• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

【稚拙な茶番】福島駅西口女性切り付け事件も、「京王線」同様「恐怖」を煽り「監視社会」を作り、さらには「原発」が嘘だとばれないように、「福島」は危険な場所だと洗脳する為起こした可能性も。

先日起こった「京王線放火殺人未遂事件」は、監視社会を確立するため、「イルミナティ」が「創価学会」を使って行った可能性が高い事が明らかになりました。

そして、今日のテレビ欄だと思われますが、「日本テレビ」の「スッキリ」で取り上げざるまでに、ヤラセという真実が拡がっています。

そんな中、昨日もまた、「イルミナティ」が、「監視社会」を強化させるために、「殺人未遂事件」という「茶番」を起こしました。

 

まず、この事件について簡単にお伝えすると、

「11月15日の午後、JR福島駅西口で、人が刺され、その後、刺した男が逮捕された」

という事が起こりました。

 

もう、すでにイルミナティは今までも、数々の茶番を起こしているので、ご存じな方は、相手にしていないと思いますが、この記事では、「茶番」だという事をはっきりさせるために、情報が提供された「時刻」に焦点を当てて、ご紹介します。

いかにして「イルミナティ」の工作がなされているのか、しかしながら、今や、その工作が相当いい加減で、雑なものになっているのか、という事、イルミナティの滅びは、時間の問題という事をぜひとも知っていただけれると幸いです。

この記事は、「記録」という目的をも込めて書いていきたいと思います。

 

まず、私が調べた限りこの事件について、一番初めに報じたの「こちらのブログ」の情報を元にご紹介します。

 

ブログが投稿されたのが、「16:05:39」となっています。

【事件発生直後の目撃証言】#刃物男『包丁で暴れてる人いる、80代女性刺された』東北本線 福島駅西口付近 男女2人が刃物で切りつけられ病院搬送11/15 #福島 #ジョーカー

 

このブログのタイトルには、「東北本線福島駅西口付近 男女2人が刃物できりつけられ病院搬送」と書かれてあります。

 

そして、そのようにツイートしている人もいます。

(以下のツイートは、このブログに紹介されているものからご紹介しています。)

 

投稿された「時刻」に注目してみてください。

この人は、「16時09分」の投稿で「目の前におっさん?とおばさん倒れてる」と書いています。

 

そして、実際、「犬NK」と、「日テレ」はこのように報じています。

 

「犬NK」は、「16時45分15秒」の投稿で、「60代女性」と「40代男性」と、個人を特定して書いています。

 

一方の「日テレ」は、「中年女性」が腹部を刺された、と「16時36分41秒」に投稿しています。

 

こちらは実際に、日テレが「中年女性が腹部を刺された」と、速報を流した時の映像です。

「JR福島駅西口」「自転車置き場付近」で「中年女性が腹部を一か所」刺された、と言っています。

 

ところが、同じ事件をツイートしたと思われるもう一つの情報をご覧ください。

 

この「たか」という人物は、「おばあさん」が刺されたと書いています。

しかも投稿した時刻は「16時00分」。

 

その後、「犬NK」は、何ごともなかったかのように、17時のニュース、ならびに「17時08分」の投稿で、「80代女性」「高齢の女性」が刺された、と、「スクープ映像」と共に流しています。

スクープ映像を取ったのであれば、どうして始めの段階で「80代高齢女性」と言わず、「60代女性」と「40代男性」と言ったのでしょうか(笑)。

 

しかも、この「刺された場所」にも、微妙な違いがあります(笑)。

 

こちらは、「80代女性」が切り付けられた事故現場が書かれてありますが、日テレは、速報で「自転車置き場付近」と報じました。

 

そして、「80代女性」が刺された事を通報した、と言っている「女子高生」は以下のようにコメント。

「悲鳴を上げた後に後ろに倒れた」と言ってます。

 

という事は、「刺された場所から歩いて進む」という事は極めて不可能です。

 

これは「完全に茶番」です。

 

設定の詰めが甘く、全ての人にその事がいきわたっていなかった為に、「ぼろ」が出まくっていますね。

 

そして、Twitter上には、「当初2人が刺された」と、犬(NK)と日テレの2社も大々的に報道していたのに、気が付けば「80代女性」一人になっている事に触れる事もなく、日本は怖い国になった、などと、恐怖をあおるツイートばかり。

 

もし、本当に刺された人の安否を気遣うなら、どうして2人が1人になったのか、後の1人はどうなった?のか、60代女性と80代女性を間違う事があるのか?など、突っ込む人がいてもいいと思うのですが。

 

つまり、ネット上も、茶番劇には、「サクラ」ツイートだらけなのだという事を悟りました。

 

サクラは皆、本当のこと(茶番だと)を知っているから、恐怖を煽っても、本当に刺されたわけじゃない事を知っているから、嘘ついても大丈夫、なのだと思っているのかもしれません。

 

このような茶番を繰り返すのは、こういう声を上げさせたいからです。

つまり、「完全な監視社会」です。

「京王線茶番」と、目的は同じだという事です。

 

さらに、「RAPT理論」により、原発は存在せず、放射能も存在せず、イルミナティが、福島の土地を買い叩いて、イルミナティ(秦氏)の拠点にしようとしている事が暴かれているため、「福島」に庶民を近づけないようにしようとした可能性もあるのでは、と、思いました。

そもそも、「コロナ茶番」は、イルミナティが土地を安くで買い叩くために起こしたものでもありました。

マスゴミの情報は信じてはいけません。

マスゴミがこぞって情報を流してくるものは、決まって、何らかの「洗脳」をしたいからです。

今回の場合は、「不安」や「恐怖」から「監視社会」を強化しようという「世論」を作り、さらには「福島」の嘘がバレないように、福島という土地から人を遠ざけようとする目的があったと思われます。

そもそも、この手法は、イルミナティは何度も使っています。

 

今回、調べていて、イルミナティのやり方はずっと変わっていないと思いました。

「JAL123便墜落事件」でも、当初マスゴミに流れた始めのニュース内容が、途中から一切言われなくなった、という話を思い出しました。

123便は、事故ではなく、「RAPT理論」から、Jイルミナティ出雲族が、自分達の神(悪魔)を蘇らせるために行った「生贄儀式」であり、対抗勢力の「イルミナティ秦氏」を滅ぼすためのものだと教わりました。

【真実の玉手箱】日航機ジャンボ機墜落事故は、意図的な殺人事件です。そしてこれも創価学会による犯行だと明らかになりました。

【真実の玉手箱】「JAL123便墜落事故」は520人を生贄にした悪魔崇拝儀式と、「秦氏」「出雲族」という2大悪魔崇拝勢力の争いだった。

「イルミナティ」は、自分達の欲望を叶えるためには、人が何人死んでも、まったく関係がない、という悪魔崇拝者です。

そんな輩が今まで、日本や世界を支配してきたのです。

 

イルミナティの嘘に騙されることなく、真実を知り、茶番から離れられる事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を知り、真実の読み解き方を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA