• ついに「2023年」が到来しました!

日本財団の悪

IT分野の言論弾圧の中心は孫正義、集団ストーカーの黒幕は北尾吉孝。

随分久しぶりの投稿となりました。   世の中は本当にめまぐるしく変化しています。 そして、連日、「RAPT理論」によって、今まで隠されてきた「悪」が露わになり続けています。   これまでRAPTさん達に対し、言論弾圧を行ってきたり、集団ストーカーを行ってきた新たな犯人が暴かれました。   ITの分野においては「孫正義」です。 【ADC(アジア・ダイレクト・ケーブル)】中共のスパイ「孫正義」、5Gの光海底ケーブルで日本と中国を接続し、個人情報や国家機密を中国共産党に筒抜け状態にしようと計画していることが発覚https://t.co/NwoWD5rOGK — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) October 4, 2022 【言論弾圧の最大の黒幕・孫正義】「日本ファクトチェックセンター」を設立し、中共の工作機関「朝日新聞」の元記者と「早稲田大学」の学生を使って真実の情報を「デマ」と決めつけ弾圧https://t.co/sdV6zDD1dT — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 30, 2022 そして、RARTさんの元に「集団ストーカー」を送り込んできたのは、「SBI証券」の「北尾吉孝」です。 SBIの北尾吉孝は、中国投資協会の戦略投資高級顧問 北尾吉孝は中国共産党のブレーンとしてデジタル人民元を推進 大阪の国際金融センター、スマートシティ化を目指す北尾吉孝 中国金融機関と合弁会社を設立し 日本の地銀に中国の金融IT技術を導入 SBIグループ傘下にある地方銀行の1つが「愛媛銀行」 https://t.co/D7e4nTPjPk pic.twitter.com/Y6Dbys4yd2 — 本の一歩 (@honnoippo) November 13, 2021 でてきた、出てきた。 🔴 菅首相、北尾SBI社長と会食 地銀再編で意見交換https://t.co/FBccTkhAhf はい、確定。 RAPT氏に集団ストーカー工作を仕掛けている機関はSBIホールディングスです。 社長の北尾吉孝はライブドア事件でホリエモン潰した人物。 つまり、創価の中心人物。 https://t.co/SL4pDfROyT — PROJECT EXPOSURE (@rplaKTyqAVCwfhH) November 16, 2020 孫正義はこれまで、ワクチン接種の普及、太陽光発電詐欺を始め、数々の悪事がRAPT理論によって暴かれてきましたが、今度は、5G回線を引き、機密情報を中国共産党に渡そうとしている、という本当に恐ろしい事をやろうとしている事が明らかになっています。 李家の孫正義、ワクチンによる人口削減計画のため福岡ペイペイドーム提供 https://t.co/DEwCzdLEn6 — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 10, 2021 【やはり熱海は李家に狙われていた】土砂災害の黒幕は、孫正義と小泉一家と竹中平蔵(李家)である可能性大 https://t.co/L1aKulfcwq — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 7, 2021 ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か https://t.co/caLepNOTPk — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) May 27, 2021 【黒幕は孫正義】日本人の個人情報を韓国・中国に横流ししていた「LINE」と渦中にある「UUUM」は一心同体だった!!https://t.co/dtjqpEk2Nv — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) October 19, 2021 政府が自己負担でPCR検査を受けるよう国民に要請 実は孫正義(李家・創価)の設立した「SB新型コロナウイルス検査センター」への利益誘導が目的だった!!https://t.co/ETFpNzE2dM — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 10, 2021 創価企業・楽天の三木谷会長「デジタル社会構想会議」で移民政策を強調 岸田政権下で着々と進む売国政策(背後に孫正義、池田大作‥etc)https://t.co/T0cxiOdKmh — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) October 19, 2021 【第17回】ミナのラジオ- 福島原発事故は孫正義のボロ儲けのタネだった!! ...

Read More

「太田光の統一教会騒動」で分かった「ギャンブル」が生んだ売上を「助成金」として受け取り、慈善事業を行う「日本財団」とそのマネーにしがみつく「芸能界」。

昨今、自身のテレビ番組での発言により炎上が続いている、漫才コンビ「爆笑問題」の「太田光」。 どんなに批判されても、自分の意見を変える事なく、ずっと統一教会を擁護する発言を続けています。 統一教会を全力で擁護する著名人ら(太田光・三浦瑠麗・パックン)が国葬に賛成  国葬の2日後に控える「日中国交正常化50周年」の記念式典から国民や諸外国の目を逸らすためのスピンかhttps://t.co/71hzJmmddj — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 8, 2022 その理由は、太田光が創価学会の初代会長「牧口常三郎」の血縁である可能性が非常に高く、その親戚である「日本財団」の「笹川良一」とズブズブである「統一教会」のカルト利権を守るためだと暴かれています。 【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守かhttps://t.co/y6jFXpNyzy — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) September 1, 2022 #牧口常三郎 という、創価学会創始者に激似の #太田光 が、自分の素性がバレたから、コロナ騒動にかこつけて、#陰謀論 否定という時代遅れの発言 芸能人は #上級国民https://t.co/MEQvxl7iyh 太田光がテレビで訴えた「陰謀論や分断をやめよう」のメッセージ(水島宏明) https://t.co/zlQCmh3wiY pic.twitter.com/GsRnTmaB1t — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) April 5, 2020 これはたまげた。サンジャポで「お寺」と「統一教会」を同列に論じる太田光。もう太田光をテレビに出すな pic.twitter.com/NAA6GkLH7k — 滑稽新聞 (@akasakaroman) August 28, 2022 そしたら、15日、太田の妻で、所属事務所「タイタン」の社長、「太田光代」が、法的措置も辞さないと声明を出しました。 旧統一教会をめぐる爆笑問題の太田光さんの発言に、SNSで批判が目立ちます。「#太田光をテレビに出すな」がトレンド入りするなか、所属事務所は誹謗中傷やデマに法的措置をとる意向を示しました。「宗教2世」であることを告白した太田光代社長が改めて考えを語りました。https://t.co/LTvjIC5kiv — 弁護士ドットコムニュース (@bengo4topics) September 15, 2022 そして今日、太田光代、そして太田光のインタビュー記事が、続けてyahooニュースからアップされました。 【コメント2000件】太田光代さん 宗教2世告白の真意#Yahooニュースhttps://t.co/sI674mexhy — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) September 16, 2022   爆笑問題・太田光さんは高校時代、入学初日にクラスメートに話しかけるきっかけを見つけられず、三年間、誰とも会話がなかったといいます。気づけば「死すらも間近に感じた」という太田さんを救ったのは、ある一枚の絵でした。#今つらいあなたへ #Yahooニュース #太田光https://t.co/hponbxXW7I — Yahoo!ニュース (@YahooNewsTopics) September 16, 2022 まず、妻の光代の記事が出ました。   内容は、法的処置に至った理由と、自分が「宗教2世」である事についてです。   そして今度は太田光が、高校生の頃、全く友達ができずつらい日々を過ごしたが、ピカソの絵を見て救われた、という話が紹介されました。   これらの記事に一定の理解を示す人もいる中、疑問や批判も相次いでいます。 太田光代氏の主張というのは、太田光氏の発言には落ち度が無く、批判するネット民は悪ということなんですね。太田光氏の主張は、太田光代氏が宗教2世という私見に基づいているため、客観性が無いという検証はされてるのでしょうか。この問題の根本には光氏の発言があるとの認識を。#太田光#太田光代 — 赤色法師 (@red_hohshi) September 15, 2022 太田光代さんは、所属タレントで旦那の太田光さんの政治に対しての暴言は、お笑いだからって仕方無いと言い。太田光さんに対しての暴言は法で裁くというか?夫婦揃って。 — 丹 (@taikouboutan) September 15, 2022 太田光代「生まれる前から入信させられて酷い目に遭わされていて脱会した」←わかる 太田光「だから統一教会を擁護します!」←わからない 単に安倍と自民党の統一協会との繋がり擁護為にしか見えない — zetumu (@zetumu) September 16, 2022 こちらは太田光の記事に対するコメントです。 ...

Read More