日本の航空会社は「イルミナティ李家」によって創られた「創価学会」によって腐敗しきっています。「JAL123便」を使って生贄儀式を行い、「コロナワクチン」を使って、第二の「JAL123便」を生んでしまう可能性も。

職域接種が21日から開始される1週間前に、前倒しで、JALやANAが接種を始めました。

政府は初めから「猛毒」だと分かってワクチンを打たせ、職域接種を積極的に行う企業は、「ワクチン利権」にあやかるために、従業員をワクチン接種という「生贄」に出す。

 

そして、日本より早くワクチン接種を始めた、世界中の航空会社から、パイロットがワクチン接種後に、死亡したというニュースが相次いでいます。

世界の空が危険にさらされている。コロナワクチン接種後、パイロット死亡が相次ぐ。

 

しかし、未だ、JALもANAも一切、言及していません。

 

それどころか、JALは、日本で使用を見送っていた「アストラゼネカ」コロナワクチンを台湾に届けたと、さも、素晴らしい事をしたかのように自らを演出しました。

日本にワクチンの要請をしたのが、台湾総統の蔡英文(さいえいぶん)でした。

そして、彼女は、創価学会の「池田大作」にそっくりです。

【池田大作の隠し子である台湾総統】日本で使用しないと決めたアストラ製ワクチンを台湾国民に接種して36名が死亡

 

このコロナ茶番の犯人は「創価学会」で、公明党は、ワクチン推進に必死です。

 

という事は、池田大作にそっくりな「蔡英文」も、日本の創価学会とグルだという事です。

 

つまり、人口削減のためにワクチンが使用されている事はもちろん知っていて、コロナパンデミックを起こした目的である、「NWO」に加担している事は明らかです。

そして、日本から送られてきたワクチンを打って、36人の台湾の方が、亡くなったという事です。

 

ちなみに、このニュースを報じているのは、「中天新聞」という、 台湾のメディアのひとつではあるが、「中国共産党側」のメディアとのことです。

多くの台湾人から批判されて、昨年、放映権が更新されなかったメディアなのだそうです。

そう聞くと、一見、このニュースは嘘なのか?と思いますが、

さらに踏み込んで、真実を暴いたのが『RAPT理論』です。

 

『RAPT理論』によって、中国は、創価学会が作った事が暴かれています。

中国は、創価学会が作った。

台湾総統が、創価学会の池田大作にそっくり。

コロナ茶番の犯人は、創価学会。

創価学会池田大作は、イルミナティ李家。

日、中、台湾の支配者はすべて、「創価学会」という一つのキーワードで繋がっています。

つまり、皆「グル」だという事です。

 

イルミナティは、「分断して統治する」というやり方を取ります。

騙されてはいけません。

支配者は、ただ、庶民を殺して、イルミナティによる、世界統一政府(NWO)を作るために動いているのです。

そのために、表向きは戦わせて、敵対しているように見せかけて、しかし実際は、ひとつの目的、つまり「庶民の殺戮」のために、動いているのです。

 

そして、創価企業の一つである「JAL」も、この茶番に積極的に関わり、ワクチンという「殺人兵器」を運ぶのに、一役買いました。

本当に、壮大な茶番です。気持ち悪すぎます。

 

ヒトラーは、庶民は「大きな嘘に騙される」と言いました。

 

しかし、時代は変わりました。

ネットの発達、そして何より『RAPT理論』によって、大きな嘘から小さな嘘まで、洗いざらい暴かれる事となりました。

こんな事に加担している「JAL」「ANA」は、いち早く、パイロットやCAに、ワクチン接種を行ったわけです。

そして、世界のエアラインでパイロット死亡が相次いでいるのにも関わらず、ワクチン接種を止めるわけでもなく、何食わぬ顔をして続けています。

 

JALは、自分達(創価勢力→出雲族、群馬人脈)が拝んできた神『国常立尊』という悪魔を、蘇らせるために、「123便」を使って、520人という生贄を捧げました。

○JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

さらに、ANAも、JAL123便を思わせるような事故(もちろん意図的です)を起こしています。

 

こんな事をする会社に、自分の身の安全を委ねる事ができる訳がありません。

 

もちろん、この事を知らない平社員の方は、一生懸命働かれていると思いますよ。

自分の働いている会社が、これほどまでに悪だったことを知るのは、相当ショックだと思います。

しかし、知らないままだと、自分も会社の「悪」に加担することになりますし、何よりまず、ワクチンによって自分達も殺されてしまいます。

 

ワクチン推進派、否定派と、色々おられる事でしょう。

イルミナティは、「分断して統治する」という手法を取りますので、イルミナティの中でも、「ワクチン否定派」を立てて、推進派と戦わせることをします。

そこで人々を混乱させて、煙に巻くわけです。

 

しかし、イルミナティは今や、ワクチンを打たせることに、なりふり構わず必死になっています。

そして、色々と理屈をこねくり回して、何としても、ワクチンを打たせようとしています。

 

しかし、シンプルに考えて、コロナウイルスによる死者など、周りで聞いた事がないのに、たった数か月のワクチン接種で、次々と死者が出たと聞くようになって、実際に、副作用によって、甚大な被害に遭っている人がいる。

もうそれは現実に起こっているじゃないですか。

しかも治験中で、製薬会社の責任が一切なく、副作用が出ても自腹で治療、さらに、死亡しても、ワクチンの因果関係を認めるケースが未だ、1件もない。

さらに、コロナウイルスが存在する証拠を、世界中のだれも、証明ができない。

しかも、PCRは、コーラでもパパイヤでも、水でも陽性だと拾ってしまう。

性病もインフルも拾う。

しかし、実際に打った人に起こった副作用は、甚大です。

 

そして、色々情報拡散のために調べてきましたが、どの研究者の方も、専門家の方も、共通して指摘されているのは、

治験中につき、人類に使用されるのが初めてだから、今後どういう事が起こるのかが分からない。

という事です。

こんな恐ろしい事実を完全に隠して、マスゴミや政治家、テレビに出るような、製薬会社とズブで、悪魔に魂を売った医者たちは、大丈夫だ、大丈夫だ、と言って、一人でも多くの人達に、ワクチンを打たせようとしています。

 

世の中に流れるありとあらゆる「ニュース」や「報道」から、「真実」をあぶり出して伝えているのは、『RAPT理論+α』だけです。

どうか、真実を知ってください。そして、まずは、ワクチンから自分の命、そして大切な人達の命を守ってください。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.