• 「RAPT理論」から教わったことをご紹介しています。

【政府は「イルミナティ」という名の「製薬マフィア」の手下】どうして「ワクチン関係者」がこぞって打たない「ワクチン」を、5歳から11歳の子供に打たせるのか?

(冒頭の写真、この行為が本当に「正しい」行為だと言えるでしょうか。)

 

イルミナティ、悪魔崇拝者で成り立つ「製薬マフィア」にとって、「誰に」打とうとも、お金さえ入ってこれば、それでいいのです。

治験結果がでた事で、日本でも接種をするキッカケになったのだと思います。(実際は、はじめから予定してたでしょうが、表向きはそうしておくのでしょうね。)

[ニューヨーク 22日 ロイター] – 米ファイザーは22日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの5─11歳を対象とする臨床試験(治験)で、90.7%の有効性が示されたと発表した。

 

米食品医薬品局(FDA)への提出資料によると、治験には2268人が参加。プラセボを投与した参加者のうち16人が新型コロナに感染した一方、ワクチンを接種した参加者で感染したのは3人で、ワクチンを接種した参加者はプラセボを投与した参加者の2倍以上だったため、有効性は90%以上になったという。

 

5─11歳の参加者は10マイクログラムのワクチンを2回接種。これは12歳以上が接種するワクチン量の3分の1に当たる。

 

FDAの外部専門家による諮問委員会は来週26日に会合を開き、5─11歳へのワクチン接種を承認するようFDAに勧告するか採決する予定。

 

FDAのスタッフはファイザーが提出した資料に関するレビューを22日中に発表する見込み。

 

ファイザーはまた、安全性に関するデータの改善に向け治験を拡大し、子どもの参加者数を2倍以上に増やしたと発表。資料によると、ワクチンの安全性を巡る新たな懸念は示されなかった。

 

以前、このブログ内で書いた

現時点で「1198人」の死者を出した「ファイザー」ワクチン。社員はだれも打たない「ファイザー」ワクチン。そんなワクチンを、コロナによる死亡が1件もなかった「10代」「20代」にゴリ押し。

という記事の中でもご紹介したのですが、「ファイザー」の社員は打たない、というのが常識です。

 

そして、アメリカのファイザー「現役研究員」も、「おとり捜査」により、「自然治癒力がワクチンに優っている」事や、写真には「ワクチンは安全」だと洗脳している事、そして、「ワクチンパスポート」も、未接種の人の生活を不便にする目的で行われている事などを暴露しました。

現役のファイザーの科学者は、ワクチンよりも自己免疫の方が優れている事を分かっている!

 

さらに、別のファイザー「現役社員」と「ピッツバーグ大学」の告発により、ワクチンの中身が「生きたままの胎児の臓器(腎臓)」を取り出した「細胞株」を使っている事、つまり、「生贄儀式」が行われている事が、明らかになりました。

【コロナワクチンはこのようにして作られる!驚愕の真実が明らかに】意図的に中絶させて「まだ心臓が動いている胎児」の身体にメスを入れて、そこから取り出した「腎臓」が使われている。

そして、元ファイザー副社長の「マイケル・イードン」氏によって、コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年であり、

さらには、子供の接種による、死亡リスクは「50倍」だと言っています。

そして、元ファイザー職員の「カレン・キングストン」氏によって、ワクチンの中身は「酸化グラフェン」である事、「寄生虫」が入っている事などが暴かれています。

そして、ファイザーワクチン接種後の妊婦から、2人もの奇形児が生まれ、胎児の死亡もすでに3件発生している事が明らかになっています。

ワクチンの事をよく知る関係者は、声をそろえて「打たない」「打たない方がいい」「打ってはいけない」と言っている意見と、発症を抑える効果が90%の治験データが出た、というマスゴミの意見。

しかし、「コロナウイルス」の存在は証明されていませんし、

その「ねつ造コロナ」で、コロナ患者を必死にかき集めても、30代までは、コロナによる死亡は一人もいなかったのです。

 

どちらの意見を信用しますか?

冷静に考えれば、答えはすぐに出ます。

 

どうか、「未来ある子供」にワクチンを打たせるという「大罪」を犯されない事を切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる真実を伝え、真実の「読み解き方」を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA