【アミューズ事務所の真実② 日本を狂わせている「青山家」と「青山学院」と「日本基督教団」の繋がり】

まず、「アミューズ事務所」について、wikipediaには、以下のように書かれてあります。

元々は、「原田真二」というアーティストを売り出すために立ち上げた事務所なんですよね。

wikiには書かれてありませんが、サザンのデビューは、バーニング周防郁雄がお金を出して、アミューズにひっぱってきたことは、昨日の記事でもご紹介しました。

【アミューズ事務所の真実① サザンオールスターズはキリスト教を破壊するために作られた、悪魔崇拝バンド】

実はこの話、以前、関西地方で主に活躍したタレント「北野誠」が、ラジオでしゃべってしまったために、その後北野は、芸能界から干されてしまいました。

北野誠追放まとめ。

しかしその後、バーニング周防本人が、取材を受けてこうしてネット記事になっているのですから、事実なのでしょうね。

 

当時、アミューズの闇を調べていて思ったのは、初めにデビューした「原田真二」が、「青山学院」卒で、その後デビューした、サザンオールスターズも「青山学院」卒。

 

青山学院というのは、キリスト教系の学校で、「メソジスト派」牧師によって建てられて、のちに「日本基督教団」に吸収合併された、「プロテスタント」の教会です。

で、「RAPT理論」の中で、「日本基督教団」が、正しいキリスト教の教理ではなく、悪魔教である事が暴かれました。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

 

メソジストの牧師で、青山学院2代目院長の「本多庸一」には、上記RAPTブログ記事に、以下のような話が紹介されています。

 

「本多庸一」はキリスト教徒と自称しつつも、やはり本物のキリスト教徒ではありません。
 
というのも、彼はキリスト教徒の代表者として政府の関係者とともに会合を開いているのですが、ウィキペディアにはそのときの様子について、以下のように書かれてあるからです。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
1912年(明治45年)2月25日に、内務次官床次竹二郎の企画で、神道、仏教、キリスト教の三派の会同ために政府関者と各宗教の代表が出席した。
 
政府は原敬内務大臣らが出席、キリスト教代表として、本多と宮川経輝、千葉勇五郎、井深梶之助ら7名が出席した。
 
翌日、三派の大乗が再度会合して、決議案を検討した。キリスト教側はこの会同に進んで協力して、神仏二教と同等の待遇を受けたことを喜んだ。これを、三教会同という。
 
---------------------(転載ここまで)
 
仏教と神道の神といえば、その最高神は「国常立尊」であり、すなわち「ルシファー」のことです。
 
で、その「ルシファー」は、キリスト教の神である「ヤハウェ」にとって最大の敵です。
 
そして、当然のことながら、キリスト教徒にとっても「ルシファー」は最大の敵です。
 
それなのに、この「本多庸一」はその「ルシファー」と「ヤハウェ」が同等の待遇を受けたからといって喜んだというのです。
 
はっきり言って、これはクリスチャンとしてあるまじき行為です。まさに神を冒涜する行為です。
 
これだけ見ても、「本多庸一」が本物のクリスチャンでないことは明らかです。彼も確たる「悪魔崇拝者」なのです。

さらに、「日本基督教団」の統理となった「富田満」も、教団設立の際、「天照大神」と「天皇」をわざわざ拝みに行っています。

RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

より一部転載

 

しかも、「本多庸一」のつくった「日本メソヂスト教会」はその後、「日本基督教団」に吸収合併されることになりましたが、その「日本基督教団」の統理となった「富田満」も、教団設立の際、「天照大神」と「天皇」をわざわざ拝みに行っています。
 
以下、ウィキペディアの「日本基督教団」の記事になります。
 
---------------------(以下、こちらから転載)
 
■伊勢神宮参拝
 
1942年1月11日、富田満統理は伊勢神宮に参拝して、天照大神に教団の設立を報告した。
 
「富田統理は十日夜行にて出発し、鈴木総務局長を帯同して十一日朝、伊勢大廟に参拝せられた。而して我が国における新教団の発足を報告し、その今後における発展を希願せられた。」
 
■天皇に拝謁
 
1942年11月26日、富田満統理は昭和天皇に拝謁。
 
「畏くも天皇陛下におかせられては軍団多事の際、政務殊の外御多端に亘らせ給うにも拘らず、特別の思召をもって26日午前10時宮中において各教宗派官長、教団統理者に拝謁仰付けられた。」
 
富田満統理は、この日の光栄を次の如く謹話した。
 
「本日特別の思召を以って私共宗教団体の代表者に対し、拝謁を賜りましたことは、宗教界においては全くはじめての光栄でありまして宏大深遠なる聖慮の程洵に恐悦感激に堪えないところであります。
 
申すまでもなく今日は大東亜戦争完遂のため、我国は総力を挙げてこれに邁進しているのでありますが、私共は特に宗教報国のために感奮興起して愈々一致協力祖国のため、大東亜共栄圏建設を目指して、凡ゆる時難を克服して行かねばならないと思います。
 
この日の感激を銘記して超非常時局に當り、匪躬の誠を致して聖恩の万一に答え奉らんことを期せねばならないと存じます。」
 
---------------------(転載ここまで)
 
「天照大神」とは、これまた聖書の神「ヤハウェ」に敵視されている「アシェラ」のことです。そして、天皇もその「アシェラ」を崇めていましたし、「国常立尊=ルシファー」をも崇めています。
 
それなのに、その天皇と会うことができたことを「光栄」だと言い、その栄誉をムダにしないためにも、天皇のために「大東亜共栄圏構想」を絶対に成功させなければならないとキリスト教の信者たちの前で述べたとのこと。
 
この「富田満」もまた完全なる悪魔崇拝者に違いありません。つまり「天皇」の一味だったのです。

さらに、「日本基督教団」が設立したときに、その式典に使われたのが「青山学院」です。皇紀二千六百年奉祝全国基督教信徒大会

つまり、キリスト教とは名ばかりの「悪魔教」の教理で、未だ運営しているのが、「青山学院」なのです。

(といいますか、日本のキリスト教は完全に「悪魔崇拝者」に乗っ取られている、というのが、今の現状であることが、RAPT理論によって明らかになりました)

 

さらに、「アミューズ事務所」というのは、青山学院とズブズブで、青山学院卒の人物を、芸能界に送りこむ「工作事務所」として作られたのでないか?、と思ったのです。

 

・・・しかし、考えは甘かったです。

Wikipediaの「青山学院大学の人物一覧」を見てびっくりです。

アミューズどころか、様々な分野で活躍する人たちが青山学院卒になっています。

特に、アナウンサーの数が多すぎます!

青山学院大学の人物一覧

「アミューズ」だけでなく、「青山家」の力で、ありとあらゆる分野に、人々を堕落させるべく、いろんな工作員を配置していった、ということでしょう。

 

アミューズに話を戻します。

青山学院の2代目院長の「本多庸一」の出身は、青森県の弘前市。

「アミューズ事務所」創業者の「大里洋吉」も、青森県青森市の出身です。

そして、青森という場所は現在、北海道と共に、ユダヤ人が「ネオ満州」「蝦夷共和国」として、土地を強奪しようと、人工地震を起こしたり、コロナパンデミックを起こしたりしているところです。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

「満州」という場所は、大本教の出口王任三郎によって、ユダヤ人国家を創ろうとして、創られた場所です。

そして、「RAPT理論」で、この「満州」に関わりのある人達はまず「ユダヤ人」の末裔で、上級国民であることが暴かれています。

ここに、有名人や芸能人が皆「在日」だと言われる所以があります。

詳細は、こちらの、RAPTさんのInstagramで詳しく語られています。

なぜ日本で嫌韓が叫ばれ、韓国で反日が叫ばれているのか。

 

サザン桑田の父は、南満州鉄道(満鉄)社員でした。

そして、桑田は、長門裕之にそっくりです。

桑田は間違いなく、「満州人脈」で、上級国民です。

さらに・・・。

大里洋吉と、長門の兄弟である「津川雅彦」が似ています。

大里は、学生の頃からずっと、映画にのめりこんだそうです。

大里洋吉 アミューズ会長の経歴、資産、年収すべて公開致します!

そして、津川雅彦の叔父「マキノ光雄」は 満州映画協会プロデューサー。日本映画界の父、「牧野昭三」から出た家系で、芸能界に相当大きな影響を与えてきました。

イルミナティは、近親婚を繰り返して、自分達の支配を続けてきたことが分かっております。

 

アミューズがこれまで栄えてきたのは、イルミナティだったからです。血筋でのし上がることができた、ということです。

 

そして、満州といえば、「電通」。

サザンは、電通とズブズブです。

 

そして、アミューズの執行役員に、元電通マンがいるみたいですね。

そして、「青山家」というのは、最近、JAL123便を落とした真犯人であることが暴かれました。

「青山家」はイルミナティ「出雲族」。そしてアミューズも「出雲族」企業です。

そして、コロナパンデミックを起こしたのも「出雲族」です。

そして、「東日本大震災」は、JAL123便で「秦氏」を攻撃した報復として起こされた「人工地震」ではないか、と「RAPT理論」で暴かれています。

「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ①3.11のチャリティソングは放射能が危険だという嘘を「洗脳」するために作られた。

そして、蝦夷共和国を創ろうと動いているのは、「出雲族」の中心人物で「青山家」の詐欺師で、「青山みつ」の子孫である「東出融」。

そして、この詐欺師が、電通を作ったアヘン商人でイルミナティ李家の「里見甫」にそっくりです。

そしてこの度、事務所を山梨に移転する、と記事が出ましたが、

大手芸能事務所のアミューズ 7月から富士山麓の山梨県に本社移転へ

 

「富士」は、「出雲族」にとって、とても重要な場所です。

そして、アミューズの小豆島の保養所が、日本のエスプタイン島ともいわれています。

どこまでも闇が深い事務所です。

創業者の大里は、渡辺プロ時代、キャンディーズのマネージャーをしていましたが、その時から、彼女たちに「コルナサイン」をさせてきました。

以下の動画で、そのことについて詳しく解説されています。

彼らは悪魔を本気でこれらを「神」だと崇めてきたのだと思います。ユダヤ人ですから。

悪魔に力をもらって、得た「富」と「名誉」で、アミューズは、今年の7月に、山梨に事務所を移転するわけです。

そして、その事務所に対し、「宗教施設みたい」という声が上がっています。

三浦春馬の死をうやむやにして、逃げるように移転ですか?

三浦春馬の殺され方は、裏切り者に対して行う、ユダヤ人の殺し方だったようですね。

悪魔崇拝者である「イルミナティ」「李家」は、「本当の神様の反逆」を使命としています。

彼らが行っている、悪魔崇拝の儀式やその他、様々なものというのは、「聖書の逆」を行っています。

どこまでも頭が狂っているわけですが、こうして、芸能やマスコミを使って、本当の神様などいないと「洗脳工作」をしてきました。

同時に、自分達の教会以外を排除するために、「信者を装って教会に侵入する」という事も行っています。

東出融も、RAPTさんの教会に度々、工作員を送り込んできました。

出融が出雲族の重要人物であり、私に様々な工作を仕掛けてきた確信犯。

工作員については、他にも有料記事で詳しくお話をされています。

RAPT | RAPT有料記事

 

さらに、悪の巣窟「創価学会」の拠点、信濃町界隈に「日本基督教団」の教会があります。

この事について、RAPTさんのInstagramでもお話されています。

キリスト教の教会を破壊工作しているのは

 

彼ら、ユダヤ人が行ってきた「洗脳工作」は、どこまでも悪です。芸能界もその一つです。

アミューズはその「悪」を行って得たお金で作った施設で、「浄化する」そうです。

真実を書いた記事を勝手に消して、所属タレントの死をうやむやにして、さんざん悪魔思想や、異性の堕落などをさせておいて、詐欺行為を続けておいて、何が「浄化」でしょうか。

ちゃんちゃら笑ってしまいます。

本当に浄化したければ、真実を明らかにして、一度、この会社を壊して、一から「再生」するしかないと思いますよ。

 

Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.