「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ③サザン成功の秘訣はどこまでも忠実に人々を「悪魔思想」に洗脳したこと。

(2021.2.8 加筆しました)

昨日は、桑田佳祐は劇団名であり、複数存在し、結局この世は、庶民は成功できないしくみになっていて、イルミナティ、上級国民など「血筋」「階級」で成功が決まるとご紹介しました。

桑田も例に漏れず、彼の父親は「南満州鉄道(満鉄)」の社員です。

サザンオールスターズの真実 ③「満州」からつながる「桑田佳祐」の上級国民人脈

超上級国民・桑田佳祐に関する最新情報 「岩倉具視」と「マキノ家」の血縁を持つ?

 

そんな世の中の仕組みを、「悪魔崇拝者」である「イルミナティ」が作っているのが、今の現状なのですが、では、私達庶民は、奴隷状態で生きるだけで終えるのでしょうか。

今までは確かにそうだったと思います。

そこで、ここで登場するのが、ここ最近、RAPTさんのInstagram対談でお話されている「地球は丸くない」という「フラットアース論」から見えてくる「宇宙は存在しない」という話から、イルミナティが最も隠したかったこと、についてです。

 

まずは、こちらの対談動画をご覧ください。

RAPT理論から見る地球平面説(フラットアース)2

(インスタ説明文転載)

前回の続きで、フラットアースについて語っています。

今回の話の途中で、神が二つの光を作ったと話をしていますが、それは創世記の1章16〜18節のことを言っています。

『神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。』

 

また、世間一般に、潮の満ち引きは月の引力によって起きると言われています。ネットで調べると、このように書かれてありました。

『月のある側では月の引力で海面が持ち上がり、満潮になります。反対側では、月の引力が弱いため海水は取り残され、地球の自転の遠心力も加わって満潮になります。月と直角の方向では、月に海水が引っ張られるため、海面が低くなって、 干潮になります。』

正直、「????」となって、頭に入ってきません。頭に入らないので、いつまで経っても潮の満ち引きについて、きちんと理解できず、人に説明することもできません。皆さんもそうだったのではないでしょうか。

ちなみに、国連とWHOの旗には、地球を平面に描いた図が描かれています。この旗に描かれた地球こそ、本当の地球の姿だとフラットアーサーたちは主張しています。

 

いずれにせよ、イルミナティの連中は神の存在を何がなんでも否定したいので、神の存在証明となるもの全てをことごとく否定してきました。

 

 

特にこの宇宙の問題については、もし宇宙が存在せず、地球しか存在していないということになれば、直ちに神の存在というものに直結してくるので、彼らは大金をかけてでもハリウッドの撮影技術を進化させてきたわけです。

フラットアースについては、今後も詳しくお話していきたいと思っています。

 

イルミナティが最も隠したかったこと、それは「神が存在する」ということ。

 

ということは、真実は、「神が存在する」ということ。

 

イルミナティが、学校で「ビックバン」や「進化論」を教えて、庶民を洗脳してきたのは、地球は無数にある惑星のある一つだと教えることによって、たまたまできた、ことにしたかったからだろうと思います。

ところが、フラットアース理論で、地球が球体というのは「嘘」だとばれた。そしてフラットアース理論は、宇宙も嘘だということを明らかにしました。

となると、地球が球体であることもビックバンも進化論も「嘘」だとしたら、どうしてそんな「嘘」をつくのか?という話になる。

その理由が、先ほどのInstagramでRAPTさんが語られた内容になります。

 

イルミナティは、「神など存在しない」と人々を洗脳し続けてきました。特に日本人はその洗脳が強いですよね。神社仏閣にいるのは悪魔ですから、偽物です。

しかし、ここにきて「神は存在しない」というのは嘘だと、フラットアース理論を通して明らかになった。

 

イルミナティは、神の存在を否定しながら、嘘とでっち上げと詐欺をし続けて、富と名誉や成功を得てきました。

「神は存在する」のが真実ならば、「神の存在」を受け入れて、富や名誉や成功を得る方法が存在していても不思議ではないと思いませんか?

 

 

イルミナティ(ユダヤ人)は、「悪魔崇拝者」です。悪魔に忠誠を誓い、時に、生贄を捧げて、乱交をして、悪魔から力をもらい自分たちだけが繁栄するような世界を作ってきました。

しかし、「神が存在する」のであれば、神は悪魔よりもずっと上の存在であることは明らかです。

 

桑田は、1995年に、奇跡の地球という曲を、Mr.Childrenと出しています。

奇跡の地球 に対する画像結果

Wikipediaには、このように書かれてありました。

「奇跡の地球」(きせきのほし)は、桑田佳祐&Mr.Childrenの楽曲。自身のチャリティーシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1995年1月23日に発売された。

サザンオールスターズ桑田佳祐Mr.Childrenによるコラボレーションプロジェクトとして、当時流れていたエイズに対する誤解と偏見をなくし正しい知識を広めることを目的に設立されたAct Against AIDS(AAA)による患者救済募金活動の一環でおこなわれた。

1月23日。ひふみ、ですね(笑)。大本教ですね(笑)。そして創価ですね。

アミューズは、イルミナティ、出雲族の会社ですから。

さらに、エイズ撲滅の「AAA」。これも詐欺であることがRAPT理論で明らかになっています。

超上級国民・桑田佳祐に関する最新情報 「岩倉具視」と「マキノ家」の血縁を持つ?

創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。

 

さらに、このころ発売されたアルバム「Young Love」中に、「スピリチュアル」という言葉を使ったり、

愛の言霊 ~Spiritual Message~

「大麻」を題材した曲を創ったり、

マリワナ伯爵

「アインシュタイン」を歌詞に入れているものがあります。

質量とエネルギーの等価性

 

スピリチュアルは悪魔崇拝だと暴かれました。スピリチュアルを日本に持ってきたのは、大本教(出雲族)です。

RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。
 
RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。

 

そして、大麻は悪魔崇拝儀式で使われることが明らかになっています。

RAPT×読者対談〈第91弾〉悪魔崇拝と麻薬。

「安倍昭恵」は日本の「大麻闇ルート」における中核的存在です。

 

そして、「アインシュタイン」の「相対性理論」は、「嘘」です。

そして「相対性理論」が嘘だということは、原発、原爆は「嘘」です。

RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。

 

どこまでも間接的ながら、洗脳しています。

そもそも、桑田は、ビートルズの影響を受けていますが、ビートルズも、悪魔崇拝を世界中に広めることに貢献しました。

RAPT | RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。 

ファンだった故に分かった事ですが、サザンや桑田の活動を追うと、どこまでもRAPT理論とつながる!と感じた、私の気持ち、お分かりいただけたでしょうか(笑)。

以前調べた中でも相当該当したのに、また今回新たに調べて、1995年だけでも、これだけ出てきました。

正直、奇跡の地球まで「洗脳」だったとは、驚きました。

 

桑田が、ありもしないエイズ啓蒙活動で、詐欺を行っていたことについて先ほど触れましたが、それ以外にも、詐欺を行っています。

癌という病気は存在しないことが、RAPT理論で明らかになりましたが、

RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

 

彼もまた、「癌利権」に加担したようですね。

桑田佳祐 食道がんの手術から10年 経過検査で「無事OK」と報告

 

さらに、サザンと電通がズブズブなのは有名ですが、電通の創業者「里見甫」は、「満州」でアヘンでぼろ儲けした人物です。

満州・・・・桑田の父は、満鉄社員でした。

これだけ見ても、上級国民、イルミナティのコネでのし上がった事は明らかです。

そして、彼らの音楽活動の目的は、キリスト教を冒涜し、本当の神様を冒涜し、庶民をとことん堕落させることです。

性的な堕落を促すものが中心というのもありますが、それだけでなく、彼らがキリスト教を冒涜していると思われる大学のひとつである「青山学院」の卒業生であること、しかも「青山学院生」をデビューさせることにこだわっていた節があること、歌詞の随所に「聖書」の言葉を使ったと思われるものがあり、その使い方が、冒涜しているように感じることなどもあります。

そもそも「聖書」の言葉を使いながら、「性的堕落」を同時に歌うっていうのは、善と悪を混ぜる、悪魔思想そのものですから。

神様はこの世界を善と悪とに裂き、悪魔はこの世界を一つにしようとします。

 

それらは、以下、過去の記事をお読みいただければおわかりいただけるかと思います。

 
 
 
 
 
 

 

以前に比べたらかなり減りましたが、サザンの音楽性について、いわゆる「卑猥」なものも、まぁ良しとするような風潮がまだ、残っています。

そうやって麻痺させて、性的に堕落させることに抵抗感をなくして、人々を堕落させてきた、悪魔崇拝者、イルミナティの戦略であることにも気づかずに。

しかし、去年の暮れに、坂本冬美に、こんな楽曲を提供して、話題になりました。

言うまでもなく、仏教は悪魔教でしたね。

仏教の「お経」や「真言」が悪魔を召喚するための呪文であり、仏教が悪魔教であるという確たる証拠。

 

今年に入って言論弾圧が激しくなったとはいえ、「RAPT理論」を通じて真実がネットを中心に、かなり広まっているのに、この時期に、まだ「仏陀」ですか。さすがイルミナティ。強気ですね。

 

イルミナティの特徴に、「どれだけ嘘だとばれても、その嘘をつき通す」というのがあります。嘘だと分かっていてもつき続けることによって、庶民が洗脳されるだろう、と考えるのだそうです。

さらに、コンサートの演出でも、随所に悪魔崇拝のしるしを入れているようですね。

曲のイントロに登場するのは、「ダイヤモンド富士」です。

これは、「プロビデンスの目」を現すものであり、典型的な悪魔崇拝のケースです。

引用ルンルン女帝公式公認のスメラの秘密 天皇と大和民族、そして日本のルーツを探る

プロビデンスの目について書かれたRAPTブログ記事はこちらです。

悪魔崇拝者たちが日本中心のNWO計画にこだわる理由。日本こそが世界最古の悪魔崇拝の聖地だったのでしょう。

 

