庶民を殺したい政府(李家、群馬人脈)からすれば、コロナワクチンを接種した人は、はっきり言って「用済み」なのです。だからこそ、真実を知りましょう。

なかなか強烈なタイトルをつけてしまいましたが、事実だから書いています。

今日、こんなツイートを見かけました。

ワクチンを接種したことで、副作用(めまいのような症状の様子(ぐらぐら)、浮遊感)が出るも、改善しないために、ついに退職する事を決めたそうです。

かなり赤裸々につづられているので、すごく苦しまれている様子が伝わってきますが、彼女をさらに苦しめているのは、彼女が未だ、この「嘘」を信じているからです。

ワクチンが「悪」ではない。

自分に問題があって、このような症状が起きた。

ワクチンについて、彼女が「無知」である事が、彼女をさらに苦しめているのだと気づきました。

 

ワクチン接種によって、副作用に苦しむ人は、「ワクチンが猛毒で、治験中で、殺戮兵器として使われている」真実を知らないから余計に苦しいんですよね。

 

確かに、打つ前に知る事が出来なかったことは、大変に不幸な事だったと思います。調べようと思えば調べられたものを、マスコミや同調圧力によって、何となく打ってしまったのでしょう。

とはいえ、もう打ってしまってからでは、時すでに遅しで、どうしようもないのです。

 

しかし、副作用以上に、現在の彼女の心を苦しめているのは、「ワクチンが悪くない」という考え。

これは正しくありません。

 

ワクチンは毒です。猛毒です。

ワクチンは明らかに人殺しのために使われています。

そのために、このワクチンについて、正しい事が一切、テレビや新聞では報道されません。

テレビや新聞で報道されることは、耳障りの良い情報や、とにかくワクチンを打て打て、と直接的でなくとも、遠回しに圧力をかけて、打たせようとするやり方ばかりです。

従順でおとなしい日本人は、同調圧力に働きかけるのが大変効果的だと分かっているからでしょうね。

しかし、嘘を信じていれば、苦しいままです。

 

身体の中に「猛毒」を入れられたから、異変が起こり、その症状が未だ改善しない。

これが真実です。

そして、人によって副反応が違うというのは、ロットによって、ワクチンの濃度が違うからです。

そして、この「ワクチン」について、「ワクチン」の事だけを見ていても、決して真実にはたどり着きません。

 

真実は、2014年にRAPTさんがブログで、この世の支配者の正体や、その他、世の中の真実を、『RAPT理論』という形で暴いてくださったことで、真実にたどり着くことができるようになりました。

RAPTブログ

 

そこで、この世を支配しているのは、「悪魔」を拝む「悪魔崇拝者」で、それらの正体は、「イルミナティ」というユダヤ人であること、そしてイルミナティは、「海外」だけでなく、「日本」にも「李家」と呼ばれるイルミナティが、ありとあらゆる分野に蔓延り、庶民を苦しめ続けている事が暴かれました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

そして、このコロナパンデミックは、李家である「大本教」の出口王仁三郎の計画によるもので、

同じく李家の「池田大作」「創価学会」が、実行部隊となり、

「新コロナウイルス」が猛威をふるったと「嘘」をつき、経済的、精神的に追い詰めて、

土地や企業を強奪し、安くで買い取ったり、新たに「スマートシティ」という超管理社会を作り、そして人口削減のために、庶民を殺そうとしているのです。

つまり、はじめから完全な「茶番劇」に過ぎません。

しかし、私たちは、マスコミに真実が分からないように「目くらませ」させられて、真実を隠されて、間違った事を洗脳させられています。

 

街中に出れば、すぐに分かります。

未だ、マスクという、何の効果もない、まったく無意味なものを外せない人が大半なのですから。

 

そして、今日ご紹介した方のように、一度ワクチンを打って、副作用が出た時、国や医者は、手の平を返したように、そっぽを向くわけです。

もし、まだ少しでもワクチン接種を迷っておられる方は、この現実をぜひとも知っていただきたいです。

そして、副作用にかかる費用は、「自費」になります。国に請求はできません。

 

挙句の果てには、政治家は、自分たちはワクチンを避ける事ができる、という法改正も行っています。

このコロナ茶番が創価学会が実行部隊で行われているとお伝えしていますが、

創価学会は、(もう死んでいますが)池田大作が『総体革命』というものを打ち出して、日本を池田が支配することを目的に作られてきました。

人としての倫理、常識を逸脱する「創価学会の暴走」。完全崩壊はすぐそこまで来ている。

 

その池田大作は、「ローマクラブ」というイルミナティが作った組織の名誉会員で、ローマクラブが行おうとしている事のひとつが、やはり「世界の人口を削減させる」という事です。

そして今、日本は創価学会に牛耳られていて、その中でも、「群馬人脈」が、その核心にいる事がRAPT理論で明らかになりました。

このように、極めて『RAPT理論』は筋が通っています。

日本のマスコミでコロナの真実を一切報じないのは、たしかに製薬会社がCMに入っている事もありますが、それよりも、この日本を牛耳っているのが『創価学会』なのですから、創価がやりたいことと相反する事は伝えるわけがないのです。

そして、公明党がどうしてあれだけ『ワクチン接種』を推し進めたがるのかというと、創価学会が、大本教の影響を大いに受けている、という事もあるでしょうが、

池田大作が『ローマクラブ』の名誉会員だから、創価も、そのローマクラブの取り組みに準じるというのは、簡単に想像できます。

という事は、彼らが、この活動(コロナパンデミックや、コロナワクチン接種)を自ら辞める事はまずありえないという事です。

だから、私達はきちんと真実を知って、自分達の身を守っていく事が大事です。

ワクチンを打つのは自由意志だ、などとおっしゃる方がたくさんおられます。

たしかに、無理やり従わせることはできませんが、「ワクチンの猛毒性」に加え、「政府は庶民を殺しに来ている」真実が分かった時に、それでも自由意志だ、と言えるでしょうか。

 

「真実」を知る事は、真に自分の身を守ることになります。

ワクチンは一切打たない、という選択をする事が大事です。

 

そして今、どんどん悪事が暴かれて、イルミナティ同志でのし烈な「潰し合い」が起こっています。

という事は、庶民は次々と真実に目覚める人が増え、政府側は争いにつぐ争いに、どんどん弱体化しているという訳です。

今日の『RAPT理論+α』の記事でも触れられた通り、「自民公明の連立が終焉」を迎える流れになれば、これから、コロナワクチン接種ももっとうまくいかなくなり、頓挫する可能性も出てきます。

 

真実は力です。

一人でも多くの方に、真実が拡がり、『RAPT理論』が拡がる事を切にお祈り申し上げます。

そして、コロナ茶番が完全に頓挫して、創価学会、李家、群馬人脈の滅びを切にお祈り申し上げます。

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.