「異性の問題」は全てを破壊してしまう。しかしそれを招く「真の原因」が存在する。それを知って変わる事で「真の幸せ」に導かれる。

RAPTブログに出会って

信仰を持つ前、主人だった方が、スポーツ観戦が好きで、特に、バスケット(Bリーグ)観戦が好きでした。

その影響もあり、私も一緒に見に行ったり、動画配信を通して観戦していました。

信仰を持ってからは、観戦に使う時間がもったいなくなったのと、コロナの影響もあり、一切行かなくなりました。

 

そんな中、以前応援していたチームの選手のまさかの不倫騒動を知りました。

《また不倫》「子供の父親はあなた」「このまま普通にバスケできると思うなよ」バスケ元日本代表・狩野祐介に巻き起こった泥沼W不倫&隠し子騒動

 

この選手は、応援していた当時、キャプテンを務め、ここぞという時に必ずシュートを決めてくれるし、メンタルが強く、非常に冷静な選手でもあって、本当に素晴らしい選手でした。

別のチームに移籍したものの、今シーズンから再び、応援していたチームに戻ってプレイすると聞いていたので、ちょっと見に行きたいな、、、なんて思っていたところでした。

 

その選手が格上のチームに移籍すると聞いた時に、やはりどの業界もそうですが、選手はちやほやされますから、有頂天にならずに、このままバスケで見せてくれるような、真面目でひたむきな選手でいてほしいな、と思っていました。

だけどやはり「異性の誘惑」には勝てなかったんですね。

ショックだったのですが、今回こうしてご紹介したのは、この選手が、以前、神様がRAPTさんを通して宣布された「御言葉」の内容そのものの事を語っているのを知ったからです。

 

それがこちらです。

 

 

「特に精神的安定が必要となる祐介氏の仕事に関して、貴殿から配慮もサポートも全く受ける事ができず、逆に貴殿から「家族と向き合うのが一番、その次が仕事」等としてひたすら攻め続けられ、それにこたえるよう求められ続ける生活に、祐介氏はもはや耐える事ができません」

お互いに幸せになりたくて結婚したのに、どうしてこのような不幸な事態になってしまうのか。

 

このことについて、有料記事(御言葉)の導入部で、以下のようにお話されています。

RAPT有料記事644(2022年4月18日)神様は真理が泉のように湧き出る方だが、聖霊様は愛が泉のように湧き出る方だ。女はその聖霊様に象って創られたから、聖霊様のような愛で愛してこそ、真の愛の祝福に満たされる。

(導入部を一部転載)

アダムとエバは本来、互いに天から愛を受けて、その天の愛で愛し合って生きるべき存在でした。

アダムは神様のようになり、神様の愛をもってエバを愛し、エバは聖霊様のようになって、聖霊様の愛をもってアダムを愛し、それによって家庭の天国を築き上げ、聖三位が享受している天国の暮らしをこの地上に実現するというのが、彼らの成すべき御心だったのです。

ところが、エバが聖霊様のようになることができず、聖霊様の愛を知ることもないままアダムを人間的に愛し、最終的にサタンに騙されてしまったので、アダムもエバもどちらも共に堕落することになってしまいました。

今の時代も、この世の女たちは聖霊様のことを知らず、聖霊様の愛を知ることもないまま結婚し、それによって真の愛で男を愛することができず、夫婦の関係は空虚になり、場合によっては地獄のような家庭を生み出してしまいます。

この世の女たちは、聖霊様の愛を知らないが故に、真の愛で人を愛することができず、それ故に、誰からも自分の求めているような愛で愛されることなく、空しい生を生きるしかありません。

この終わりの時、主は先ず男の基準者を育てて、その基準者を通して真理の御言葉を述べ伝えてこられましたが、今後はその御言葉によって女の基準者が立てられ、その基準者が聖霊様のようになって、聖霊様の持っている愛を人類に述べ伝えていなければなりません。

そうしてこそ、男も女もそれぞれが身につけるべき愛を知り、互いに堕落することなく、むしろ天の愛で愛し合って、愛の祝福で満たされ、この地上に聖三位が享受している天国の暮らしを実現することができます。

そのようにして、神様がこの地に成されたいと願っている千年王国が実現していくのです。

また、別の記事の導入部は、以下のような文章が書かれてあります。

 

RAPT有料記事642(2022年4月9日)男が神様のような愛で愛し、女が聖霊様のような愛で愛してこそ、地上天国だ。

(導入部を一部転載)

アダムとエバの堕落によって、この世の男女は互いに正常な愛で愛し合うことができなくなってしまいました。

特に女は、単に男の性的欲求を満たす道具となり、男から物質のような扱いを受けるようにさえなってしまいました。

それは、女たちが聖霊様のことを知らず、聖霊様のようになることができず、聖霊様のような愛で愛することができないことが最も大きな原因です。

もしこの世の女たちが、聖霊様のような愛で男を愛するようになれば、この世の男たちも女を単なる性的な道具として扱うことはなくなり、むしろ女を尊く思い、女の愛に心から感謝することでしょう。

しかし、そのような女がこれまで一人も現れなかったので、神様の歴史は常に男の基準者によって導かれてきました。

この終わりの時、神様はアダムとエバのときのように、男の基準者だけでなく、女の基準者をも立てようとしておられます。

そうしてこそ、女の救いも完成し、男たちも真の愛を知って、より多くの人々が救いに目覚めるようになるからです。

 

私は信仰を持って、男女の問題の根本には、「女・エバ」が堕落の原因を作ったからだと知って、非常にショックを受けました。

〇RAPT有料記事118(2016年11月7日)異性の罪について、または主に使われる祝福について。

〇RAPT有料記事44(2016年2月22日) 神様が人類に用意した三つの大きな祝福。

〇RAPT有料記事495(2020年9月5日)この世の人々はアダムとエバのように間違った愛で愛し合うから不幸になるが、私たちは主から受けた正しい愛で愛し合うから心満たされて幸福になる。

 

なぜなら、それまでは、女はかわいそうな存在だと思っていたからです。

悪いのは男だと思い込んできたからです。

また、女の地位が低いのが許せないと思ってきましたが、私の思い込みと真実はあまりにもかけ離れたものだったからです。

 

十二弟子のエリカさんも証してくださっているように、真に女性が(男性も)幸せに生きる方法を教えてくださっているのは、「RAPTブログ」だけです。

RAPTブログだけが、女性が女性らしく輝きながら幸せに生きる方法を教えてくれた(十二弟子・エリカさんの証)
私はこれまで女性の理想的な生き方は何なのだろうかとずっと疑問に思っていました。 この世には、様々な自己啓発本が…

世の中では、悪魔崇拝者である中国共産党を中心とする「イルミナティ」が、女性の社会進出だとか、多様性といってLGBTを広めたりなどして、性のあり方をめちゃくちゃにしています。

2021年から「履歴書」の性別欄が「任意」に。これはまぎれもなく「悪魔思想」であり「カルト思想」。 – 真実の玉手箱 (shinjitsu7.com)

 

それは人々が真実を知り、神様に出会えないようにする為です。

人々が真実を知り、神様に出会い、神様の御言葉に従えば、人々は幸せになりますから、そこから救われる人が現れるのを妨害したいのです。

イルミナティ(中国共産党)による数々の工作や弾圧の最たる目的は「真の神様の存在を隠す事」だった。 – 真実の玉手箱 (shinjitsu7.com)

 

自分の身に降りかかった不幸に対して、文句を言ったり嘆いたり、恨む事ははいくらでもできます。

特に女性は非常に感情的になりがちです。

 

しかし、感情的になるのは「女性特有の悪い根性」で、それが女性自身を苦しめているのだだと、十二弟子のKAWATAさんも証されています。

女性特有の悪い根性が、女性たち自身を苦しめている(十二弟子・KAWATAさんの証)
これまでRAPTさんから、様々なことを教わる中で、女性が持っている悪い根性はどこまでも自分を腐らせるのだと実感…

そして、不幸の原因が「真実」「真理」通りでない行いをしているからだ、と知って、その通りに生きる事で解決できるのであれば、それを知りたいと思いませんか?

 

神様が教えてくださる御言葉は時に、女性からすれば非常に耳の痛いものもあります。

しかし本当の事を知り、真実を知り、真理を知る事は非常に「救い」でもあります。

 

私自身も信仰を持つ前に「異性の罪」「姦淫の罪」を犯しました。

それが非常に重い罪で、しかも旧約聖書時代だと、「死刑」に値する罪だと知った時は、本当に自分の無知さがあまりにも情けなく非常にショックを受けました。

 

しかし同時に、善と悪をはっきり教えて頂けたことは「救い」だと感じました。

 

そして、悪は悪として、悔い改める機会を頂けている事が本当に本当にありがたいと思いました。

 

RAPT有料記事453(2020年3月23日)罪を犯した方が幸せになるというサタンの洗脳から出てきなさい。罪を犯したら不幸になり、罪を悔い改め、罪をなくす努力をし、罪を償って生きてこそ、真に幸福に生きられるのだと悟りなさい。

(導入部を一部転載)

この世の中は、神様に反逆したユダヤ人によって支配されています。

昨年、私たちの綿密な調査によって、この事実が明らかになりました。

そして、そのユダヤ人たちに支配されてきた全人類もまた彼らの影響を受けて、彼らと同じように神様に反逆し、罪を犯して生きています。

その結果、人類は幸せという幸せをことごとく失い、自ら不幸を招く生き方しかできなくなっています。

人類は、今でも自分がどうして幸福に生きることができないのかを分からずに、苦しみ悩みの中で生きています。

はっきりと言いますが、私たち人類を不幸にするのは罪です。

罪を犯すから、自分も周りの人々もみんな不幸にしてしまうのです。

例え罪を犯して一時的に美味しい思いをすることができたとしても、最終的には神様から裁かれるので、誰もが不幸になります。

ユダヤ人たちはこれまでずっと彼ら自身もそんな生き方をしてきましたし、私たち全人類にもそのような生き方を押しつけてきました。

私たちはそんな彼らの洗脳から完全に抜け出して、神様に従順に従い、真に義なる生き方をするよう努め、真の幸福を掴んで生きる者とならなければなりません。

私たちの幸福は遠いところにあるものではなく、誰でも決心するなら、今すぐ簡単に掴めるものなのです。

 

1人でも多くの方が真実を知り、神様に出会い、真に幸せに生きる道へと導かれます事を切にお祈り申し上げます。

Copied title and URL