富士山は、人工的に作られたピラミッドだと言われています。

知らない方からすればショッキングかもしれませんが、富士山信仰は、「悪魔崇拝」です。

そのルーツは、「古代エジプト」にあります。

古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで。

 

そして、この「東京VICTORY」は、2014年の曲ですが、歌詞は2020年東京オリンピックを意識したものだそうです(Wikipedia)。

東京オリンピックは、悪魔崇拝者のため、創価学会のための行事として、イルミナティが計画したものです。

さらに桑田は、2020オリンピックに合わせて、企画された、民放共同企画「一緒にやろう」応援ソングを歌っています。

「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」・・・・創価ですね。

さらに、桑田と仲がいい、爆笑問題の「太田光」は、創価の初代会長、牧口常三郎にそっくりです。分かりやすい上級国民ですね。だから、テレビに出続けることができる。階級社会がよく表れています。

そして、サザンオールスターズは、「偽コロナ」を利用して、去年は、2度、無観客のライブを開催して、お金儲けをしました。

2020年に入り、デビュー42周年を迎える6月25日に横浜アリーナにて、無観客配信ライブを開催した。このライブは“感謝”がテーマとなっており、ファンやスタッフだけでなく、新型コロナウイルスを治療する医療機関への感謝を込めたライブになっている[134]。チケットはライブ当日まで販売しており、チケット購入人数は18万人、推定視聴者数は50万人ほどであり[135]、ライブの収益の一部はアミューズ募金を通じて、新型コロナウイルスの治療や研究開発にあたる医療機関に役立てられた[134]。同年の大晦日にも横浜アリーナで無観客ライブを開催され、前回とは違い、メンバーやスタッフのコロナウイルス感染の防止や同年8月に松田が右肩の手術を受け、復帰初のライブであることから事前に収録したものを配信された[136]。(wiki)

「偽善の塊」ですね。コロナは嘘なのに。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

また、昨年の春、こんな記事が出ました。

桑田佳祐 手洗い習慣化でキムタクに感謝「あれ見ちゃったからやみつきに…」

 

「サザンオールスターズ」の桑田佳祐(64)が2日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(土曜後11・00)に3度目のリモートで生出演し、俳優の木村拓哉(47)に感謝した。

 桑田は「風呂は2分くらい」としながらも「でも手はよく洗っている。石鹸で手を洗うのがクセになっちゃった。本当によく洗っている。石鹸が小さくなるのが楽しみで」と語り、そのきっかけになったのが「キムタクがユーチューブで動画を挙げていたの」と明かした。

 

 木村はジャニーズ事務所の「Smile Up ! Project」第1弾で4月9日に手洗いをする様子を撮影した動画を投稿。「自分を守るイコール、大切な人を守ることにも繋がると思うので、ぜひこれはやってください」と呼びかけたものだが、桑田は「キムタクの影響を受けて手を洗っている。あれ見ちゃったからやみつきになっている。キムタクありがとう」と感謝。

 

 その後、「ステイホーム」をテーマとした楽曲「ステイホーム・ブルース」を披露。「もう少し自粛頑張りましょう」と呼びかけた。

偽コロナをさらに印象づける悪意ある記事ですが、実はこの「手を頻繁にあらう」というのは、新約聖書に出てくる話で、イエス様やキリスト教を冒涜した内容なんです。

桑田も木村も、またこの話題を記事にした記事も、「ユダヤ人」なんだな、と確信しました。

詳しく知りたい方は、ぜひとも、RAPTさんの有料記事をはじめからお読みになることをお勧めします。

RAPT | RAPT有料記事

 

ちょっと調べただけで、これだけ芋ずる式に出てきます。

本当に本当に気持ちが悪いです。

 

以上、3回に渡り書いてきました。

お気づきの方もおられるかと思いますが、サザンや桑田佳祐というのは、どこまでも忠実に「悪魔(サタン)」の意向、「イルミナティ」の意向に従ってきたから、これだけ繁栄した、ということです。ま、自身がイルミナティで、超上級国民だから、気が合うのは当然で、やりたい放題できたのだと思います。

自身がやりたいことと、サタン、イルミナティが広げたいことが一致していたからこそ、ここまで繁栄したと言えます。

 

しかし、もうイルミナティは終わりです。

 

冒頭に、イルミナティは、「神が存在する」真実を隠すために、ありとあらゆる嘘をつき続けてきた、というRAPTさんによるインスタ動画をご紹介しました。

 

この記事を読んで、本当の神について知りたいと、もし思われたら、RAPTブログを読み進めたり、Instagram対談を見てみてください。

RAPTさんのInstagram

RAPTブログ

 

一人でも多くの方が、世の中にはびこる洗脳から解放されて、真実に出会われて、本当の神様に出会われることを切にお祈りします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.