• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

来年2月から「5~11歳」への「コロナワクチン接種」を始めるという、狂気に満ちた「厚労省」。彼らが欲しいのは「治験データ」と「人口削減」であって、「接種者の命」については「1ミリ」たりとも考えていない。

「厚労省」は、5歳から11歳へのコロナワクチンの接種を、早ければ来年2月ごろから始める可能性がある、などと、頭の狂った事を言い出しています。

5~11歳のワクチン接種「早ければ2月に開始」 厚労省が準備要請

 

厚生労働省は5~11歳への新型コロナウイルスワクチンの接種について、早ければ来年2月ごろから始める可能性があるとして、接種を担う自治体に準備を進めるよう要請した。小児向けのワクチンは、米ファイザー社が今月10日に厚労省に承認申請を出したが、まだ承認はしていない。

 

都道府県や市区町村宛ての事務連絡は16日付。5~11歳向けのファイザー製ワクチンは、有効成分の量が12歳以上のワクチンに比べて3分の1になる。

 

小児向けワクチンを大人向けのワクチンと明確に区別して扱うことなどを求めた。  

 

学校での集団接種は「推奨しない」とする従来の方針を改めて示した。同調圧力を生む恐れがあるためだ。地域によって子どもの人口が異なることなどから、複数の市町村で連携したり、接種会場を集約したり、地域の実情にあわせて接種体制を工夫するよう求めた。  

 

 

ファイザー製ワクチンの5~11歳への接種については、有効性や安全性について薬事上の審査をし、承認された場合、公費での接種とするか、努力義務を課すかなど、予防接種法上の取り扱いを決める。

 

15日に開かれた厚労省の専門家による分科会では、「打てる機会を確保することは重要だ」という意見が出た一方、「海外でも(コロナ感染による)小児の重症化例は少なく、日本でも死亡例はない」「積極的に接種を勧めることには慎重になるべきだ」という意見もあった。(下司佳代子)

「コロナウイルス」など、はじめから存在せず、今、現実に起こっている事は、ただただ「猛毒」の「ワクチン」を打っているだけ、という状況です。

 

「ただ、毒を入れているだけ」なのです。

 

何の理由もないのに、言われるがままに、ただ「毒」を体内に入れている、だけなのです。

 

何があっても絶対に止めなければいけません。

これ以上、このような事を、絶対に起こしてはいけないです。

 

そのためには、「コロナウイルス」など存在しない、と、人々が理解しなければならないと思います。

 

ワクチンを打って副作用が出て、思いとどまる人よりも、それでも「ワクチンが効いている」と、洗脳されている人の方が多いのではないでしょうか。。

 

そもそも、「ウイルス」そのものがなかったのです。

 

じゃあどうして「コロナ」に感染している人がいるのか?と、未だ洗脳の中にいる人もいるかもしれません。

それは、「コロナウイルス」として私達が思い込まされてきたものの正体が、「細胞」が(自分の身体を守るために)中から吐き出した「毒、異物」だからです。(これをエクソソームというそうです)

【「コロナウイルス」は存在しないの真相】「コロナウイルス」と思われてきたものの正体は、「私達の細胞(身体)」を守るために「神様が与えてくださった機能」によってできたものだった。

少なくとも私は医者ではありませんから、断定はできません。

 

しかし、今までの「コロナ茶番」の話を総合すると、今のところ、この考え方が一番しっくりきて、難なく理解できます。

 

身体が悪いものを取り込んだ時に、それを外へ吐き出そうとする力が、人間の細胞にあると言われ、それを「免疫力」と呼ばれているわけです。

これは、すでに私達は、実体験や実生活の中で、皆知っている事です。

風邪をひいても、身体を温かくしてしばらく寝たら治りますし、転んだ擦り傷だって、吹き出物だって、時間の経過とともに治ります。

しかし、その免疫力は、お年寄りになるほど、だんだんと衰えていきます。これだって、皆知っている事です。

小学生と、80代のお年寄りだと、80代のお年寄りの方が、風邪をひきやすいのは、皆知っている事です。

その状態について「コロナにかかった」と、騒いでいただけなのです。

お年寄りが「風邪で寝込んだ」状態を、2020年からなぜか、「コロナ」と新しい名前で呼ばれるようになっただけなのです(笑)。

それが証拠に、ワクチンを打たせるまでは、30代後半までは、「コロナ陽性者」はひとりもいなかったのです。

これは憶測ですが、エクソソームという「細胞が出した毒」の量が、高齢者より若い人の方が少ないだろうから、PCR検査に引っかからなかった、と考えたら、めちゃくちゃしっくりきませんか。

 

ところが、「コロナワクチン」を打つようになると、意図的に「猛毒」を身体に入れる訳です。

 

そしたら、普通に考えたら、身体の中に「毒」を入れられたら、細胞は一生懸命毒を出そうと働く訳です。

すると、必然的に、「細胞が出す毒の量」が増える事が分かると思います。

 

ところが、その「毒」が、自分の細胞の毒だし能力(免疫力)を超える量の毒が入ってきたら・・・。

 

病気になりますよね。

 

「コロナワクチン」は、「ロット番号」によって、毒の量が違う事が明らかになっています。

 

つまり、「ワクチンを打つ人の年齢や体質、健康状態」と、「「コロナワクチン」に入っている毒の量」によって、副反応が出たりでなかったりしている、というのが、現状です。

 

そして、これらは皆、「情報を集めるためにやっている」と、「厚労省」は、堂々と認めちゃっている訳です。

(真実の玉手箱)【内部告発?】ワクチン接種ははじめから「殺人を伴うもの」だと「厚労省」が認めました。

以下のツイートだけ、削除されていましたのでスクショで。

この情報が「デマ」ではなかった事が明らかになりました。

 

そして、このワクチンは、5歳から11歳の子供1人の命を救うのに、117人に命を奪う計算になるのだそうです。

それを、日本の厚労省は、来年2月から始められるように動いている訳です。

つまり、「(データをとりながら)人口殺戮をしていく」事に躍起になっているという訳です。

 

「イルミナティ」という「悪魔崇拝者ども」のために。

 

そして私達庶民のほとんどは、今まで「イルミナティ」に洗脳されて、「イルミナティ」に付き従うという事を当たり前のようにやってきたから、今回の「コロナ茶番」の時も、今までの習慣通りに、やってしまっている訳です。

 

しかし、実際は、大きく変わってきているのです。

 

その事を、ぜひとも、毎日配信される「RAPT理論+α」や、RAPTさんを通じて伝えられる「神様の御言葉(RAPTブログ有料記事)」から知ってください。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

RAPT | RAPT有料記事

 

何も知らないままであれば、世の中は絶望しかありません。

しかし、RAPT理論+αや、有料記事という「真実」を知る事で、世界が一変します。

「真実」は、私達が思うよりずっと、喜びと希望と愛に満ち溢れているからです。

 

しかしそれは、まず「真実」を知らなければならないのです。

ただ、偽スピリチュアルが語る「風の世界」とやらを信じていても意味がなく、Qアノン勢力が言うように、ただ待っているだけで与えられるものではないのです。

ぜひとも、目に見える世界も、目に見えない世界も、両方の「真実」を知ってください。

 

1人でも多くの方が、真実に目覚められますことを切にお祈り申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA