【6/29更新】これからは交通事故加害者が、「コロナワクチン接種者」になる可能性大。コロナワクチン接種者からは、飲酒していなくても「アルコール臭」が。

千葉県の八街市で、小学生の列にトラックが突っ込み、児童が亡くなったという、痛ましい事故が起きました。

【速報】八街で小学生の列にトラック 朝陽小児童2人死亡 容疑で運転手逮捕、酒気検出(千葉日報オンライン) – Yahoo!ニュース

 

28日午後3時25分ごろ、千葉県八街市八街はの路上で、小学生の列にトラックが突っ込んだ。

佐倉署と消防によると、児童5人が巻き込まれ、うち2人は現場で死亡が確認された。

6~10歳の男女3人は意識不明の重体。

佐倉署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いでトラックを運転していた梅沢洋容疑者(60)=同市八街は=を逮捕し、詳しい事故原因を調べている。

容疑者からは呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出されたという。

 

 佐倉署によると、トラックは電柱に衝突後、道路左側を歩行中の児童5人をはねた。

容疑者は「右から影のようなものが見えてハンドルを切ったら電柱にぶつかった。そのまま子どもたちにけがをさせてしまった」と供述している。  

目撃者が110番通報。駆けつけた署員が容疑者から酒の臭いがしたため呼気検査したところ、基準値を超えるアルコールが検出された。

 

 八街市教委によると、事故に遭ったのは市立朝陽小学校の児童5人。

同小では2016年にも、集団登校していた児童の列に車が突っ込む事故が発生し、児童4人が重軽傷を負った。

市教委の担当者は「八街市の道路はとても狭いため、小学生に危険性は呼び掛けていた」と話した。

このようなニュースが起こるたびに、運転手がハンドルを握る、という事の重大性や責任について、議論されますが、今回、冒頭にこのニュースを取り上げたのには、理由があります。

 

このニュースは、運転手が呼気検査で「アルコール」が検出された事が明らかになっています。

そして、犯人も「お昼に酒を飲んだ」と供述しているようです。(6/29更新)

「昼食の時に酒を飲んだ」児童5人死傷事故

 

28日、千葉県八街市で、下校中の小学生の列にトラックが突っ込み児童5人が死傷した事故で、逮捕された男が「昼食の時に酒を飲んだ」などと供述していることが新たにわかりました。

 

警察は梅沢洋容疑者の身柄を留置の関係で佐倉警察署から成田空港警察署に移送しました。

 

この事故は28日午後3時半ごろ、千葉県八街市で、下校途中だった市立朝陽小学校の児童の列にトラックが突っ込み、児童5人が巻き込まれ男子児童2人が死亡したほか、1人は意識不明の重体、2人が重傷を負ったもので、トラック運転手・梅沢洋容疑者が現行犯逮捕されました。

 

警察は29日午前8時過ぎに、梅沢容疑者の勤務先の運送会社と自宅に過失運転致死傷の疑いで家宅捜索に入りました。

 

梅沢容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されていますが、その後の捜査関係者への取材で、梅沢容疑者が「昼食の時に酒を飲んだ」などと供述していることが新たにわかりました。

 

調べに対し、梅沢容疑者は容疑を認めていて、「右側から人が出てきたのでよけようと左に急ハンドルをきった」と話していますが、警察が現場付近の防犯カメラを調べたところ、人の姿は確認できなかったということです。

 

警察は今後、容疑を危険運転致死傷に切り替え、捜査を進める方針です。

 

今後、コロナワクチン接種の影響によって、このような事件が起きかねない、という事です。

 

まずは、世界中に、ワクチン接種が原因で起きたと思われる、交通事故が多発していると書かれたブログ記事をご紹介します。

 

日本や世界や宇宙の動向 4/30-その2 ワクチン・ゾンビによる交通事故が多発中

世界中でコロナワクチンの集団接種が始まってから、何やら奇妙な出来事が起き続けています。
なんだか不気味です。

メディアはワクチンによる深刻な副反応や死亡ケースについては殆ど報道していませんが、かなり多くの人達に副反応が出ており、多くの高齢者が死亡しています。

グローバリストの人口削減が実施されてしまっています。
ワクチン接種後に頭がぼーっとしたりめまいがしている人も多いようです。

そのような状態で車を運転するとどうなるか。。。想像しただけでもぞーっとします。

これから多くの高齢者がワクチンを接種するとなると、普段から高齢者の交通事故が多発しているのに、ワクチンで副反応を起こし頭がぼーっとしている高齢者が運転するとあちこちで事故が多発するでしょう。

安全運転をしているドライバーがワクチン接種者の事故に巻き込まれて命を落としたら元もこうもありません。

 Vaxxidents. Vaxxed zombies behind wheels of cars are killing people. | (tapnewswire.com)
(概要)
4月27日付け

投稿されたいくつかのコメントをご紹介します。
(途中で字体が変わってしまいましたがご了承ください。)

ノースカロライナのトラック・ドライバー曰く:

私は会社を興してから毎日働いてきます。毎日自宅からI-40を経由してローリー・ダラムのオフィスまで車で通勤しています。
最近、様々な種類の車両による奇妙な交通事故が増えていることに気づきました。
多くの場合、一車線の道路を走行中に突然車両が道路脇につっこみ衝突しています。
悪天候が原因ではありません。
また、私は、車を左右に揺らして走らせたり突然ブレーキを踏みノロノロ運転を始めたりしているぼーっとしたドライバーに出くわすようになりました。
彼らは、周辺道路では時速10マイル以下で走行しますが、主要道路ではかなりのスピードで走行しています。
私は、長い間、トラックを運転してきましたが、このような酷い運転のドライバーを見たことはありません。
まさかワクチンを打った人たちの副反応(脳損傷など)が原因ではないでしょうね。

オーストラリア人曰く:

ここオーストラリアでも同じような怪現象が起きています。最近、意味不明の交通事故が頻発しています。突然、車が道路脇の溝や川に落ちたり、電柱や他の車に衝突したりしています。しかもスピードを出していないのにです。まるでドライバーが運転中に然心臓発作を起こし意識を失ったかのような感じです。2、3週間前からそのような変な事故が起きていますが、特に先週からはかなり増えています。また、駐車場で車をどこに駐車するかを決めることができずに空いている駐車スペースの前を何度も通過した後に変な場所に停めているドライバーも見かけます。

メイン州のトラック・ドライバー曰く:私はすごいものを発見しました。制限速度をはるかに下回るスピードで道路を走行しているドライバーが何人もいるのです。

前を走っているのろのろ運転の車を対向車線にはみ出して追い越しながらドライバーをチラ見しています。

(確かに2階の部分のライトが暗くなっています。この意味は??)

 

過去2、3週間で状況がかなり悪化しています。

幸い、私は休暇中なので車を運転していません。

状況がこれ以上悪化したなら配送業を止めなければならないかもと考えています。

 

私はコロナで死ぬことに恐怖を感じていませんが、ワクチンの副反応が出ているドライバーによる交通事故で命を奪われることに恐怖を感じます。

 

その他の人たち、曰く:

・私の義父はかなりのワクチン推進派です。

彼は、2日前にワクチンを打ちましたが、この2日間めまいがひどく頭がくらくらしています。

このような副反応が出てしまったため彼は運転を止めました。

めまいがひどく頭がくらくらしている人が運転するとどうなるかわかりますね。

 

 

私は米国中で車が道路脇の木に激しく正面衝突している事故を何度も目撃しています。

しかもシートベルトを締めていないドライバーを何人も見かけました。

 

・私は、最近、姉(妹)のSUVに同乗し彼女と一緒に入院中の親戚のお見舞いに行きました。

彼女は看護師で3か月前にコロナワクチンを打ちました。

彼女は何十年も運転経験があるのに、ワクチン接種後、車線をはみ出しなしかしがら左右にふらついた運転をするようになりました。

彼女は数十年間事故にあったことがありません。

しかし2日前に事故を起こしてしまい、まさに危機一髪でした。

彼女はワクチンを接種後に何等かの副反応があったようですがそのことについては何も言っていませんでした。

・金曜日にニューヨークの郊外のホーンネルに買い物に出かけましたが、帰宅すると、私の配偶者が、州間ハイウェイ(19)がいかにおかしな状況になっているかを話してくれました。

多くのトラックが二重線すれすれに走行し、多くの普通車が道路をクネクネと走行していました。

まるでドライバーの頭がいかれてしまったかのようだと言っていました。

 

みなさんもこのような光景を目にしていますか。

この他にも、以下のページでも、ワクチン接種後の自動車事故について紹介されています。

ワクチデント警報:ワクチンの副作用による自動車事故が全米の道路や高速道路で多発している

 

コロナワクチン副作用による副作用や死亡の報告は後を絶えませんが、BA(ブリティッシュエアウェイズ)のパイロットをはじめとする、世界中のパイロットが、副作用により死亡している事が明らかになっています。

世界の空が危険にさらされている。コロナワクチン接種後、パイロット死亡が相次ぐ。

ここまで読まれた方は、千葉の事故は、犯人はアルコールを飲んでいたであろうに、どうしてコロナと結びつけるのだ、と思われたかもしれません。

実は、コロナワクチンを接種した人の呼気からは、アルコール臭のようなものが出ると指摘している人達がいるからです。

 

コロナワクチン接種者から、「スパイクタンパク」が出ている事は、「ファイザー社」も認めています。

今日から職域接種が始まりましたが、決して打ってはいけない。「コロナワクチンを打った人は、周りに感染させてしまう」という事を「ファイザー」は認めている。

(6/29更新)

この千葉の事故に関わった警察官は、コロナワクチン接種者から、このようなアルコール臭がする事を知らなかった(もしくは隠蔽)した可能性があります。

イルミナティは、今後、「コロナワクチン接種者」による交通事故が多発する可能性を分かっていて、このような事件を大々的に報道している可能性があります。

彼らにとって、報道するという事は、彼らなりの「意図」がはっきりしていて、国民に真実を伝える、だとか、そういう気持ちは1ミリたりともありません。

今、彼らは、「コロナワクチン」を打たせて、一人でも多くの国民の精神と肉体を壊す事を目的として動いているので、イルミナティが提供するニュースを鵜呑みにすることはできません。

 

いずれにせよ、これから、この手の事故が増えても、何ら不思議ではありません。

しかし、政府やマスコミは、決して「コロナワクチン」との因果関係を頬めかすような報道はしませんから、私たちは、真実を知り、一人でも多くの方が、ワクチン接種を止める、という選択をしなければならないと思います。

 

同時に、ワクチン副作用により、運転に支障がでる事を知り、運転時や道路では、今まで以上に細心の注意を払う必要があります。

 

ありとあらゆる真実を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.