• 「RAPT理論」から教わった事をご紹介しています。あらゆる洗脳から解かれて「真実」にたどり着けますように。

イルミナティ(中国共産党)による数々の工作や弾圧の最たる目的は「真の神様の存在を隠す事」だった。

現在通っている「職業訓練校」で一緒に学ぶ人達と関わる中で、ほぼ全員がワクチンを2回、ないし3回目まで接種している事、ワクチンを打つことやマスクをする事にこれといった疑問も持たずに過ごしている事がわかり、愕然としました。

そして情報元はやはりテレビだけのようです。

私が外では一切マスクをしないし、ワクチンは打っていないし、もうこれ以上打たない方がいいと言ったら、猛反発を受けました。

ここまで洗脳が深く、昏睡状態にあるのだなと思いました。

予想を超える洗脳の深さで、直後はどう答えたらいいのかわかりませんでした。

真実を受け入れるというのは、本当に奇跡な事なのだと強く思いました。

そしてその後の授業中は、落ち着くまでしばらくひたすら祈りました。

 

学校に通って仕事に就こうとするくらいですから、基本的に真面目な人達ばかりですが、コンピュータやプログラミングの知識が増えて今後、仕事を得られたとしても、真実を知らなければイルミナティにこき使われるだけ使われるのがオチです。

つくづく「イルミナティ」は、人々の意識が「神様」に向かないように、いくつもの「洗脳」「工作」を行っていると思いました。


私達がこの(本当は丸くはありませんが)地球に生まれた時から、一番初めは両親もしくは祖父母などの育ててくれる人から、隣近所、地域、保育園や幼稚園、さらには学校の教育方針に沿って教育を受けその影響を受けます。そうやって大人になり、社会の仕組みに迎合して生きています。

そして「教育を受ける」ということは、当然のことながら「教える側」が存在します。

例えば、学校だと国が教育方針を決めて、それに基づいて「教科書」が作られて、それを元に教師が教える訳です。

その教えが、私達を真に幸せに導いてくれる教えであれば良かったのですが、「RAPT理論」で明らかになった通り、この世の支配者は「イルミナティ」という「悪魔崇拝者」によって牛耳られてきました。

RAPTブログには、私たち人類が戦うべき敵=イルミナティ・サタンについて正しく知り、完全勝利するための究極の方法が書かれてある(十二弟子・KAWATAさんの証)

イルミナティに洗脳された考えを徹底的に取り除いてこそ、新しい人生の一歩を踏み出せる(十二弟子・KAWATAさんの証)

そして特に現代においては、「中国共産党」が日本を乗っ取るために、数十年もの期間をかけて、洗脳工作が行われてきた事が明らかになっています。

【再掲】「警告!! 日本は既に中国共産党に乗っ取られている」の動画を再度アップいたしました

【第27回】ミナのラジオ – 中国共産党のハニートラップにやられて滅亡に向かう日本 – ゲスト・RAPTさん

 

それは、創価学会の「池田大作」による「総体革命」というものによって実現されてきました。

創価学会は「中国共産党」の隠れ蓑だった事が明らかになっています。

悪魔崇拝者、つまり悪魔が喜ぶ事(LGBT、乱交、近親婚、身内や人々を生贄にするなど)を行って地位や名誉、富を得てきた悪魔の化身が、私達庶民を幸せにするための教育など行う訳がありません。

イルミナティはLGBTと一緒に小児性愛までも普及させようと目論んでいる

散歩しながらRAPT理論 【Vol.2】- 中国に乗っ取られた日本のファッション業界

【群馬人脈の終焉】慈善家ビル・ゲイツが、小児性愛者で不倫三昧、自宅で全裸・乱行パーティーを開催していたことが暴かれる

【123=ひふみ=国常立尊】3月21日に中国で乗客123人・乗員9人の計132人の乗った旅客機が墜落 JAL123便墜落事故と同じ生贄儀式である可能性大

死者107名・負傷者562名を出した「福知山線脱線事故」も、中国共産党によるテロだった!!

そして悪魔崇拝者達がこれらを行ってきた最も大きな理由は、「人々が本当の神様につながれなくする為」だと、RAPTさんを通して御言葉で宣布されました。

保護中: RAPT朝の祈り会(2022年6月分)

2022年6月23日(木)
終わりの時には大勢の偽預言者が現れ、一握りの真実だけを伝えて注目を集め、人類と神がつながることを妨害する。そのようなサタンの働きを分かった上で、全ての真実がこの世に広まり、多くの人々が神とつながって救われるように強力に祈り求めなさい

 

ここまで書いていたら、
そういえば社会の時間に、「日本国憲法」によって国民には、「3つの義務」が課せられていると習ったなと思いだしました。

  • 教育の義務(教育を受けさせる義務)
  • 勤労の義務
  • 納税の義務

しかし、まず「教育」は嘘だらけです。

地球儀を見せて、地球は丸いと洗脳し、宇宙があると嘘を教え、進化論を教え、徹底的に「この世に神様はいない」という思想を植え付けていきます。

【じげもんの常識をブッ壊せ!!】Vol.10 – フラットアース説は本当か? 地球が平面であることを誰でも簡単に確認できる方法

地球が丸いということを高校生に二時間もかけて教えなければならなくなった悲惨なイルミナティ(十二弟子・ミナさんの証)

【じげもんの常識をブッ壊せ!!】Vol.7 – 宇宙は存在しない!! 矛盾だらけのビッグバン理論

【宇宙詐欺師・前澤友作】米兵でも失神する耐G訓練を余裕の無表情でこなしていたことが判明し、実際に訓練を受けていなかったことがバレる

【出口王仁三郎の子孫】前澤友作、「宇宙っていう場所が本当にあった。地球はマジで丸いし青い」と必死でRAPT理論を否定するも、早くもワイヤーアクションがバレる

【じげもんの常識をブッ壊せ!!】Vol.12 – ニュートンは魔術師でフリーメーソンのトップ!! 「万有引力の法則」は矛盾だらけの大嘘

さらに、教科書を作っているのは、これらの洗脳に加担する工作員で、ここ最近で一番有名なのは、中国共産党員とバレた「池上彰」ですが、それら工作員の作った通りの答えを書かないとテストの点数が取れない訳ですから、またここでさらに洗脳していきます。

そうして大人になる頃には、「イルミナティの従順な奴隷」として「勤労」し、「納税」し続けてくれる人間がたくさん出来る訳です。

日本人は真面目ですし、日本国憲法で、勤労、納税は義務だと定められていますから、その通りに生きる自分が理想的だと考えても、何ら不思議ではありません。

生まれてから自動的に引かれている「レール」の上で、これらを鵜呑みにして従っている限りは、1ミクロンたりも隙なく、本当の神様に出会えないように仕掛けられてきたのですね。

冷静になって、学校にいる人達の様子を見て、改めてそう思いました。

私たちは、神様と繋がって生きるために努力するよりも、この世で生きる努力の方がずっと大事だと洗脳させられています。

そしてこの世で成功するとどんなにいい暮らしができるのか、といって、芸能人や、インフルエンサーと呼ばれる工作員が洗脳を続けています。

【第18回】ミナのラジオ- 宮迫や青汁王子の復活劇は全て茶番 ヒカル界隈のYouTuberは全員、中国共産党員である可能性大 – ゲスト・RAPTさん

YouTuber「コムドット」も中国共産党員だった!! 習近平・ヒトラーを尊敬、コロナワクチン接種も推奨

 

はじめから神様の存在は「まったくないもの」だとして、世の中の仕組みが作られています。

まるで今回のコロナ茶番と同じ、コロナウイルスは存在しませんが、「あるもの」として茶番を続けているのと同じですね。

コロナは「フィクション」。厚生労働省職員との電話やり取りで、コロナは「おとぎ話」である事が明らかに。

さらにイルミナティは、信仰をもつことは「狂った行為」だと洗脳し、人々が神様を信仰できなくしてきました。

そして、神社や仏閣も、イルミナティによって作られた「悪魔教」である事が明らかになっています。

この世の宗教はどれも悪魔教。しかし、本物の神様に出会える方法がたった一つだけ存在していた。(十二弟子・エリカさんの証)

RAPTブログが、この世のほとんど全ての宗教が悪魔崇拝であると暴き、その中でも本当の神様を信じて愛することができるように導いてくださった!!(十二弟子・NANAさんの証)

 

イルミナティはこのようにして、何重にも洗脳をして、人々が絶対に神様に目覚めないように工作を重ねてきました。

 

しかし、それがRAPTさんが「RAPTブログ」を立ち上げてくださったおかげで、ことごとく真実が明らかになり、イルミナティの騙しの手口の全容が明らかになり続けています。

 

1人でも多くの方が、真実に目覚めて、本当の神様に出会い救われます事を切にお祈り申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA