「ビル・ゲイツ」と「アミューズ」と「桑田佳祐」とのズブズブな関係と「李家」の「ビートたけし」。庶民を騙し、堕落の道に突き落とした「イルミナティ李家」はますます滅ぶ運命に。

昨日の「RAPT理論+α」の記事で、「ビル・ゲイツ」に有罪判決が下り、10月5日に「米軍」によって「絞首刑」にされる、という情報が紹介されました。

まずは、全文をお読みいただけるとありがたいのですが、今日のこの記事では、その中で、エイズについて書かれた「この部分」に注目したいと思います。

(一部転載)

 

また、ゲイツによる大量殺戮はインドにとどまらず、エイズの治療法を開発したと主張して、コンゴ民主共和国に毒薬をばら撒き、少なくとも2万7千人のアフリカ人を殺害したことも判明しています。

 

「ビル・ゲイツ」は、ワクチンをばら撒いただけでなく、存在しない「エイズ」の治療法を開発したとして、27000人のアフリカ人を殺害した。

 

エイズと言えば、「AAA」(Act Against Aids)として、長年、「アミューズ事務所」の「桑田佳祐」が中心となって、コンサートが開かれていました。

「アミューズ」と言えば、ビル・ゲイツと同じ、「出雲族の群馬人脈」であり、創価企業だと明らかになっています。

そして、「アミューズ」は、豊島という所に「日本のエプスタイン島」という異名を持つ保養所を作りましたが、そこで、少女誘拐や性的虐待が行われているのでは、と疑われています。

【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

そして、その闇を暴き、公表しようとしていた「三浦春馬」が、創価学会、李家によって殺害されたこともわかっています。

 

そもそも、エイズという病気は存在しない事が、「RAPT理論」で暴かれいます。

それを「ビル・ゲイツ」は、エイズという病気をねつ造して、治療薬を使って死者を増やしました(薬害エイズ)。

一方、「アミューズ・桑田佳祐」は、エイズに対する偏見をなくそうと言って、長年に渡りコンサートを開き収益を上げていました。

これは、今のコロナ茶番と構造が同じです。

「ビル・ゲイツ」が、偽の「コロナ」を煽り、ワクチンを打たせる。

そして、その「コロナ」に負けずに頑張ろう、と「サザン」がコンサートを開き収益を得た。

本日6月25日、日本で最も「悪魔思想」を広めたバンド「サザンオールスターズ」が無観客ライブをするそうです

 

彼らは、イルミナティ李家、出雲族、群馬人脈だけで儲けようと目論む「とんだ詐欺師集団」です。

 

そして、「AAAプロジェクト」の収益が、かなり不透明だったため、その事について、三浦春馬は真実を暴こうとしていたから殺されたという情報もあります。

創価企業である「アミューズ」所属の三浦春馬は、創価学会によって殺されました。

 

やはり、「アミューズ」と「ビル・ゲイツ」は、かなり前からズブズブの関係になるのですね。

だから、「アミューズ」が、「日本のエスプタイン島」を作ったのですね。

辻褄が合いますね。

 

しかし、「ビル・ゲイツ」が死んでしまったら、出雲族の勢力は一気に劣るでしょうね。

という事は、アミューズの隠された闇や真実が、さらに明らかになるのでは、と思いました。

 

そして、三浦春馬が殺されて、アミューズの評判は地に落ちたにも関わらず、未だに、桑田佳祐が、何事もなかったかのように普通に活動を続けています。

最近は、同じく創価企業で李家の「ユニクロ」のCMに出演しました。

桑田佳祐が異様に守られている事はずっと感じていて不思議だったのですが、「ビル・ゲイツ」の力によって守られてきた可能性もなきにしもあらずですね。

しかし、これからは潮目が完全に変わるでしょうね。

といいますか、もう実のところ、本当の「桑田佳祐」が生きているかどうかも怪しい所です。

 

向かって左の写真は、今年の2月の桑田の誕生日を祝った時の写真を、今の社長がTwitterで挙げていたものです。

右の写真は、インタビューに答える桑田です。

明かに顔が違いますよね。化粧でここまで変わるでしょうか。

右の人物のおでこを見ると、何か被っているようにも見えます。本人がしわを伸ばすために何かをかぶっているのかもしれませんが、

以前、このブログでも、桑田佳祐にも影武者がいた事をご紹介しました。

「サザン」は本当の神を冒涜するための悪魔崇拝バンド ②桑田佳祐はひとりではありません。

 

そして、同じ事務所の福山雅治も、「ゴムマスク福山」が存在することが明らかになっています。

そして、桑田も例外なく「ユダヤ人」で、「上級国民」です。

上級国民である桑田佳祐は、僧侶の代わりに「悪魔教」を広める歌手だった

 

上級国民についてはこちらの動画で詳しく説明してくださっています。

イルミナティである事は明らかなのですから、死んでいても、別人が立っていても、何の不思議もありません。

イルミナティは今や、誰の目から見ても、衰退ぶりが凄まじいです。

だから、彼らとしては、何としてでも、嘘を貫き通さなければなりません。

 

そしてさらに、桑田の新曲が、劇団ひとりが監督を務め、「ビートたけし」とその師匠を描いた「浅草キッド」という映画の主題歌になりました。

「ビートたけし」と言えば、「大本教」の開祖「出口なお」や、朝鮮文学の祖と言われる「李光洙」にそっくりである事が暴かれ、これまた「イルミナティ李家」の人間であり、上級国民であり、「血筋」で成功できたことが暴かれました。

「浅草キッド」は、たけしの下積時代を描いたもので、世間一般では、苦労して這い上がってきた、ように思われており、今回このような映画を作ったのも、洗脳のためでしょうが、それも完全な「嘘」である事が暴かれました。

ちなみに、ビートたけしと、「李光洙」がそっくりである事が書かれた記事は、Googleは即座に見れなくしたそうです。

それ程、「向こう側」にとっては、知られたくなかった事実のようです。

 

「ビル・ゲイツ」は、ワクチンや薬で人々を殺し、または体を壊し、桑田は、音楽で人々を堕落させて、たけしは、お笑いで人々を堕落させ、それぞれ知能を壊しました。

彼らは、人々を愚民化させることに尽力した、イルミナティです。

だから長年の間、活躍ができたわけです。

 

しかし、ビル・ゲイツが滅べば、「コロナ茶番」の先導者が滅ぶことになりますから、ますます、コロナ茶番を続けていくのが難しくなるでしょう。

それと同時に、今まで彼らが行ってきた悪事や真実が、次々と暴かれることになるでしょうね。

 

コロナ茶番をきっかけに、ありとあらゆる分野の真実が暴かれて、一人でも多くの人が目覚められることを切にお祈り申し上げます。

 

ありとあらゆる分野の真実を発信し、真実の読み解き方が分かるようになるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.