政府は「ワクチンパスポート」を発行して、「完全奴隷化」への足掛かりにしたいが、海外では廃止の動きが活発に。海外行きたさに、安易に接種してはいけない。

イルミナティ李家(政府)は、ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」の導入を、7月をめどに進めている事が明らかになりました。

新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、政府は7月をめどに市区町村が紙の書面で発行する形式により導入する方向で調整を進めています。

ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」はEU=ヨーロッパ連合で導入の検討が進んでいて、日本でも経済界などから海外に渡航する人を対象に早期に導入すべきだという声が上がっています。

これについて政府は7月中旬から下旬をめどに導入する方向で調整を進めていて、これまでに制度の内容を固めました。

それによりますと、ワクチンパスポートは当面、海外への渡航に必要なパスポート=旅券を持っている人を対象にワクチン接種の実務を担う市区町村が接種の記録をもとに紙の書面で発行するとしています。

そして書面には氏名や国籍、旅券の番号のほか、ワクチンを接種した日付などを記載するとしています。

政府はワクチンパスポートの利便性を高めるため、デジタルでの申請や発行も検討することにしています。

 

EUでは、今年7月から運用が始まるようですね。

 

EUは、以下のツイートからも分かるように、創価とズブズブです。

コロナ茶番は、創価学会が実行犯です。

そして、このコロナ茶番は、日本を中心として、悪魔崇拝者達のための「NWO(世界統一政府)」を作るために行われています。

そして、EUの前身である、「汎ヨーロッパ連合」の創設者の「カレルギー」は、「NWO」を提唱した人物です。

NWO(世界統一政府)の提唱者がフリーメーソンであり、日本人であるという確たる証拠。

つまり、「EU」も、このコロナ茶番に積極的に加担する悪魔の組織だという事です。

 

ちなみに、このカレルギーの母親は、「青山みつ」という日本人です。

 

青山家は、日本を最も狂わせている「群馬人脈」の中心です。

RAPT理論+α による解説記事はこちらから。

このブログでも一部、記事にしています。

JAL123便を墜落させ、今でも日本を狂わせ続けているのは、出雲族「三田家」の養子に入った「九鬼家」「青山家」そして「李家」。

という事で完全な「グル」である事に間違いありません。

 

さて、この「ワクチンパスポート」がないと海外に行けなくなる、という訳ですが、このパスポート導入に贖う動きも出てきました。

なんと、スペインとロシアの航空会社が、ワクチンを接種した人は、血栓症のリスクがあるために、飛行機に乗らないように警告しているのだそうです。

さらには、「ワクチンを接種した人」が、飛行機の搭乗を拒否される可能性も出てきたとあります。

さらに、デンマーク、イスラエル、イギリス、アメリカの12の州では、ワクチンパスポート廃止、もしくは廃止の方向で動いているとのことです。

(このツイートにはドイツはしない、と書かれてありますが、ドイツはすでに導入されているようです。)

コロナ茶番を仕掛けた創価学会、中国共産党などの「出雲族」と、コロナ茶番を終わらせたい、麻生太郎、トランプなどの「秦氏(ロスチャイルド本家)」が熾烈な戦いをしています。

イルミナティは、自分達の権力と富のことしか考えていませんので、このままお互いに争い合って滅びていくことを願うばかりです。

 

飛行機といえば、創価企業のANAとJALが、いち早く、職域接種をスタートさせました。

イルミナティは、「創価企業」を使ってなりふり構わず「生物兵器」であるコロナワクチンを打ち殺そうと焦っている。

しかし、今後、ワクチン接種した人を搭乗拒否する流れが強まれば、これらの会社は、完全に「墓穴」を掘ることになります。

それこそ、飛行機を運行したくても、パイロットやCAがワクチンを接種していたら、運航できない、という事態になりますね。

ぜひとも、そうなっていただいて、ANAもJALも、公儀の裁きがなされ、滅びます事を切に祈ります。

 

とはいえ、海外に行きたいからといって、ワクチンを打つも、逆にワクチンを打ったから搭乗できなくなる、というケースが出てくるのは否めません。

そして、ワクチンパスポートは、今後、海外に渡航する人のためではなく、私たちの日常生活を管理し縛るために使われる可能性が懸念されます。

ワクチンパスポートが、「ワクチンを打った」証明になるのであれば、このパスポートを持った人だけが店に入れたり、商品を買えたりなどというように、差別化されてしまう可能性も大いにあります。

ひょっとしたらそこが「真の目的」かもしれません。

イルミナティの計画が全て、ことごとく頓挫し、速やかに滅びます事を心よりお祈りします。

そして、海外に行きたいからと言って、安易にワクチンを接種してはいけません。

後になってどれだけ後悔しても、このワクチンは「遺伝子組み換えワクチン」という構造上、打ってしまったらおしまいなのです。

ぜひともご自身でも調べて真実を知り、救われます事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.