロモスキー」もユダヤ人で、ゼレンスキーとズブズブのようです。

 

これほんと、第二次世界大戦の「河豚計画」と全く同じですよ!

 

(第二次世界大戦)

ドイツ・ナチスがユダヤ人迫害→かわいそう→出口「満州においで」(河豚計画)→失敗。

 

ナチス・ヒトラーのユダヤ人迫害は、 ユダヤ人移住計画のためだった。(ホロコーストもほぼ嘘)

ヒトラーによるユダヤ人大量虐殺はなかった。その背後に隠された誰も語らぬ「河豚 (フグ) 計画」とは。

 

(現在)

ロシアがウクライナ侵攻→かわいそう→日本「寄付しよう」「日本においで」→???。

 

ロシアのウクライナ侵攻は、中国共産党によって日本を乗っ取り、憲法を改正するためでした。

「コロナ茶番」は失敗に終わり、今は「ウクライナ侵攻茶番」に移った。「ワクチン」は全くもって不要だし、憲法改正は「中国共産党」が日本を乗っ取るための最終手段。

中国はロシアに、侵略の日程について交渉していた事がバレてますからね。

【茶番確定】中国がロシアに「ウクライナ侵攻は北京五輪終わるまで待ってね♪」とお願いしていたことがバレる。

 

そして、両方に共通して見え隠れする「卍」マーク。

「出口王仁三郎」は、中国の道院「世界紅字会」と「大本教」の提携を結ばせました。

 

「世界紅卍字会」は「国常立尊」を拝んでおり、大本教や創価学会と同じ神を崇めています。

 

出口王仁三郎と理想世界、世界平和ー2 – ぶっだがやの散歩道 (hatenablog.com) 

(一部転載)

道院は、祭神を“至聖先天老祖”(大本の国祖・国常立尊のあらわれ)と称し、釈迦・キリスト・マホメット老子孔子などの各宗祖を併祭していた。教えも、大本と同じ万教同根を説き、その神示は檀訓といった。当時、世界紅卍字会は、華北から満州にかけて信徒が多く、中産階級以上の信徒が約600万人いるといわれていた。(出口斎編『神仙の人 出口日出磨』講談社1989*4)

 

「国常立尊」を基軸とした「トヨタ」と「JAL」と「キャノン」と「パソナ」と「経団連」と「創価学会」と「大本教」と「北朝鮮」と「日本財団」と「イエズス会」と「CSIS」と「皇室」の奇妙なつながり。

そして、先日の「ミナのラジオ」で「JAL123便墜落」に「中国共産党」が主犯だった事が暴かれました。

何から何まで完璧につながっています!!

 

ここで、はじめにご紹介したツイートをもう一度ご覧ください。

 

彼ら「イルミナティ李家」にとっては「タモリ」であることに意味があるのです。

 

若い方は知らないかもしれませんが、

タモリは、「笑っていいとも」の中で、

 

友達の友達は皆友達だ。

世界に広げよう、友達の輪!

 

とやっていましたが、実は「鶴紋」で悪魔崇拝だったとは・・。

 

いいともでやっていたのは、ユダヤ人の友達を呼び寄せて、自分達の神(国常立尊→悪魔)を拝む国を作りましょう、と公共の電波を使い、庶民を洗脳し続けていたという訳です。

 

そして、今回のウクライナ茶番の番組をやる事で、これまた同じ、ユダヤ人を日本に呼び寄せて、自分達の神(国常立尊→悪魔)を崇める国を作りましょう、と公共の電波を使い、庶民を洗脳しようとしている訳です。

 

しかも、8時からでしょ。

先ほど紹介したRAPTブログにもありますが、イルミナティは8という数字を重要視しています。

「おまじない大好きイルミナティ」なのです。

 

どこまでも気持ち悪く、未だに日本侵略を推し進めるイルミナティ李家、中国共産党、創価学会や、それに関与する悪人どもが全て滅び去りますことを切にお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA