【目を覚ましてください】コロナ茶番の実行犯は誰一人、ワクチンを接種していないし、コロナは茶番だと知っている。

人というのは、どんなに口ではいろいろな事を言っていても、実際にそれが自分の身に降りかかった時に、どういう対応をとるかで、その人達の本性や、物事の真実や本質が見える事が多々あります。

今日のこの記事では、もうすでに広く知れ渡っている情報もありますが、コロナ茶番の当事者達が、実際に自分達でもワクチンを接種しているのか、また、公ではない場所ではどのような行動をしているのか、という情報を集めてみました。

もうすでにコロナ茶番の真実をご存じの方はご確認ならびに拡散用として、そして初めて知る方は、テレビやマスコミと真実がどれほど乖離しているのかを知るきっかけにしていただければ幸いです。

 

まずは、こちらの情報から。

ビル・ゲイツと同様、人口削減を実現するために働いている世界的殺人犯「アンソニー・ファウチ」。

普段から、人がいるところだけ「マスク」をして、そうでない所では外していたという「ファウチ」。

なんと、職員の周りの家族や友人に、ワクチン接種を薦めながらも、職員には「何か起こるのかわかるまでは接種しないように」と止めていたそうです。

その事に疑問を感じた職員。そして、ファウチにあなたはワクチン接種をするのか聞いたところ、

「ワクチンを打って病気になったらどうするんだ?」と激昂して言ったそうです。

その後、この職員は不当解雇されたそうです。

 

そして、アメリカの政治家もこんなものです。

 

また、この「アメリカの民主党員の女性」は、使用人にはマスクを着用させ、自分はノーマスクでパーティに参加するのだそうです。

 

さらにこちらは、フランスから入ってきたニュース。

こちらもかなり「決定的な証拠映像」となっております。

カメラの前に集まるまでは誰一人、マスクをしていません。皆、茶番だと分かっているからですよね。

しかも、ものすごく「蜜」です。

 

そして、政治家といえば、日本の政治家も、打つ振りをしている人達がいましたね。

 

高市早苗

「中国マフィア」の子孫の可能性が高い「李家」の「高市早苗」の「ワクチン接種」は、「やらせ」で確定のようです。

 

菅義偉

 

そして、国会議員はというと・・・。

今年8月の時点で、「接種の対象者は2000人で、そのうち議員は700人ほどですが、接種の申し込みをした議員は100人程度にとどまっている」そうです。

【政治家はコロナワクチンが毒だと知っている】国会で職場接種が始まるも、議員らはほとんど接種せず

 

そして、ワクチンを作った張本人が、自分にも子供もワクチンを打たせないのは有名な話です。

ビル・ゲイツと世界のエリートは子供にワクチンを打たない

 

さらに、庶民を洗脳するために、「打ちました」アピールをしている人達もいます。

そして、普段から、ワクチン打て打て、と洗脳を続ける「NHK」、また、「厚労省」は、職域接種を実施していない事が明らかになっています。

 

いかがでしょうか。

しかしながら彼らの共通点は「ワクチン接種」に積極的に動いている事です。

しかし、実際、自身は打っていなかったり、打ったアピールをしていたりして、その場をしのいでいるのが現実なのです。

ワクチンを国民に接種させるというのは、人口削減のためでもあり、製薬会社、ワクチン会社が富を得るための「死のビジネス」なのです。

「ワクチンビジネス」は、人類にとって甚大な被害を与える「死」のビジネス。リスクしかない若者への接種は「ワクチンの在庫処分」のため。

【医療は「死」のビジネス】厚労省「ワクチン分科会」の構成メンバーが「製薬会社」からどれだけお金をもらっているのかを調べたら、金額以上に「製薬会社の闇」が深い事が明らかに。

「コロナパンデミック」は「死のビジネス」。庶民を「死」に追いやる事を目的とした「ビックビジネス」です。

 

1人でも多くの方に「コロナ茶番」の真実が拡がり、茶番から離れられることを切にお祈り申し上げます。

そして、これら「茶番」を仕掛け続ける「イルミナティ李家」「創価学会」「中国マフィア」「群馬人脈」などがすべて、完全に滅びます事を切にお祈り申し上げます。

 

様々な思惑が渦巻く中、膨大な量の情報から、ありとあらゆる分野の真実を伝え、真実の「読み解き方」を伝えるニュースサイト

RAPT理論+α RAPT理論のさらなる進化形

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 真実の玉手箱   All Rights Reserved.