• ついに「2023年」が到来しました!

shinjitsu7 Post list

マスゴミによる「情報弾圧」がますます露骨に。これらを行う唯一の理由は「ワクチン接種による人口削減」。

「ワクチン接種」が疑われている「野々村真」が、コロナウイルスに感染して、肺炎になり、予断を許さない状況にある、と大々的に報道されました。 調べましたが、元ソースが次々と削除されていってますね。何かの異様な圧力を感じます。私自身も彼が接種した記事を過去読んでいるので、絶対間違いないとは思ってますが。#野々村真 pic.twitter.com/wo9YUOH3RK — 🇯🇵 Etsuko Nozakova(毒💉拒否) (@AngrySheep225) August 9, 2021 ワクチン接種が疑われる状況の中で、「打ったか打ってないか」を明らかにせず、存在しない「コロナウイルス」に感染した、と騒ぎ立てるマスゴミ。 「ワクチンの副反応」である事を隠しているのか。 もしくは、「コロナ茶番」はあるものだと洗脳するためにやっているのか。   一方、死亡が分かった時に、当初は「コロナワクチン接種」と書きながら、秒殺で削除、変更された「中日」木下投手。 創価企業Yahoo!JAPANもワクチンの危険性に関する情報を弾圧すると表明https://t.co/6by6iHWjDy 🟡まさに言論弾圧の証拠というわけですね👇🏻 https://t.co/r4S3coK69J pic.twitter.com/VSgXrseGmV — 雲虹カフェ (@x3NE3J1XpipyKAD) August 6, 2021 まず、こちらが7月29日付のスポニチの記事です。 中日・木下雄 緊急入院していた 6日練習中に倒れ、現在も予断許さない状況   中日の木下雄介投手(27)が緊急入院していることが28日、分かった。   加藤宏幸球団代表は「球団として今はお答えすることはありません」と詳細を伏せたが、球団関係者によると今月6日、ナゴヤ球場での練習中に倒れ、名古屋市内の病院へ救急搬送された。   現在も入院中で、予断を許さない状況であるという。    木下雄は3月21日の日本ハムとのオープン戦で8回の登板中に右肩を脱臼。4月には負傷した右肩に加え、右肘の内側側副靱(じん)帯の再建術(通称トミー・ジョン手術)を行い、今季中の復帰は絶望ながら、リハビリに励んでいた。   中日は親会社、中日新聞社の職域接種を利用し、新型コロナウイルスのワクチン接種を行っており、2軍の選手らは6月28日に1度目の接種を受けていた。 この報道を受けて(と思われる)、デーブ大久保さんが以下のようなツイートをしています。 大切な仲間、中日ドラゴンズの木下…育成から這い上がり一軍まで上りつめた苦労人開幕前の試合中に怪我をしてリハビリ中に倒れた…今、命懸けで戦っている…親御さんの気持ちを考えると心が締めつけられる…神様仏様木下を助けて下さい木下の回復を皆さんもお祈りして下さい木下と共に前へ… — デーブ大久保 (@DAVEOHKUBO) July 30, 2021 リハビリ中でしたのでハードな練習はしていませんでした… — デーブ大久保 (@DAVEOHKUBO) July 30, 2021 そして、死亡した時のスポニチの記事はこちらです。(コロナワクチン接種という見出しを消した後のもの) 中日・木下雄介投手死去 27歳 7月6日練習中に倒れ意識不明に 育成からはい上がった5年目右腕   7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が死去していたことが5日、分かった。   関係者によると、3日に亡くなったという。   4年目の昨季にプロ初セーブを挙げ、さらなる飛躍を目指した今季は4月に右肩、右肘を手術。懸命にリハビリに励んでいたが、帰らぬ人となった。   育成入団からはい上がった苦労人の突然の悲報。   チームへの影響が心配される。    現役選手の突然の訃報。   関係者によると木下雄投手は3日に息を引き取ったという。まだ27歳。復帰を目指して必死にリハビリを行っていた中、まだまだ続くと思われたプロ野球人生が、そして愛する家族と歩んでいた人生までも終わりを告げた。  今季は開幕1軍が目前だった3月21日の日本ハムとのオープン戦で右肩を脱臼。4月に肩、右肘の内側側副じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を行い「一日でも早く復帰できるように前向きに頑張っていきます」と語っていた。   だがリハビリに励んでいた7月6日。ナゴヤ球場で息苦しさを訴えて倒れた。名古屋市内の病院に救急搬送。予断を許さない状況が続き、ここまで懸命な治療が施されてきたが実らなかった。   チームは親会社・中日新聞社の職場接種を利用して新型コロナウイルスのワクチン接種を行っており、木下雄投手ら2軍選手は6月28日に1度目の接種を行っているが、今回との因果関係は不明だ。 コロナワクチン接種した後に意識不明になり、死亡している事が明らかになっているにも関わらず、必死に隠し通そうとうする(マス)ゴミ。   これらの共通点はただひとつ。 「コロナワクチン接種を躊躇する情報は、徹底的に潰す!」 【言論弾圧の裏側】ワクチンの安全神話を広めたい李家が「ワクチンデマ対策シンポジウム」を開催 フェイスブック・ツイッター・グーグルなども参加    具体的には、こんな風に・・・。 【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!! より一部引用(ここから)   先日、8月16日にYouTubeの運営によって、突如、この動画が削除されました。   同日、YouTubeで削除された動画を、「VIMEO」という動画共有サイトにアップしたのですが、6日後の8月21日に突如削除されました。   この動画では、コロナパンデミックは、大本教の出口王仁三郎の予言に沿って計画され、同時にイルミナティたちが、人々から土地を強奪し、スマートシティの建設、世界政府の樹立をも目論んでいるということを暴いてお話しています。   この動画をアップしてから、YouTube運営による、チャンネル登録者数や再生回数の改竄があからさまに行われ、悪質な嫌がらせが続きました。   その後、RAPT理論を通して、コロナパンデミックをでっち上げたのは、「創価学会」であることが明らかになりました。   そして「創価学会」は、これまでRAPTブログで正体が暴かれてきた「大本教」「生長の家」から派生したカルト宗教団体であることが分かっています。   さらに、YouTubeを運営するGoogleは、創価の資本が入っており、今回の卑劣な言論弾圧も創価の指示によって実行されたことは間違いありません。   創価によって、コロナパンデミックがでっち上げられたことを暴いたために、YouTubeが慌てて私たちの動画を削除したものと考えられます。   ...

Read More

行政は「マスク」に感染効果がない事を分かって、未だに奴隷の象徴である「マスク」の着用を強要。それは支配者「イルミナティ」にとって庶民は「奴隷」(ゴイム)だから。

マスクをしていようともしていなくても、感染の効果が全く変わらない事を、「東京都」は、今年の5月17日の時点で公表していた事が明らかになりました。 ルイの部屋:【第1弾 マスクの感染予防効果】東京都発表 感染者の97.6%はマスク着用者!https://t.co/gorjez0Kxc — 字幕大王(杉村) (@jimakudaio) August 7, 2021 都政レポート 2021年5月17日 総務局 5月13日、第45回東京都新型コロナウイルス感染症モニタリング会議が開催されました。感染の流行が変異株(N501Y)に変わりつつあり、今後の動向を注視する必要があります。     新規陽性者数の7日間平均は、前回(5月5日)時点の約768人から約840人と増加。検査で変異株(N501Y)と判定された陽性者の割合は、5月12日時点の速報値で、4月19日~4月25日の約57.4%から、4月26日~5月2日の約68.4%へと上昇しています。     専門家は「連休明けの新規陽性者数は、休診による検査数の減少、検査報告の遅延等の影響を受けて過小評価される可能性がある。緊急事態宣言後、都内の主要繁華街での夜間滞留及び昼間滞留人口は減少したが、今週に入り再び増加し始めている」と話しました。     会議の中で「新型コロナウイルス療養者(宿泊療養・自宅療養)の行動等に関するウェブアンケート調査結果」が示され、「マスク着用」していた人が大多数を占める一方で「同居者以外とのマスク着用なしでの会話」を行った人が24.5%、特に10代、20代の「同居者以外とのマスク着用なしでの会話」を 行った人の割合は約35%でした。   それなのに未だ、マスク着用を強要するとは、一体どういう事なのでしょうか。 日常生活だけでなく、こんな場面でさえも、マスクを強要されるそうです。 これは私の友人の友人の話。裏は取れてないが、友人は信頼できる人ではある。その友人の友人は病院のご遺体を引き取るお仕事をしている。ワクが始まった今年の春から胎児の遺体の引き取りが増えたとのこと。流産では無く、死産で生まれた子どもであるそうな。考えられるのは出産時のマスク着用かワクか — ナースの独り言 (@HW5Oh1sBgV1OY6h) July 30, 2021 正直、人々は何時の頃から、私達は、自分の身体の中に備わる「免疫機能」「生体機能」がある事を忘れてしまったのでしょうか。   支配者(イルミナティ)がマスクを強要するのは、マスクが「奴隷」の象徴だからともいわれています。 https://twitter.com/shinsouQmei/status/1423284537753178125?s=20 マスクは、そもそも奴隷がつけてたもの。 pic.twitter.com/LHtENh58GB — ホピ【公式】【平和の民】 (@hopi369) July 25, 2021 イルミナティ(悪魔崇拝者、ユダヤ人)は、庶民の事を「ゴイム」だと言って、蔑んでいます。 コロナ茶番は、その「ゴイム」殺戮計画の一環です。 本当に人類が憎い、人間が憎い人たちがいるのですね。自分たち以外の人種、自分たち以外の価値観を持つ人間はゴイム。つまり家畜。家畜が増えすぎてはいけないから、間引きする。そのための人工削減。ユダヤ人(イルミナティ)は人間の殻をかぶった悪魔そのものです。https://t.co/Nan5GyPpFq https://t.co/QlvZzeoFsc — ”ねこっち”(社会派大喜利) (@B1U3rgXOvpqqhB3) June 11, 2021     そして、「不織布マスク」に、「酸化グラフェン」が使われていると言われています。   この記事は、「酸化グラフェンがコロナワクチンに効果がある」事を熊本大学が発見した、というものです。 その中に、「不織布マスク」や「フィルター」の製品化を検討している、とあります。 新型コロナウィルスは酸化グラフェンでほぼ撃退することができる!?   【熊本】熊本大学産業ナノマテリアル研究所は、新型コロナウイルスを酸化グラフェンでほぼ完全に除去できることを確認した。   酸化グラフェンナノシートと呼ぶ微細な材料を分散させた溶剤を使った実験で同ウイルスをほぼ完全に除去した。     実験は厚さ1ナノ―数ナノメートル(ナノは10億分の1)、大きさ0・1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)四方のシート状の酸化グラフェン材料を分散させた溶剤を用いた。   溶剤を新型コロナウイルスの培地にのせる実験では約1時間でウイルスをほぼ完全に除去できた。   実験は熊本大ヒトレトロウイルス学共同研究センターにある、新型コロナウイルスを取り扱える安全性レベルを持った実験室で行った。     産業ナノマテリアル研究所は、酸化グラフェンなどさまざまな材料の高機能性ナノシート物質材料について、学内の生命・医学などとの融合研究を進めている。   今回の研究は、同大大学院先端科学研究部の速水真也教授と同大ヒトレトロウイルス学共同研究センターの池田輝政准教授を代表とする共同研究グループによるもの。   酸化グラフェン自体はグラファイトを酸化処理した材料で安価に製造でき、ヒトへの細胞毒性がないことも確認済み。   「再現性も取れている」(速水教授)という。   酸化グラフェンナノシートの分散溶液はポリエチレン製不織布などに混ぜ込める。   速水教授は「産業界と連携して不織布を用いたマスクやエアコン用フィルターなどの製品化を検討している」と話し、研究論文は英国の科学雑誌に投稿予定という。   日刊工業新聞2020年11月13日 しかし、コロナワクチンのほとんどが「酸化グラフェン」で、それは「企業秘密」だとして一般的に公表されていない事や、酸化グラフェンに毒性があり、これらが副反応を作る「血栓」の原因となっている事も明らかになっています。 コロナワクチンには「毒」である「酸化グラフェン」が含まれている事を、元ファイザー職員が暴露しました。 【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった https://t.co/rTv4gfqDod — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 13, 2021 twitterがここまで露骨な隠し方をするという事は、真実だという事です。 ...

Read More

日本における実際のワクチン死者は、人口動態統計の分析から「累計17000~29000人」。やはり厚生労動省発表は氷山の一角だった。

(8/6 追加投稿あり) やはり、厚労省発表の「ワクチン接種後の死者」は、「氷山の一角」でした。 厚労省が月27日に公表した「今年5月分の人口動態統計速報」を元に、実際のワクチン死者数を算出した方のブログがこちらです。 日本のワクチン死者は「報告数の23-38倍」,「累計1.7-2.9万人」 ~人口動態統計の分析より~ ※8/1追記|新型コロナ騒動の情報サイト|note https://t.co/8OMcnXT9OR — 真実の玉手箱 (@shinjitsu_7) August 5, 2021 こちらのブログは、とても分かりやすく、順序を追って、丁寧に、論理的に説明がなされています。 決して思い込みや適当に計算して出した数でない事は明らかです。   以前、れいわ新選組の山本太郎の街宣演説時に、「父親がコロナワクチンで死亡した」という参加者が、厚労省に「亡くなった数が膨大で把握できていない」と言われた話や、 嘘を隠し通せない位にまで、「コロナワクチン死亡者数」が膨れ上がっていることを、厚生労働省が認める。 一般の方が、Twitterで呼びかけて、草の根的に、コロナワクチン接種後の副作用、死亡者に関するアンケートと取られた時の話をご紹介しました。 厚生労働省が公表しているコロナワクチンによる死亡者は、氷山の一角です。   随分前から、厚労省の死亡者は、氷山の一角だという指摘はありました。 そして、国への報告義務があるのは、「ワクチン接種後4時間以内」であること、そして、「大規模接種会場」で接種したケースは、何か起こっても、医者は国に報告する義務が一切ないことから、どう考えても、報告されてないケースの方が大半だという事は予想がついていました。 大規模接種会場では、ワクチン接種によって副反応が出ても報告義務が生じない https://t.co/ENEGjXlFbe — RAPT理論+α (@Rapt_plusalpha) July 26, 2021 イルミナティは、こんな姑息な手を使って、ワクチン死亡者を、できるだけ公にしないでおこうと画策していたのでしょうが、「人口動態統計」から、「ワクチンのよる死亡者」と思われる数字が浮かび上がったという事です。   やはり、嘘、まやかしは隠せないですね。   (ここから追記) という事は、この情報に、相当な信ぴょう性が出てきました。 凄いの拾ったw 毒チン死は6/中旬で13,572人 厚生労働省の内部告発殊勲賞を授与する😄👍 pic.twitter.com/nS6S5Q7QoO — 人類の敵、目玉カルト粉砕 (@someone5963) August 6, 2021 冒頭で紹介したブログでは、今年の5月現在の「人口動態統計」から人数を出されています。 そして、「厚労省の内部告発」とされたTwitterの情報には、6月中旬時点で、死者が「13572人」とあります。 中旬の時点でこの数字ですから、6月トータルで見ると、さらに増えているでしょう。 人口動態統計で予想された「17000人~29000人」にもしっかり合致します。 (追記ここまで)   日本でのワクチン接種は、今年2月、医療従事者からはじまり、まもなく半年がたちます。 それで、すでに「17000人~29000人」が、ワクチンで亡くなった可能性が高い事が分かったのですから、これは、戦争や大規模災害レベルの死者です。 しかし、戦争や大規模災害だと、色々なものを壊さなければなりません。 それにひきかえ、「ワクチン」は、自らがホイホイ接種会場まで出向き、自ら「毒」ワクチンを打ってくれるわけですから、イルミナティとしたら、こんな楽に「仕事(殺戮)」ができる事はありません。 しかも、ワクチンを打つ庶民の中には、「正義感」で打っている人もたくさんいるようですから。   最近思うのは、ワクチンを打って副反応が出た、だとか、身内や知り合いが副反応が出た、もしくは死亡した、とツイートする人達が本当に増えていますが、彼らの中には、「ワクチンで副反応」が出たことを、まるで勲章であるかのように思っている人がいるという事です。   これは、お国のために戦って死ねたら本望、という、戦時中の狂った考え方となんら変わりありません。   そして、芸能人や創価関係者の工作員が、このような気持ちを助長させるような事を行っているのが、本当に腹立たしく思います。   例えば、こちらの動画。 創価人脈の「原田曜平」が、実父がコロナワクチンを接種後、副反応が出たにも関わらず、病院をたらい回しにされた挙句、一時は危篤状態になった、とのことですが、この動画の中で、自分は決して「ワクチン反対派ではない」と、反ワクチン派を否定するような発言をして、ワクチンを打つことが、一定の意義があるかのようにミスリードしています。   ワクチンは「毒」でしかありません。本来、「打たない」の一択しかないんですよ。   しかし「マスゴミ」は、ワクチンを打つことが、世のため人のためになる、と「洗脳」しているために、たとえ副反応が出たとしても、それは致し方ない事だよね、って考えている人達が未だに多く、「芸能人工作員」は、そのような庶民がワクチン接種を積極的に行えるように、工作を続けている訳です。 だから、こんな人間とも、自分達のビジネスが繁栄する事だけを考えて、繋がっているわけです。 中田あっちゃん、超ありがとうございます😊https://t.co/rXwQnGVISB — 原田曜平 (@YoheiHarada) August 3, 2021 本当に「偽善」もいい所です。   同じような工作を行っている人物をもうひとり見つけました。   彼らは、庶民に「コロナはある」と思わせるための「工作員」なので、何だってやります。 錦織圭が、宮迫博之に似ていて、びっくり&笑。 宮迫博之は、大友宗麟の家臣の子孫だと言われているが、https://t.co/JLAo7w9DvN イルミナティ(上級国民)は近親婚を繰り返しすぎて、どの業界にも似たような顔ばかりが出てくるという呆れた有様になっている。 https://t.co/wQCu6qVZNT pic.twitter.com/3DSl7nHw2V — 時計仕掛けのオレンジ (@9n7eWQtutsamatw) May 2, 2020           この投稿をInstagramで見る ...

Read More

そもそも「PCR検査はインチキ」だという事を、改めて理解して、コロナ茶番から完全に離れましょう。

今や、国民の関心は「コロナワクチン」を打つかどうかに移りました。 そのために「コロナ感染ニュース」について、もはやあまり気にしていないのかも知れません。 また、この連日の暑さで、考える力もさらに低下しているのかもしれませんが、 冷静になって、冷房の効いた部屋に入り、今一度、「コロナ茶番」について考えてもらえると幸いです。   この記事では、改めて、「コロナウイルス」に感染したかどうかを決める、「PCR検査」について、これまでネット上やその他で拡散されてきた情報をご紹介したいと思います。   今や本当に、コロナに関する情報が、ものすごく豊富に拡散されています。 その情報を追いかけている人は、何が真実で何が嘘かという事は、理解できるかと思いますが、真実をいざ、知らない人やこれからワクチンを打とうとする人たちに伝えようとしても、あまりに情報が膨大過ぎて、どの情報を伝えたらいいのか、と悩むこともあるかと思うのですね。 そして、「自分が知っている情報量の多さ」と、「知らない人の無知さ」に、あまりにも開きがあって、伝えるのが苦しくなることもあるかと思うのですね。 嘘、偽りを流す「マスゴミ」は、いわば、天才的詐欺師的な要素がある訳で、彼らはどうすればいかにして人々を騙すかという事に尽力し続けてきたのですから、なかなか洗脳が解けないのも無理はありません。 かといって、何もしないでいたら、多くの無知な人達が、さらにワクチンで殺されてしまいます。   情報拡散をさせていただいていて驚くのが、コロナ茶番がはじまってから、1年半以上の月日が経っているのにも関わらず、未だに「PCR検査」がインチキだ、という事を知らない人が多い事です。 そして、毒でしかない「コロナワクチン」を打つことが、「世のため」「人のため」「家族のため」になると信じ込んで打っている人たちがいる、という事です。 そのため、ワクチンを打ってはだめだ、と言っても、「コロナ」があると思っている人たちは、たとえ、ワクチンを打つことで死ぬことになったとしても、副反応がでても、それは致し方ない、と、まるで片道の燃料だけを持って戦場に向かう「特攻隊」のような、危険極まりない考えを持っている人達が、結構多いという事です。   PCR検査で陽性になったら、数字をテレビやネットで大々的に報道されます。 しかしそれこそが「インチキのはじまり」だと多くの人達が知れば、報道に騙されなくて済みます。   未だに「コロナがある」と思っている人は今、おそらく、「不安と心配と絶望」の中にいるでしょうね。 いつになったらこれが終わるのか、と、ヤキモキしているでしょうね。 だからこそ、早く「ワクチン」を打って楽になりたい、と思っているでしょうね。   しかし、実際起こっている事は、「ワクチンを接種した人」でも、また「PCR検査」で陽性になったというニュースが後を絶ちません。 【コロナワクチンは無意味】東京都港区でワクチン接種後に131人が感染 【アメリカ】コロナ感染者の74%がワクチン接種者との調査結果   実際、「ワクチンを接種すれば、PCR検査で陽性になる可能性は極めて高くなる」と指摘する医師もいます。   そもそも「PCR検査」を作った人が、PCRを検査に使ってはいけない、と言っている事を知らない人が大半だと思うのです。 PCR詐欺を直ちにやめろ❗️変異種だか❓なんだか知らんけど、これ以上の詐欺をやめろ❗️😠 PCRテスト発明者のキャリー・マリスが欠陥のあるCOVID-19テストの生々しい真実を暴露-CORONAhoaxが演出される直前に彼が暗殺された理由はこれか!?|あかいひぐま @akahiguma #note https://t.co/BQoGUXweSd — あかいひぐま🎗 (@akahiguma) July 15, 2021 PCR検査の開発者、キャリーマリス博士。PCR検査は感染症の診断には使えない。キャリーマリス本人の発言。 pic.twitter.com/ZCA2gnNXrI — hiro (@hiro11233763) July 28, 2021 遺伝子部分の解析に使うPCRの発明者キャリーマリスは、「PCR検査を感染症の診断に使ってはならない。使い方によっては誰でも犯人にすることができる」と述べています。➡https://t.co/gSg8GIA2J2 — 白鳥沙羅bot (@yo_kopyua) August 1, 2021 この狂気の情報ファシズムを勝つためには、正義の心を持った医師や科学者を、われわれ庶民が全力でサポートする事が大事だと思います。 pic.twitter.com/pV1ET5FgJa — 沢村直樹「民主主義を取り戻す会」(仮) (@iminnhantai) July 30, 2021 マス「ゴ」ミはこういう事は一切言いませんが、実際にPCR検査キットを作っている会社の人の話をツイートをしている人がいました。 コロナの巣窟みたいに言われている地域のお店に、PCR作っている会社の人が飲みに来て、「うちのは高性能だから何でも拾っちゃうんです。性病でもインフルでも。受けちゃダメですよPCR。でも会社は嘘みたいに儲かってます」。あんなのインチキと分かっていても、こんなに儲かっちゃ、やめられない… — ぷっちん (@petit_risu) December 3, 2020 これが本音でしょう。 そして、PCRは、何でも陽性にしてしまうのです。 PCR検査キット説明書には以下のウィルスでも陽性反応になると記載。https://t.co/WwVMOS4dA2 インフルエンザA型インフルエンザB型RSウィルスアデノウィルスパラインフルエンザマイコプラズマクラミジア やはりコロナパンデミックは捏造。https://t.co/rej9LZ19LM https://t.co/lGY995l3V1 pic.twitter.com/dCT5vGc3lK — otopaki (@otopaki) April 8, 2020 🌸水もPCR陽性のコロナ患者🌸 偽陽性率は?➡︎調査段階です。 は? ウィルス増幅回数のCt値30で3割、Ct値40で98%以上、日本のCt値50なら100%水がコロナ陽性患者という定義がそもそも論ですね?🍵Ⅱ pic.twitter.com/KAYPN50oju — ⛩🌸巫🌈とりまQ.11🍿QuantumGESARA💎Q.Q:人類最後エゼキエル戦争開始💣⛩ (@everyloto) July 18, 2021   PCRがインチキだと声を挙げている人達は、たくさんいます。 Dr ...

Read More

ドイツ最大の新聞社「Blid」が、「コロナは茶番」だったことを認めて謝罪しました。

ドイツ最大の新聞社「Blid」が過去18か月にわたり、コロナについて嘘をついていたことを認め、謝罪していたことが明らかになりました。 💥真実爆弾💥ドイツ最大の新聞社Bildが過去18ヶ月にわたりコロナについて嘘をついていたことを認め、謝罪。ビデオの男性は編集長。8月1日のことかな?ドイツ市民が抗議デモをしたくても許可されなくて警察に暴力を受けてた日だね🧐😠英語記事ありました👀✨https://t.co/9RzotccArA https://t.co/L8mWHbufYW — AKi (@Akittie2nd) August 2, 2021 Blid(ビルド)社とは、ウィキペディアによると、「1952年にアクセル・シュプリンガー社が創刊したドイツのタブロイドの日刊新聞で、発行部数は約311万部(2010年2月)、ヨーロッパで1番売れている新聞で、世界でも6番」だそうです。   また、このツイートに紹介されている英文記事はこちらです。 Germany’s largest newspaper BILD apologizes for harming society over its coverage of the covid-19 pandemic during the past 18 months (ドイツ最大の新聞「BILD」が過去18ヶ月間のコビド19パンデミックに関する報道で社会を害したことを謝罪。) 「8月1日付」の記事となっています。 以下、「Deepl翻訳」で翻訳したものをご紹介します。原文(英語)は、サイトでご確認ください。 2020年4月、ドイツ最大の新聞「BILD」が、中国を「世界を危険にさらしている」と非難し、さらに「コロナウイルスの最大の輸出国」でもあると報じたことを紹介しました。   現在、毎日約137万部の発行部数を誇るBILD紙は、アクセル・スプリンガー出版社から発行されています。   1年半以上もコビド19に耐えてきたヨーロッパ、特にドイツの状況は悪化の一途をたどっているようだ。   ロイターの報道によれば、ヨーロッパがデルタ型の変異体に端を発した第4次感染の波と戦う中、土曜日にパリやその他のフランスの都市で約204,090人が、多くの公共の場に入るためのコロナウイルス健康パスの義務化に反対して抗議活動を行った。   フランスだけではなく、ベルリン、ドイツ、イタリアでもコビド-19パスポートに対する抗議活動が行われています。   政府のウイルスへの対応のまずさと、ヨーロッパの都市で激化する不安が続く中、ドイツの新聞「BILD」は、過去18ヶ月間のコヴィド-19パンデミックに関する報道で社会に害を与えたとして謝罪を発表しました。     YouTubeで公開された5分間のビデオの中で、BILD編集長のジュリアン・ライヒェルト氏は次のように述べています。   「この国の何百万人もの子供たちは、私たち全員が社会としての責任を負っています。私は、連邦政府と首相がこれまであえて言わなかったことを言いたいと思います。許してください。あなた方を犠牲にした1年半の政治に対して、お許しをいただきたいのです」。     暴力、ネグレクト、孤立、精神的孤独の被害者に。   今日に至るまで、毒のように、自分が社会にとって致命的な危険であるという感覚を与える政治とメディアの報道に対して。     ” あなたはそうではありません、そんなことで説得されてはいけません。私たちはあなたを守らなければならないのであって、あなたが私たちを守るのではありません」とBILD編集長のジュリアン・ライヒェルトは認めています。   以下は、彼の謝罪のビデオです。       一方、ドイツ政府のコロナウイルス対策に抗議するため、数千人のドイツ人が日曜日にベルリンに集まりました。   ブルームバーグの報道によると、数百人のドイツ人が警察と衝突し、約600人のデモ参加者が拘束されたとのことです。 Thousands turned out in Berlin on Sunday to protest the German government’s anti-coronavirus measures despite a ban on the gatherings, leading to clashes with police and the detention of some 600 protesters ...

Read More